研究者
J-GLOBAL ID:200901050143259710   更新日: 2020年09月06日

徳田 英幸

Tokuda Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 理事長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80227579
研究分野 (1件): ソフトウェア
研究キーワード (28件): 超高速ネットワ-ク ,  ネットワ-ク ,  オペレーティングシステム支援 ,  ア-キテクチャ依存部分 ,  Mach ,  改ざん攻撃 ,  分散システム ,  入出力制御 ,  ソフトウェア理解 ,  ユ-ザビリティ評価実験 ,  ソフトウェア再構成 ,  コンピュ-タネットワ-ク ,  OSカ-ネル内外の適応的発展機構 ,  並列計算機用言語処理系 ,  超高精細画像伝送 ,  超並列処理 ,  メタデータベース ,  超並列オペレ-ティングシステム ,  適応度の評価 ,  ディジタルメディア ,  ビデオサ-バ ,  リアルタイムシステム ,  既存ソフトウェア ,  動的QOS制御 ,  オペレ-ティングシステム ,  マルチメディア ,  資源予約 ,  マイクロカ-ネル
論文 (620件):
  • Tadashi Okoshi, Kota Tsubouchi, Hideyuki Tokuda. Real-World Product Deployment of Adaptive Push Notification Scheduling on Smartphones. 2019. 2792-2800
  • Yin Chen, Jin Nakazawa, Takuro Yonezawa, Hideyuki Tokuda. Cruisers: An automotive sensing platform for smart cities using door-to-door garbage collecting trucks. Ad Hoc Networks. 2019. 85. 32-45
  • Tadashi Okoshi, Kota Tsubouchi, Hideyuki Tokuda. Real-world large-scale study on adaptive notification scheduling on smartphones. Pervasive Mob. Comput. 2018. 50. 1-24
  • 中澤 仁, 佐々木 航, 小渕 幹夫, 江頭 和輝, 西山 勇毅, 大越 匡, 米澤 拓郎, 徳田 英幸. パーソナルエリアネットワークとゲーミフィケーションを用いた 高齢者の相互見守りプラットホーム. 電子情報通信学会論文誌. 2018. J101-D. 2. 306
  • 岸本 康成, 飯田 恭弘, 岩村 相哲, 河野 慎, 米澤 拓郎, 中澤 仁, 徳田 英幸. ラベル伝播を用いた区画線の擦れ検出手法の提案 (情報論的学習理論と機械学習). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 211. 97-102
もっと見る
MISC (316件):
  • 礒川 直大, 西山 勇毅, 大越 匡, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸. TalkingNemoPad : Aquarium Fish Talks Its Mind for Breeding Support through Your iPad (モバイルネットワークとアプリケーション). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 116. 508. 149-156
  • 礒川 直大, 西山 勇毅, 大越 匡, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸. TalkingNemoPad : Aquarium Fish Talks Its Mind for Breeding Support through Your iPad (知的環境とセンサネットワーク). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 116. 509. 177-184
  • 生天目 直哉, 中澤 仁, 高汐 一紀, 徳田 英幸. Life2Guard : カメラ利用が制約される環境下でのセンサ群を用いた異常検知手法の研究. 電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report. 2009. 108. 399. 139-144
  • 中澤仁, 由良淳一, 岩本健嗣, 横山浩之, 徳田英幸. マルチセンサ環境と携帯電話の協調技術に関する検討(モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク,一般). 電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク. 2009. 108. 399. 149-154
  • 生天目直哉, 中澤仁, 高汐一紀, 徳田英幸. Life2Guard : カメラ利用が制約される環境下でのセンサ群を用いた異常検知手法の研究(モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク,一般). 電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク. 2009. 108. 399. 139-144
もっと見る
書籍 (17件):
  • 文部科学省2008年度「質の高い大学教育プログラム」ユビキタス社会の問題発見解決型人材育成 : 成果報告書
    東京:慶應義塾大学 2011
  • Pervasive computing : 7th international conference, Pervasive 2009, Nara, Japan, May 11-14, 2009 : proceedings
    2009 ISBN:9783642015151
  • コラボレーション!SFCという「融合の現場」
    慶應義塾大学出版会 2007 ISBN:9784766413847
