研究者
J-GLOBAL ID:200901054755727203   更新日: 2022年05月19日

浦野 哲盟

ウラノ テツメイ | Urano Tetsumei
所属機関・部署:
職名: 理事、副学長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www2.hama-med.ac.jp/w1a/phys2/index.html
研究分野 (2件): 医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (4件): 凝固・線溶 ,  血管生物学 ,  血栓止血 ,  Physiology
競争的資金等の研究課題 (48件):
  • 2022 - 2025 線溶制御系破綻時の血栓溶 過程のイメージング 析と検査法の確立による病態解明
  • 2020 - 2023 疾患特異的iPS細胞を用いた凝固・線溶機能と血管内皮-血小板相互作用解析
  • 2020 - 2023 COVID-19 感染による血栓症発症・増悪機転の解明と治療介入の可能性の解明
  • 2019 - 2022 適切な抗血栓療法の実現に向けた血栓形成-溶解連関の時空間的制御機構の解明
  • 2017 - 2020 vasa vasorumの血流変動が腹部大動脈瘤の病態に及ぼす影響
全件表示
論文 (302件):
  • Nitty Skariah Mathews, Yuko Suzuki, Naoki Honkura, Hideto Sano, Toshihide Iwashita, Tetsumei Urano. Pre-administration of a carboxypeptidase inhibitor enhances tPA-induced thrombolysis in mouse microthrombi: Evidence from intravital imaging analysis. Thrombosis research. 2022. 210. 78-86
  • Aaron M Wendelboe, Hannah Langenfeld, Walter Ageno, Lana Castellucci, Gabriela Cesarman-Maus, Henry Ddungu, Erich Vinicius De Paula, Mert Dumantepe, Gabor Forgo, Maria Cecilia Guillermo Esposito, et al. Current practices of standardized risk assessment for venous thromboembolism: results from a global survey from the World Thrombosis Day steering committee. Journal of thrombosis and haemostasis : JTH. 2021
  • Forgo G, Micieli E, Ageno W, Castellucci LA, Cesarman-Maus G, Ddungu H, De PaulaEV, Dumantepe M, Guillermo Esposito MC, Konstantinides SV, et al. An update on the global use of risk assessment models and thromboprophylaxis in hospitalized patients with medical illnesses from the World Thrombosis Day steering committee: systematic review and meta-analysis. Journal of Thrombosis and Haemostasis. 2021
  • Ririko Takeda, Ariful Islam, Tomohito Sato, Hiroki Kurita, Tomoaki Kahyo, Tetsumei Urano, Mitsutoshi Setou. The stability of the metabolic turnover of arachidonic acid in human unruptured intracranial aneurysmal walls is sustained. Clinical neurology and neurosurgery. 2021. 208. 106881-106881
  • Stefano Barco, Luca Valerio, Andrea Gallo, Giacomo Turatti, Seyed Hamidreza Mahmoudpour, Walter Ageno, Lana A Castellucci, Gabriela Cesarman-Maus, Henry Ddungu, Erich Vinicius De Paula, et al. Global reporting of pulmonary embolism-related deaths in the World Health Organization mortality database: Vital registration data from 123 countries. Research and practice in thrombosis and haemostasis. 2021. 5. 5. e12520
もっと見る
MISC (159件):
  • 浦野 哲盟, 鈴木 優子. 【COVID-19凝固異常症】RAASと血液凝固線溶系. Thrombosis Medicine. 2021. 11. 3. 184-188
  • 堀内 久徳, 森下 英理子, 浦野 哲盟, 横山 健次. COVID-19関連血栓症アンケート調査の最終結果報告. 日本血栓止血学会誌. 2021. 32. 3. 315-329
  • 堀内 久徳, 森下 英理子, 浦野 哲盟, 横山 健次, 厚生労働省難治性疾患政策研究事業「血液凝固異常症等に関する研究」班. COVID-19関連血栓症アンケート調査結果報告. 日本血栓止血学会誌. 2021. 32. 2. 205-205
  • 望月 里依奈, 鈴木 優子, 佐野 秀人, 本藏 直樹, 浦野 哲盟. トロンボモジュリンによる凝固線溶活性調節機構の可視化解析. 日本生理学雑誌. 2021. 83. 2. 25-25
  • 浦野 哲盟. 新型コロナウイルス関連シリーズ 線溶系から見たCOVID-19の病態. 日本血栓止血学会誌. 2021. 32. 1. 46-50
もっと見る
書籍 (17件):
  • 用語集
    日本血栓止血学会 2016
  • 凝固・線溶系からみた病態 動脈硬化/血栓性ハンドブック
    医歯薬出版 2016
  • 食品の保健機能と生理学
    アイ・ケイコーポレーション 2015 ISBN:9784874923283
  • ニュー運動生理学
    真興交易(株)医書出版部 2015
  • ファーマナビゲーター抗凝固療法編
    2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • COVID-19 本邦における血栓症発症状況
    (第53回日本動脈硬化学会総会 2021)
  • COVID と血栓症
    (第16回Japan Endovascular Symposium 2021)
  • 血栓止血学よりみた新型コロナウイルス感染症と血栓塞栓症の実態と対策
    (第49回日本血管外科学会学術総会 2021)
  • Regulation of Plasminogen Activation on Cell Surfaces and Fibrin.
    (11th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis (APSTH 2021) 2021)
  • 敗血症の急性臓器障害を科学する:凝固線溶異常
    (第30回日本急性血液浄化学会学術集会 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 線溶活性調節
    2000 - 現在
  • Regulation of fibrinolytic activity
    2000 - 現在
  • 血管新生
    1997 - 現在
  • Angiogenesis
    1997 - 現在
学歴 (2件):
  • 1981 - 1985 浜松医科大学医学研究科博士課程 生理学.外科学
  • 1975 - 1981 浜松医科大学 医学科
学位 (2件):
  • 医学博士 (浜松医科大学)
  • 医学士 (浜松医科大学)
経歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 静岡社会健康医学大学院大学 理事、副学長
  • 2021/04 - 現在 浜松医科大学 名誉教授、特命研究教授
  • 2001/04 - 2021/03 浜松医科大学 教授
  • 2016/04 - 2020/03 浜松医科大学 副学長(情報広報担当)兼任
  • 1991 - 2001 浜松医科大学 助教授
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2021/09 - 現在 International Society of Thrombosis and Haemostasis Chairman of Fibrinolysis division of SSC
  • 2018 - 現在 日本生理学会 理事
  • 2016 - 現在 International Society of Thrombosis and Haemostasis Member of steering committee of the World Thrombosis Day
  • 2015 - 現在 Asian Pacific Society of Thrombosis and Haemostasis, Council member & Treasurer
  • 2010 - 現在 International Society of Fibrinolysis & Proteolysis council member
全件表示
受賞 (1件):
  • 1993 - 斉藤奨励賞
所属学会 (8件):
米国血液学会 (American Society of Hematology) ,  国際血栓止血学会 (International Society on Thrombosis and Haemostasis) ,  国際線溶学会 (The International Society Fibrinalysis and Proteolysis ,  日本静脈学会 ,  日本臨床血液学会 ,  日本血栓止血学会 ,  日本血液学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る