研究者
J-GLOBAL ID:200901049585046245   更新日: 2023年02月27日

寺口 昌宏

テラグチ マサヒロ | Teraguchi Masahiro
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 新潟大学  自然科学研究科 材料生産システム専攻   助教
  • 新潟大学  自然科学研究科 材料生産システム専攻   助教
研究分野 (6件): 高分子材料 ,  有機機能材料 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  ナノ材料科学 ,  高分子化学
研究キーワード (6件): 機能性高分子 ,  分離膜 ,  共役高分子 ,  置換ポリアセチレン ,  光学活性高分子 ,  らせん高分子
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2019 - 2022 円偏光を不斉源とするらせん選択重合および選択的重合および選択的分解反応を経由する絶対不斉合成
  • 2019 - 2020 環境低負荷型有機エレクトロルミネッセンス材料のための発光性ポリ(ジフェニルアセチレン)膜の合成
  • 2018 - 2019 省エネルギー有機エレクトロルミネッセンス材料のための高蛍光性ポリ(ジフェニルアセチレン)の合成
  • 2018 - 2019 円偏光を不斉源とするキラリティ発現とそれらを利用したポリアセチレンのらせん選択重合による不斉転写・増幅
  • 2016 - 2019 光を不斉源とするSCATおよび不斉増幅反応を利用したキラルらせんポリマーの合成
全件表示
論文 (181件):
  • Chenxi Xu, Shintaro Hosono, Shunya Narita, Masahiro Teraguchi, Takashi Kaneko, Toshiki Aoki. Preparation and oxygen permeability of pure supramolecular polymer membranes synthesized from poly (substituted phenylacetylene). Polymer. 2023. 267. 125622-125622
  • Jia Shi, Taisei Yashiro, Masahiro Teraguchi, Takashi Kaneko, Toshiki Aoki. Oxygen permeability of fully conjugated polymers consisting of (di)ethynylene and phenylene groups synthesized by Glaser or Sonogashira coupling polycondensation. Chemistry Letters. 2023
  • Zhichun Shi, Jiaxiang Wen, Yingnan Zhao, Jianjun Wang, Jun Li, Ming Zhao, Masahiro Teraguchi, Toshiki Aoki, Takashi Kaneko. Novel synthesis of porous one-handed helical poly(substituted phenylacetylene) bearing betulin derivatives pendant groups. Polymer Journal. 2023
  • Liang Xu, Yu Zang, Kyousuke Takata, Boyu Jing, Jianjun Wang, Masahiro Teraguchi, Takashi Kaneko, Fengjuan Miao, Toshiki Aoki. Synthesis, characterization and application of soluble fully conjugated polyazomethine from di- or trifunctional monomers. Polymer International. 2022. 71. 11. 1354-1361
  • Yoshinori Sato, Masahiro Teraguchi, Toshiki Aoki, Takashi Kaneko. Poly(anthryleneethynylene)s Bearing Benzyl Ether Dendrimers with Peripheral Alkyl Groups and Bearing Chiral Menthoxy Groups. Chemistry Letters. 2022. 51. 10. 997-999
もっと見る
MISC (58件):
特許 (8件):
書籍 (2件):
  • In "Polymeric Chiral Catalyst Design and Chiral Polymer Synthesis", S. Itsuno, Ed.; Chapter 15(pp423-455); "Synthesis and Function of Chiral π-Conjugated Polymers from Phenylacetylenes"(共著)
    John Wiley & Sons, Inc. 2011 ISBN:0470568208
  • In "ACS Symposium series 733 Polymer Membranes for Gas and Vapor Separation -Chemistry and Materials Science-", B. D. Freeman and I. Pinnau, Ed.; Chapter 2(pp28-37); "Synthesis and Gas Permeability of Poly(diphenylacetylenes) with Substituents" (共著)
    American Chemical Society, Washington, DC 1999 ISBN:0841236054
講演・口頭発表等 (332件):
  • ニトロニルニトロキシドを置換した2種類の側鎖が交互に積層されるよう設計されたポリ(1,3-フェニレンエチニレン)型フォルダマーの分子内架橋によるらせん安定化と磁気的性質
    (第68回高分子討論会 2019)
  • メタ位とパラ位にアキラルなエステル基とエーテル基をそれぞれ有するポリフェニルアセチレンの合成とキラル誘起
    (第68回高分子討論会 2019)
  • テトラフェニルエチレン部位を有するらせんフォルダマーの合成と刺激応答性蛍光発光
    (第68回高分子討論会 2019)
  • 含ホウ素置換基を有するプッシュ-プル型ポリ(ジフェニルアセチレン)類の合成と蛍光特性
    (第68回高分子討論会 2019)
  • アミド基を持つアキラルフェニルアセチレンの種々のらせん選択重合と生成ポリマーの反応、性質と機能
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 工学博士 (京都大学)
  • 工学修士 (京都大学)
  • 理学(学士) (高知大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04/01 - 現在 新潟大学 工学部 工学科 助教
  • 2007/04/01 - 現在 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻 助教
  • 2007/04/01 - 現在 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻 助教
  • 2007/04/01 - 2017/03/31 新潟大学 工学部 化学システム工学科 助教
  • 2006/06/01 - 2007/03/31 新潟大学 工学部 助手
受賞 (1件):
  • 2004/05/26 - 社団法人 高分子学会 平成15年度高分子研究奨励賞
所属学会 (5件):
光化学協会 ,  日本膜学会 ,  有機合成化学協会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る