研究者
J-GLOBAL ID:200901051785551291   更新日: 2022年07月03日

土谷 博之

ツチヤ ヒロユキ | Tsuchiya Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 消化器内科学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (7件): 核内受容体 ,  肝細胞癌 ,  HBV ,  インスリン抵抗性 ,  レチノイド ,  肝発癌 ,  非アルコール性脂肪性肝疾患
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2019 - 2022 肝細胞癌におけるlncRNAによる癌幹細胞制御メカニズムの解明と治療への応用
  • 2018 - 2019 肝癌を抑制する、核内受容体による新たな遺伝子発現制御システムの解明
  • 2016 - 2019 レチノイドによる新たな発現制御メカニズムを介した肝癌抑制作用の解明
  • 2016 - 2019 レチノイドによる新たな発現制御メカニズムを介した肝癌抑制作用の解明
  • 2016 - 2017 脂肪肝におけるエピジェネティック制御機構の解明
全件表示
論文 (84件):
もっと見る
MISC (30件):
  • 汐田剛史, 河野洋平, 板場則子, 土谷博之. 肝障害を来す成因と障害機序をおさえる 3 代謝性肝疾患. 月刊薬事. 2020. 62. 2
  • Zhihong Yang, Hiroyuki Tsuchiya, Sangmin Lee, Yuxia Zhang, Li Wang. Nuclear receptor Rev-Erba functions as a transcriptional activator of Chop to control SHP mediated alcoholic fatty liver. HEPATOLOGY. 2015. 62. 866A-867A
  • Sang Min Lee, Yuxia Zhang, Hiroyuki Tsuchiya, Rana Smalling, Anton Jetten, Li Wang. Circadian clock control of hepatic metabolism via nuclear receptor SHP. FASEB JOURNAL. 2014. 28. 1
  • Hiroyuki Tsuchiya, Yuxia Zhang, Sangmin Lee, Rana Smalling, Li Wang. Circadian clock mediates ER stress signaling in alcoholic fatty liver. FASEB JOURNAL. 2014. 28. 1
  • Hiroyuki Tsuchiya, Yuxia Zhang, Sangmin Lee, Rana Smalling, Li Wang. Nuclear receptor SHP is a key regulator of circadian clock mediated hyperhomocysteinemia induced by alcohol. HEPATOLOGY. 2014. 60. 786A-786A
もっと見る
特許 (6件):
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 北海道大学 医療薬学専攻 博士課程
  • 2000 - 2002 北海道大学 医療薬学専攻 修士課程
  • 1996 - 2000 北海道大学 総合薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2016/08 - 現在 鳥取大学大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻 遺伝子医療学部門 准教授
  • 2014/10 - 2016/07 大阪大学大学院薬学研究科 特任助教(常勤)
  • 2012/12 - 2014/09 Huntsman Cancer Institute, University of Utah School of Medicine Departments of Medicine and Oncological Sciences Research Scholar
  • 2010/04 - 2012/11 京都薬科大学 薬品物理化学分野 講師
  • 2005/04 - 2010/03 鳥取大学大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻 遺伝子医療学部門 助教
委員歴 (5件):
  • 2019/06 - 現在 Scientific Reports Editorial Board Member
  • 2019/01 - 現在 European Journal of Pharmacology Editorial Board Member
  • 2020/10 - 2021/12 Cancers - Special Issue "Molecular Mechanisms Involved in Hepatocarcinogenesis" Guest Editor
  • 2020/07 - 2021/08 Genes - Special Issue "Development of New Treatment by Identifying and Targeting Pathogenic Abnormalities of Genes" Guest Editor
  • 2018/12 - 2019/11 Cancers - Special Issue "Liver Cancer and Potential Therapeutic Targets" Guest Editor
受賞 (6件):
  • 2014 - American Physiological Society Poster Award (Experimental Biology 2014, GI & Liver Trainee Poster Symposium) Circadian clock mediates ER stress signaling in alcoholic fatty liver.
  • 2011 - ビタミンE研究会 奨励賞 ビタミンEの脂肪細胞における脂肪蓄積促進作用
  • 2011 - 日本薬学会近畿支部 奨励賞 レチノイドシグナルを介したレプチン依存的インスリン抵抗性改善メカニズムの解析
  • 2011 - 日本レチノイド研究会 武藤賞 レチノイドによるレプチン依存的インスリン抵抗性改善作用メカニズムの解明
  • 2009 - 日本肝臓学会 AJINOMOTO Award 最優秀研究賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る