研究者
J-GLOBAL ID:200901052109284937   更新日: 2020年09月01日

高谷 光

Takaya Hikaru | Takaya Hikaru
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (9件): 生体化学 ,  分析化学 ,  量子ビーム科学 ,  有機機能材料 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (9件): X線吸収分光 ,  超分子科学 ,  ペプチド科学 ,  触媒化学 ,  有機金属化学 ,  有機化学 ,  catalysis in organometallics ,  organometallic chemistry ,  organic chemistry
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • ペプチドおよび核酸を基本骨格とする多核錯体の開発
  • 炭素-炭素結合切断反応を用いる(]G0048[)分子分解反応の開発
  • 多成分連結反応のための多核錯体触媒の開発
  • 新規複核金属錯体の合成とそれを用いる多機能型触媒の開発
  • 有機金属分子を触媒とする新規炭素-炭素結合形成反応の開発
全件表示
論文 (54件):
  • Yuki Kanazawa, Takato Mitsudome, Hikaru Takaya, Masafumi Hirano. Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate: Synchrotron Radiation Sheds Light on the Cu Cycle Mechanism. ACS CATALYSIS. 2020. 10. 10. 5909-5919
  • Yukari Okuma, Toshihiro Tsukamoto, Takayuki Inagaki, Shinobu Miyagawa, Masaki Kimura, Masaya Naito, Hikaru Takaya, Tsuneomi Kawasaki, Yuji Tokunaga. Rotational isomerism of the amide units in rotaxanes based on a cyclic tetraamide and secondary ammonium ions. ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS. 2019. 6. 7. 1002-1009
  • Nozomi Mihara, Yasuyuki Yamada, Hikaru Takaya, Yasutaka Kitagawa, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Hiroshi Fujii, Kentaro Tanaka. Site-Selective Supramolecular Complexation Activates Catalytic Ethane Oxidation by a Nitrido-Bridged Iron Porphyrinoid Dimer. Chemistry - A European Journal. 2019. 25. 13. 3369-3375
  • Ryosuke Agata, Hikaru Takaya, Hiroshi Matsuda, Naoki Nakatani, Katsuhiko Takeuchi, Takahiro Iwamoto, Takuji Hatakeyama, Masaharu Nakamura. Iron-Catalyzed Cross Coupling of Aryl Chlorides with Alkyl Grignard Reagents: Synthetic Scope and Fe-II/Fe-IV Mechanism Supported by X-ray Absorption Spectroscopy and Density Functional Theory Calculations. BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN. 2019. 92. 2. 381-390
  • Yuma Aoki, Harry M. O'Brien, Hiroto Kawasaki, Hikaru Takaya, Masaharu Nakamura. Ligand-Free Iron-Catalyzed C-F Amination of Diarylamines: A One-Pot Regioselective Synthesis of Diaryl Dihydrophenazines. ORGANIC LETTERS. 2019. 21. 2. 461-464
もっと見る
MISC (121件):
  • Takashi Watanabe, Yuki Tokunaga, Satoshi Oshiro, Kaori Saito, Hiroyuki Okano, Hiroshi Nishimura, Takashi Nagata, Keiko Kondo, Masato Katahira, Katsuhiro Isozaki, et al. Strategy of lignocellulose conversion using catalysts with controlled affinity to lignin. 1st International Lignin Symposium (ILS), 20190914, Hokkaido Univ. (oral). 2019
  • 髙谷 光. メタル化アミノ酸・ペプチドの合成と機能開拓. 有機合成化学協会誌. 2018. 76. 10. 00-14
