研究者
J-GLOBAL ID:200901050690837116   更新日: 2020年05月21日

大島 慶一郎

オオシマ ケイイチロウ | Ohshima Kay
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://wwwod.lowtem.hokudai.ac.jp/~ohshima/http://wwwod.lowtem.hokudai.ac.jp/~ohshima/
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (2件): 海洋物理学 ,  極域海洋学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2022 南極底層水を起点とする熱塩循環・物質循環のダイナミクス
  • 2017 - 2020 ポリニヤを起点とする熱塩/物質循環
  • 2013 - 2017 海氷生成とリンクする南極底層水・深層循環の再描像
  • 2008 - 2012 海氷生産量のグローバルマッピングとモニタリング構築
  • 2005 - 2008 オホーツク海における、海水・海氷・油の流動予測システムの開発
全件表示
論文 (71件):
  • Ito Masato, Ohshima Kay I, Fukamachi Yasushi, Hirano Daisuke, Mahoney Andrew R, Jones Joshua, Takatsuka Toru, Eicken Hajo. Favorable Conditions for Suspension Freezing in an Arctic Coastal Polynya. JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS. 2019
  • Fraser Alexander D, Ohshima Kay I, Nihashi Sohey, Massoma Robert A, Tamura Takeshi, Nakata Kazuki, Williams Guy D, Carpentier Scott, Willmes Sascha. Landfast ice controls on sea-ice production in the Cape Darnley Polynya: A case study. REMOTE SENSING OF ENVIRONMENT. 2019. 233
  • Kashiwase Haruhiko, Ohshima Kay I, Fukamachi Yasushi, Nihashi Sohey, Tamura Takeshi. Evaluation of AMSR-E Thin Ice Thickness Algorithm from a Mooring-Based Observation: How Can the Satellite Observe a Sea Ice Field with Nonuniform Thickness Distribution?. JOURNAL OF ATMOSPHERIC AND OCEANIC TECHNOLOGY. 2019. 36. 8. 1623-1641
  • Preusser Andreas, Ohshima Kay I, Iwamoto Katsushi, Willmes Sascha, Heinemann Guenther. Retrieval of Wintertime Sea Ice Production in Arctic Polynyas Using Thermal Infrared and Passive Microwave Remote Sensing Data. JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS. 2019. 124. 8. 5503-5528
  • Mensah Vigan, Ohshima Kay I, Nakanowatari Takuya, Riser Stephen. Seasonal changes of water mass, circulation and dynamic response in the Kuril Basin of the Sea of Okhotsk. DEEP-SEA RESEARCH PART I-OCEANOGRAPHIC RESEARCH PAPERS. 2019. 144. 115-131
もっと見る
MISC (48件):
  • 大島慶一郎. 海氷の気候変動における役割:北極海vs.南極海. 天気. 2019. 66. 3. 209-213
  • 青木茂, 市川雅明, 市川雅明, 小野数也, 深町康, 深町康, 深町康, 大島慶一郎, 大島慶一郎, 中川敏彦, 小林研吾, 小竹正人, 小竹正人, 小澤知史. 極域海洋モニタリングブイの開発-オホーツク海における試験観測. 海洋理工学会誌(Web). 2019. 25. 1. 29-34(J-STAGE)
  • 大島慶一郎. 南極沿岸ポリニヤでの海氷生成と底層水形成. 低温科学. 2018. 76. 13-23
  • 大島慶一郎. 海氷生成と深層海洋大循環. パリティ. 2016. 31. 1. 66-67
  • 岡英太郎, 磯辺篤彦, 市川香, 升本順夫, 須賀利雄, 川合義美, 大島慶一郎, 島田浩二, 羽角博康, 見延庄士郎, 早稲田卓爾, 岩坂直人, 河宮未知生, 伊藤幸彦, 久保田雅久, 中野俊也, 日比谷紀之, 寄高博行. 海洋学の10年展望(I)-日本海洋学会将来構想委員会物理サブグループの議論から-. 海の研究. 2013. 22. 6. 191-218
もっと見る
書籍 (5件):
  • 「巨大リザーバ:南大洋・南極氷床」 低温科学 Vol.76
    北海道大学 低温科学研究所 2018
  • 「低温環境の科学事典」
    朝倉書店 2016
  • 「オホーツクの生態系とその保全」
    北道大学出版会 2013
  • 「地球惑星科学入門」
    北海道大学出版社 2010
  • 「南大洋の深層水形成と海氷過程」 月刊海洋, 号外54
    海洋出版 2010
Works (18件):
  • Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, T. Tamura, Y. Kitade, S. Aoki, S. Ushio, G. Hashida, and M. Wakatsuchi: Mooring measurement of Antarctic Bottom Water export from the Cape Darnley Polynya and sea-ice thickness within this polynya, WCRP Open Scie・・・
    2011 -
  • Tamura, T., K. I. Ohshima, S. Nihashi, and H. Hasumi: Estimation of surface heat/salt fluxes associated with sea ice growth/melt in the Southern Ocean, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 3, 2011.
    2011 -
  • Tamura, T., and K. I. Ohshima: Mapping of sea ice production in the Arctic coastal polynyas, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 1, 2011.
    2011 -
  • Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, Y. Nakayama, T. Tamura, S. Nihashi, Y. Kitade, Y. Matsumura, H. Hasumi, S. Aoki, and M. Wakatsuchi: Formation of Antarctic Bottom Water off Cape Darnley with huge sea ice production, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July ・・・
    2011 -
  • Ohshima, K. I., S. C. Riser: Ocean salinity profiles teach us thinning and volume decrease of the Okhotsk sea-ice cover, IUGG 2011, Melbourne (Australia), June 30, 2011.
    2011 -
もっと見る
学位 (2件):
  • 理学博士 (北海道大学)
  • 理学修士 (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 研究員
  • 2016/04 - 現在 北海道大学 教授(兼任)
  • 2008/04 - 現在 北海道大学 教授
  • 1994/04 - 2008/03 北海道大学 助教授(准教授)
  • 2003/03 - 2004/01 米国ワシントン 大学 滞在研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 日本気象学会 評議員
  • 2005/04 - 現在 日本海洋学会 評議員
  • 2009/05 - 2015/03 環境省 知床世界自然遺産地域学委員会委員
  • 日本海洋学会 英文誌副編集委員
受賞 (6件):
  • 2018/08 - 内閣府、文部科学省他 第11回海洋立国推進功労者(内閣総理大臣賞) 「極域海洋での中深層水形成・循環の解明」
  • 2016/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 「海氷域における中深層水形成と海洋循環に関する研究」
  • 2015/03 - 日本海洋学会 日本海洋学会賞 「海氷域の変動とその海洋循環に与える影響に関する研究」
  • 2008/11 - 日本気象学会 堀内賞 「海氷の気候システムに果たす役割に関する研究」
  • 2008/03 - 日本海洋学会 奨励論文賞
全件表示
所属学会 (6件):
特別編集委員 ,  日本海洋学会(評議員) ,  Journal of Geophysical Research ,  日本海洋学会 ,  AGU ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る