研究者
J-GLOBAL ID:200901049360426650   更新日: 2021年02月25日

田中 和広

タナカ カズヒロ | Tanaka Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 理事・副学長
ホームページURL (1件): http://ktl.sci.yamaguchi-u.ac.jp/index.htm
研究分野 (3件): 地球資源工学、エネルギー学 ,  固体地球科学 ,  防災工学
研究キーワード (6件): 深部流体 ,  泥火山 ,  地下水、年代測定、活断層 ,  活断層 ,  年代測定 ,  地下水
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2005 - 2008 異常間隙水圧層の形成・上昇メカニズムと広域地下水流動
  • 2002 - 2004 泥火山・マッドダイアピルが引き起こす地盤災害のメカニズムとその対策
  • 2002 - 2003 泥火山・マッドダイアピルが引き起こす地盤災害のメカニズムとその対策
  • 2002 - Study on long-term stability of geological environment in late Quarternary
論文 (64件):
  • 西山成哲, 鈴木浩一, 田中和広. 電磁探査法による温泉水の流動経路の推定ー山口県湯田温泉における適用ー. 物理探査. 2021. 74. 1-16
  • 須内寿男, 宮田雄一郎, 田中和広. 砂岩中のレンズ状空隙と地下水流動との関係ー高知県土佐市における秩父類帯鳥巣層群の例ー. 応用地質. 2020. 61. 4. 170-182
  • 田中和広, 浅野慶司, 渡辺征稔, 小松大, 鈴木浩一. 泥火山研究の最前線ー陸上泥火山研究における最近8年間の進展. 地質学雑誌. 2020. 126. 1. 39-51
  • 木村 光佑, 早坂 康隆, 田中 和広, 村上 裕晃. 津和野地域の古原生代花崗岩類と高塩濃度深部流体. 地質学雑誌. 2019. 125. 8. 595-607
  • 村上裕晃, 芦澤政臣, 田中和広. 九州北部に分布する結晶質岩内の割れ目の特徴と形成過程について. 応用地質. 2018. 59. 1. 2-12
もっと見る
MISC (6件):
書籍 (6件):
  • The Rock Cycle Yamaguchi
    Graphical House 2021
  • Human Geoscience
    Springer 2019
  • 秋吉台桐ヶ台の石灰洞
    桐ヶ台の穴学術調査団 2006
  • Engineering geological advances in Japan for the new Millennium
    Elsevier Science 2000
  • ESR dating and dosimetry
    IONICS 1985
もっと見る
講演・口頭発表等 (177件):
  • 断層に沿って上昇する深部流体の可視化
    (日本地球惑星科学連合2015年大会 2015)
  • 電磁探査法による台湾南西部烏山頂泥火山周辺の地下構造の検討
    (日本地球惑星科学連合2015年大会 2015)
  • 台湾南西部の泥火山群における流体の上昇プロセス
    (日本応用地質学会研究発表会 2014)
  • 山口盆地における地下水流動に関する研究
    (平成25年度研究発表会 2013)
  • 北海道新冠泥火山の噴出物の地質学的研究
    (平成25年度研究発表会 2013)
もっと見る
Works (7件):
  • 異常間隙水圧層の形成、上昇メカニズムと広域地下水流動、自然災害に及ぼす影響
    2005 -
  • 泥火山・マッドダイアピルが引き起こす地盤災害のメカニズムとその対策
    2002 - 2003
  • Studies on the mechnism of mud volcaeno and mud diapir and its counter measure
    2002 - 2002
  • 泥火山・マッドダイアピルが引き起こす地層災害のメカニズムとその対策
    2002 - 2002
  • Studies on the mechnism of mud volcaeno and mud diapir and its counter measure
    2002 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1975 - 1977 九州大学 大学院 地質学専攻
  • 1974 - 1975 山口大学
  • 1970 - 1974 山口大学 理学科 地質学鉱物科学専攻
学位 (2件):
  • 理学修士 (九州大学)
  • 理学博士 (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2014/04 - 現在 山口大学 名誉教授
  • 2009/04 - 2014/03 山口大学 理学部 学部長
  • 2006/04 - 2014/03 山口大学 大学院理工学研究科(理学) 大学院担当教授
  • 2010/04 - 2012/03 山口大学 理工学研究科 研究科長
  • 2001/04 - 2006/03 山口大学 理学部
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2003 - 2020 日本応用地質学会 代議員
  • 2008/06 - 2019/05 応用地質学会中国四国支部 会計監査
  • 2008 - 2009 地学雑誌特別号編集委員会 編集委員長
  • 2005 - 山口ケービングクラブ 理事
  • 2005 - 桐ヶ台の穴学術調査団 団長
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020/06 - 日本応用地質学会 論文賞 九州北部に分布する結晶質岩内の割れ目の特徴と形成過程について
  • 2016/06 - 日本応用地質学会 論文賞 宮崎県耳川流域塚原地点で発生した深層崩壊の内部構造に関する地質学的検討
  • 2015/09 - 日本応用地質学会 敢闘賞 「台湾南部における泥火山の最近の活動履歴とリスク評価」
  • 2014/10 - 日本応用地質学会 最優秀ポスター賞 未確認の深部流体が存在する可能性
  • 2010/10 - 日本応用地質学会 ポスター優秀賞 中央構造線沿いにみられるNaCl型地下水の研究
全件表示
所属学会 (4件):
応用地質学会中国四国支部 ,  山口ケービングクラブ ,  日本地質学会 ,  日本応用地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る