研究者
J-GLOBAL ID:200901050690837116   更新日: 2020年09月01日

大島 慶一郎

オオシマ ケイイチロウ | Ohshima Kay
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://wwwod.lowtem.hokudai.ac.jp/~ohshima/http://wwwod.lowtem.hokudai.ac.jp/~ohshima/
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (4件): 海洋物理学 ,  極域海洋学 ,  Polar Oceanography ,  Physical Oceanography
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2022 南極底層水を起点とする熱塩循環・物質循環のダイナミクス
  • 2017 - 2020 ポリニヤを起点とする熱塩/物質循環
  • 2013 - 2017 海氷生成とリンクする南極底層水・深層循環の再描像
  • 2008 - 2012 海氷生産量のグローバルマッピングとモニタリング構築
  • 2005 - 2008 オホーツク海における、海水・海氷・油の流動予測システムの開発
全件表示
論文 (137件):
MISC (48件):
書籍 (5件):
  • 「巨大リザーバ:南大洋・南極氷床」 低温科学 Vol.76
    北海道大学 低温科学研究所 2018
  • 「低温環境の科学事典」
    朝倉書店 2016
  • 「オホーツクの生態系とその保全」
    北道大学出版会 2013
  • 「地球惑星科学入門」
    北海道大学出版社 2010
  • 「南大洋の深層水形成と海氷過程」 月刊海洋, 号外54
    海洋出版 2010
Works (18件):
  • Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, T. Tamura, Y. Kitade, S. Aoki, S. Ushio, G. Hashida, and M. Wakatsuchi: Mooring measurement of Antarctic Bottom Water export from the Cape Darnley Polynya and sea-ice thickness within this polynya, WCRP Open Scie・・・
    2011 -
  • Tamura, T., K. I. Ohshima, S. Nihashi, and H. Hasumi: Estimation of surface heat/salt fluxes associated with sea ice growth/melt in the Southern Ocean, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 3, 2011.
    2011 -
  • Tamura, T., and K. I. Ohshima: Mapping of sea ice production in the Arctic coastal polynyas, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 1, 2011.
    2011 -
  • Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, Y. Nakayama, T. Tamura, S. Nihashi, Y. Kitade, Y. Matsumura, H. Hasumi, S. Aoki, and M. Wakatsuchi: Formation of Antarctic Bottom Water off Cape Darnley with huge sea ice production, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July ・・・
    2011 -
  • Ohshima, K. I., S. C. Riser: Ocean salinity profiles teach us thinning and volume decrease of the Okhotsk sea-ice cover, IUGG 2011, Melbourne (Australia), June 30, 2011.
    2011 -
もっと見る
学位 (2件):
  • 理学博士 (北海道大学)
  • 理学修士 (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 学術システム研究センター 研究員
  • 2016/04 - 現在 北海道大学 北極域研究センター 教授(兼任)
  • 2008/04 - 現在 北海道大学 低温科学研究所 教授
  • 1994/04 - 2008/03 北海道大学 低温科学研究所 助教授(准教授)
  • 2003/03 - 2004/01 米国ワシントン 大学 海洋学部 滞在研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 日本気象学会 評議員
  • 2005/04 - 現在 日本海洋学会 評議員
  • 2009/05 - 2015/03 環境省 知床世界自然遺産地域学委員会委員
  • 日本海洋学会 英文誌副編集委員
受賞 (6件):
  • 2018/08 - 内閣府、文部科学省他 第11回海洋立国推進功労者(内閣総理大臣賞) 「極域海洋での中深層水形成・循環の解明」
  • 2016/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 「海氷域における中深層水形成と海洋循環に関する研究」
  • 2015/03 - 日本海洋学会 日本海洋学会賞 「海氷域の変動とその海洋循環に与える影響に関する研究」
  • 2008/11 - 日本気象学会 堀内賞 「海氷の気候システムに果たす役割に関する研究」
  • 2008/03 - 日本海洋学会 奨励論文賞
全件表示
所属学会 (9件):
特別編集委員 ,  日本海洋学会(評議員) ,  Journal of Geophysical Research ,  日本海洋学会 ,  AGU ,  American Geophysical Union ,  Meteorological Society of Japan ,  Oceanographic Society of Japan ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る