研究者
J-GLOBAL ID:200901055209532333   更新日: 2020年05月20日

加藤 稔

カトウ ミノル | Kato Minoru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): http://www.ritsumei.ac.jp/se/rc/staff/kato/LAB.html
研究分野 (4件): 薬系分析、物理化学 ,  生物物理学 ,  基礎物理化学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (1件): 生物物理化学、分子科学、溶液化学、分子分光学、高圧力科学、生体高分子、タンパク質、フォールディング/ミスフォールディング、アミロイド線維、Aβペプチド、人工設計ペプチド、分子のコンフォメーション、水&水溶液、MDシミュレーション、量子化学
論文 (92件):
  • Tomoyoshi Seto, Minoru Kato, Ken Koyano. Molecular Discrimination of Barbital Enantiomer at the Propofol Binding Site of the Human β3 Homomeric GABAA Receptor. Chem-Bio Informatics Journal. 2018. 18. 154-163
  • Yoshiji Hantani, Hiroshi Imamura, Tsubasa Yamamoto, Akane Senga, Yuri Yamagami, Minoru Kato, Fusako Kawai, Masayuki Oda. Functional characterizations of polyethylene terephthalate-degrading cutinase-like enzyme Cut190 mutants using bis(2-hydroxyethyl) terephthalate as the model substrate. AIMS Biophysics. 2018. 5. 4. 290-302
  • 山下 基, 加藤 稔. 長鎖アルカンの高圧相転移挙動. 高圧力の科学と技術. 2016. 26. 21-29
  • R. Wada, M. Kato. A Raman spectroscopic study of the conformations of 1,4-dioxane in the pure liquid, methanol, and aqueous solution. Chem. Phys. Lett. 2015. 641. 74-79
  • E. Chatani, R. Inoue, H. Imamura, M. Sugiyama, M. Kato, M, Yamamoto, K. Nishida, T. Kanaya. Early aggregation preceding the nucleation of insulin amyloid fibrils as monitored by small angle X-ray scattering. Scientific Reports. 2015. 5. 15485
もっと見る
書籍 (5件):
  • 日本化学学会編、「極限環境の生体分子」(CSJカレントレビュー17)
    化学同人 2014 ISBN:9784759813777
  • Preserving Proteins Under High Pressure and Low Temperature, in Book: Protein Structure edited by E. Faraggi
    In Tech 2012
  • 日本化学会編実験化学講座 11.7.3タンパク質のNMR、11.7.4 タンパク質のX線回折
    丸善株式会社 2005
  • 2D-FTIR study of protein
    Two-Dimensional Correlation Spectroscopy, eds. Y. Ozaki and I. Noda (Proceeding of the 2DCOS Satellite Meeting of ICOFTS-12 in Kobe-Sanda 1999) 2000
  • Recent Advances in High-Pressure Infrared Spectroscopic Studies in Proteins
    The Review of High Pressure Science and Technology 2000
講演・口頭発表等 (211件):
  • モデルペプチドの高圧力研究から見えてくるタンパク質の圧力変性機構
    (第15 回日本蛋白質科学会年会 2015)
  • 圧力ジャンプFTIR法によるRibonuclease AおよびUbiquitinのフォールディング・アンフォールディング反応の速度論解析
    (第55回高圧討論会 2014)
  • 振動分光法を用いたβ-hairpinモデルペプチドの構造に対する圧力効果
    (第55回高圧討論会 2014)
  • 分子動力学計算によるβ-hairpinモデルペプチドの高圧力下での構造安定性に関する研究
    (第55回高圧討論会 2014)
  • Infrared, near-infrared, and Raman spectroscopic study on the conformational equilibria of the hydroxyl group of 1-alkanols in organic solvents
    (The European Molecular Liquids Group and the Japanese Molecular Liquids Group (EMLG/JMLG) Annual Meeting 2014 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 立命館大学大学院 理工学研究科 応用化学
  • - 1984 立命館大学 理工学部数学物理学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (立命館大学)
経歴 (8件):
  • 2016/04/01 - 立命館大学生命科学部・教授
  • 2008/04 - 2016/03/31 立命館大学薬学部・教授
  • 2004/04 - 2008/03 立命館大学理工学部・教授
  • 1999/04 - 2004/03 立命館大学理工学部・助教授
  • 1997 - 1998 Rutgers Univ. (米国)客員研究員 [国外]
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2013/09 - 日本高圧力学会 評議員、庶務幹事
  • 2010/09 - 2013/08 日本高圧力学会 学会賞選考委員会 選考委員
  • 2004/10 - 2008/09 日本高圧力学会 日本高圧力学会 学会誌編集委員
所属学会 (5件):
日本薬学会 ,  日本化学会 ,  日本高圧力学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本分光学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る