  • レイ・カーツワイル : 加速するテクノロジー
    日本放送出版協会 2007 ISBN:9784140812174
  • ユビキタステクノロジーのすべて-クルマ・ケータイ・IP電話・RFID・Web2.0等を支える
    エヌ・ティー・エス 2007 ISBN:9784860431419
もっと見る
講演・口頭発表等 (325件):
  • MyTime:タイムマネジメントの促進を目的としたアプリケーション使用時間自動記録システムの提案
    (電子情報通信学会 2016)
  • MyFactor:ライフログを用いたユーザの内面状態に関する因子分析
    (電子情報通信学会 2016)
  • 防災情報の確達性向上のための準天頂衛星M2M情報配信システムの設計
    (情報処理学会全国大会 2015)
  • A Robot Control System for Video Streaming Services by Using Dynamic Encoded QR Codes
    (2015 EIGHTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU) 2015)
  • Attelia: Reducing User's Cognitive Load due to Interruptive Notifications on Smart Phones
    (2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PERVASIVE COMPUTING AND COMMUNICATIONS (PERCOM) 2015)
もっと見る
Works (3件):
  • What does "ubiquitous" mean? Public space altered by new types of communication
    徳田 英幸 2006 -
  • パネル討論 大学における情報化戦略と理工系情報学科の貢献
    岩野和生, 徳田英幸, 松岡聡 2005 -
  • 座談会 情報ネットワークの光と影(特集 ユビキタス社会の将来とセキュリティ)
    高橋秀明, 吉原順二, 徳田英幸 2005 -
経歴 (8件):
  • 2000 - 2005 慶應義塾大学 環境情報学部 教授
  • 1999 - 慶応義塾大学 慶應義塾大学・環境情報学部 教授
  • 1998 - 慶應義塾大学 慶応義塾大学・環境情報学部・感興情報学部 教授
  • 1997 - 慶応義塾大学 慶應義塾大学・環境情報学部 教授
  • 1996 - 慶應義塾大学 慶応義塾大学環境情報学部・環境情報学部 教授
全件表示
委員歴 (110件):
  • 2003/10/21 - 2006/10/20 日本学術会議事務局 委員
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 招聘職員
  • 2002/05/01 - 2004/04/30 日本学術振興会 委員
  • 2001/05 - 2004/04 北陸先端科学技術大学院大学 アカデミックアドバイザ-
  • 2002/04 - 2004/03 内閣府 政府調達苦情検討委員会 専門委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2006 - 慶應義塾 義塾賞
  • 2005 - 総務省 総務大臣賞
  • 2004 - 経済産業省 経済産業大臣賞
  • 2002 - IBM IBM Faculty Award
  • 1989 - Motorola Motorola Foundation Award 受賞
全件表示
所属学会 (23件):
RTCSA'94 (International Conference on Real-Time Computing Systems and Applications) ,  情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会 ,  RTCSA'96 (InternationalConference on Real-Time ComputingSystems and Applications) ,  電子情報通信学会「実時間システムとその応用」特集号 ,  RTCSA'97 (International Conference on Real-Time Computing Systems and Applications) ,  日本ディスタンスラーニング学会 ,  情報処理学会 ,  情報処理学会 情報家電コンピューティング研究グループ ,  RTCSA'95 (International Conference on Real-Time Computing Systems and Applications) ,  情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 ,  情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 ,  情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 ,  RTCSA'98 (International Conference on Real-Time Computing Systems and Applications) ,  電子情報通信学会 新世代ネット研究専門委員会 ,  情報処理学会 ,  情報処理学会Joint Symposium on Parallel Processing 1994 ,  情報処理学会- Multimedia Japan 96 ,  情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 ,  電子情報通信学会 新世代ネット研究専門委員会 ,  日本ソフトウェア学会 ,  情報処理学会Joint Symposium on Parallel Processing 1996( ,  RTCSA'99 (International Conference on Real-Time Computing Systems and Applications) ,  情報処理学会 情報家電コンピューティング研究グループ
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る