研究者
J-GLOBAL ID:200901054460228469   更新日: 2021年03月20日

石本 淳

イシモト ジユン | Ishimoto Jun
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/d721067af9ede4903a33a3d11c9d462a.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d721067af9ede4903a33a3d11c9d462a.html
研究分野 (4件): エネルギー化学 ,  航空宇宙工学 ,  熱工学 ,  流体工学
研究キーワード (5件): 数値流体力学 ,  微粒化 ,  極低温流体 ,  流体工学 ,  混相流
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2013 - 現在 漂流物が混入した津波がおよぼす災害ダメージ予測システムの開発
  • 2007 - マイクロ・ナノ固体窒素噴霧利用型超高熱流束冷却システムの開発
  • 2007 - 液体水素ピンホール漏えいジェット流の微粒化過程に関する融合数値予測
  • 2007 - マイクロ・ナノ固体窒素噴霧利用型半導体洗浄システムの開発
  • 2005 - 微小重力液滴燃焼場の電磁場制御
全件表示
論文 (174件):
  • Numerical analysis of the effect of bubble distribution on multiple-bubble behavior. 2020. 61. 104818-104818
  • Yusuke Naito, Romain Montini, Hirochika Tanigawa, Jun Ishimoto, Masami Nakano, Katsuya Hirata. Experiment and Numerical Analysis of a Rotating Hollow Cylinder in Free Flight. Advances in Hydroinformatics. 2020. 923-936
  • Eitaro Koya, Masahiko Nakagawa, Shinya Kitagawa, Jun Ishimoto, Yoshikatsu Nakano, Naoya Ochiai. CFD Analysis of Mechanisms Underlying the Porosity-reducing Effect of Atomized Flows in High-pressure Die Cast Products. MATEC Web of Conferences. 2020. 326. 06006-06006
  • Coupled particle and Euler method for leaked hydrogen-air mixing with crack propagation of pressure vessel. Proceedings of the 8th European-Japanese Two-Phase Flow Group Meeting, The Watson Hotel in Manhattan, 22nd - 26th, April, 2018, New York, USA. [in USB memory]. 2018
  • Eitaro Koya, Masahiko Nakagawa, Shinya Kitagawa, Jun Ishimoto, Yoshikatsu Nakano, Naoya Ochiai. Atomization in High-Pressure Die Casting - Step 2 Simulation of Atomized Flow of Molten Aluminum by LES-VOF Method. SAE Technical Papers. 2018. 2018-
もっと見る
MISC (2件):
  • 西山秀哉, 福西祐, 伊澤精一郎, 浅井圭介, 澤田恵介, 孫明宇, 祖山均, 石本淳, 山本悟, 伊賀由佳, et al. 機械工学年鑑,7. 流体工学. 日本機械学会誌. 2015. 118. 1161. 27-33
  • 西山秀哉, 中野政身, 大平勝秀, 山口博司, 澤田達雄, 石本淳, 川野聡恭ほか. 機能性流体のマルチスケール流動とシステム化. 機能性流体のマルチスケール流動とシステム化に関する研究分科会成果報告書. 2010. 1-135
特許 (5件):
書籍 (1件):
  • Nano-Mega Scale Flow Dynamics in Complex Systems (Edited by S. Maruyama and H. Nishiyama), The 21st Century COE Program International COE of Flow Dynamics Lecture Series
    Tohoku University Press. 2007 ISBN:9784861630811
講演・口頭発表等 (72件):
  • マイクロ溝部における溶融ろう材の表面張力流れに関する数値解析
    (混相流シンポジウム2020 オーガナイズドセッション(OS-5マルチスケール混相流と異分野融合科学) 2020)
  • Coupled computing of cryogenic fine solid particle production and its impingement with deformable behavior
    (ELyT Workshop 2019, On-Campus Workshop 2019)
  • Advanced computational study for high-pressure spray and atomization phenomena
    (Australia-Japan Fluid Dynamics Workshop 2019)
  • 極低温ファイン固体窒素粒子生成と基板衝突変形挙動に関する連成解析
    (第32回数値流体力学シンポジウム 2018)
  • Coupled FSI computing for resilient energy systems and disaster science
    (2nd Workshop Lyon Center (Organized with ELyT Global and ELyTMaX, with INSA Lyon and IFS, Tohoku University) November 20th, 2018, Ecole Centrale de Lyon, France 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1995 東北大学 機械工学第二専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (Tohoku University)
経歴 (5件):
  • 2012/04 - 現在 東北大学 流体科学研究所 教授
  • 2005/04 - 東北大学流体科学研究所 助教授
  • 1999/04 - 2005/03 弘前大学理工学部知能機械システム工学科 助教授
  • 1996/05 - 1999/03 東北大学流体科学研究所 助手
  • 1995/04 - 1996/04 日本学術振興会特別研究員(PD)
委員歴 (25件):
  • 2020/04 - 日本機械学会 代表会員
  • 2014/04 - 2016/03 日本機械学会 交通・物流部門代議員
  • 2014/04 - 2016/03 日本機械学会 交通・物流部門代議員
  • 2014/04 - 2015/03 日本混相流学会 評議員
  • 2014/04 - 2015/03 日本混相流学会 評議員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2014/06/20 - WHEC WHEC Awards for Excellence Presentation Supercomputing of Safety and Risk Assessment for Multiphase High Density Hydrogen
  • 2010/10/30 - 日本機械学会 日本機械学会流体工学部門フロンティア表彰
  • 2010/07/22 - Elsevier B.V. Cryogenics Best Paper Award 2009
  • 2009/07/21 - (社) 可視化情報学会 可視化情報学会第20期映像賞・フラッシュオブザイヤー マイクロキャビテーションを伴うガソリンインジェクター乱流噴霧微粒化プロセスに関する融合可視化シミュレーション
  • 2008/08/09 - 日本混相流学会 日本混相流学会賞「技術賞」 極低温スラッシュ流体を利用した混相冷却法の開発
全件表示
所属学会 (9件):
低温生物工学会 ,  自動車技術会 ,  日本流体力学会 ,  可視化情報学会 ,  日本航空宇宙学会 ,  低温工学会 ,  日本混相流学会 ,  ASME (アメリカ機械学会) ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る