  • Takashi Watanabe, Chen Qu, Satoshi Oshiro, Hiroshi Nishimura, Keiichiro Kashimura, Takashi Nagata, Masato Katahira, Katsuhiro Isozaki, Hikaru Takaya, Masaharu Nakamura. Approaches for valorization of lignovelluloses using microwave technology and lignin-binding catalysts. lignobiotech 2018, p21, 5th Symposium of Biotechnology Applied to Lignocelluloses, Helsinki. 2018
  • Takafumi Shanoh, Ryota Yoshida, Tomoya Yokoi, Katsuhiro Isozaki, Hiroshi Nishimura, Satoshi Oshiro, Keiko Kondo, Takashi Watanabe, Masato Katahira, Hikaru Takaya, et al. Oxidative Degradation of Lignin and Its Related Compounds Catalyzed by Metalated Amino Acids Bearing ONO-Pincer Ruthenium Complexes. International Conference on Coordination Chemistry(ICCC) 2018, Sendai, Japan. 2018
  • 嶋根康弘, 黒澤佳奈子, 市川淳子, 前田亜鈴悠, 布浦拓郎, 山置佑大, 永田崇, 片平正人, 高谷光, 吉田亮太, et al. フラグメント分子軌道法を活用したリグニンβ-O-4還元開裂酵素の機能改変. 第62回リグニン討論会, 名古屋大学(名古屋)2017.10.26-27. 2017
もっと見る
特許 (9件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 錯体化合物辞典
    朝倉書店 2018
  • Bioorganometallic Chemistry
    Elsevier 2018
  • Briefs in Molecular Science Series
    Springer 2013
  • 金属と分子集合-最新技術と応用-
    シーエムシー出版 2010
  • バイオナノプロセス-溶液中でナノ構造を作るウェット・テクノロジーの薦め-
    シーエムシー出版 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (134件):
  • X線で観る世界:原子・分子から薬師寺東塔まで
    (日本表面真空学会 市民講座 2018)
  • XAFSと量子化学計算の融合による均一系触媒反応の機構研究
    (中部東海支部・錯体化学若手の会 2018)
  • XAFSと量子化学計算の融合的利用による均一系鉄触媒反応の機構研究
    (第21回XAFS討論会 2018)
  • X線吸収分光と量子化学計算の融合による溶液中分子構造解析と均一系触媒機構の研究
    (立教大学理学部化学科講演会 2018)
  • ある触媒化学者のベンゼン環との闘い:~クロスカップリングから木質リグニンまで,あれこれ
    (第50回構造有機若手の会 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • ナノネット シリコンベースバイオコンピューティングシステムの開発
    2003 -
  • 有機金属若手研究者の会 (代表幹事)
    2001 -
  • 第31回有機反応若手の会 (代表幹事)
    1996 -
学歴 (5件):
  • 1993 - 1998 大阪大学大学院 化学
  • - 1998 大阪大学
  • 1989 - 1993 大阪大学 合成化学科
  • - 1993 大阪大学
  • 1985 - 1988 兵庫県立川西北陵高等学校 普通科
学位 (2件):
  • Master of Engineering (Osaka University)
  • Doctor of Engineering (Osaka University)
経歴 (9件):
  • 2008/03 - 現在 京都大学 化学研究所 准教授
  • 2006/09 - 2010/03 科学技術振興機構 さきがけ 構造制御と機能 研究員
  • 2002 - 2003 The Scripps Research Institute (Prof. R. Z. Ghadiri)
  • 1998/04 - 2002/03 大阪大学 大学院基礎工学研究科 合成化学科 助手
  • 2002 - - 大阪大学未来ラボシステム研究員
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2015/04 - 現在 日本化学会 ATP企画 委員
  • 2018/10 - 2019/09 日本XAFS研究会 討論会実行委員
  • 2017/04 - 2018/04 有機合成化学協会 近畿支部 近畿地区幹事
  • 2017/04 - 2018/03 近畿化学協会 各賞推薦委員
  • 2014/04 - 2016/03 近畿化学協会 各賞推薦委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2015/03 - 日本化学会 BCSJ 賞
  • 2012/09 - Theme Theme Chemistry Journal Award
  • 2008/03 - 日本化学会 若い世代の特別講演賞
  • 2001 - 有機合成化学協会 研究企画賞
所属学会 (5件):
アメリカ化学会 ,  近畿化学協会 ,  有機合成協会 ,  (]G0048[)分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る