研究者
J-GLOBAL ID:200901058110959873   更新日: 2022年10月02日

竹市 博臣

タケイチ ヒロシゲ | Takeichi Hiroshige
所属機関・部署:
職名: 専任技師
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): https://hiroshigetakeichi.github.io/effective-octo-fiesta/
研究分野 (3件): 実験心理学 ,  基盤脳科学 ,  認知科学
研究キーワード (10件): 音声言語知覚 ,  脳機能計測 ,  立体視 ,  直観的推論 ,  画像処理 ,  発達障害 ,  コミュニケーション ,  時間知覚 ,  補完知覚 ,  表面知覚
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2024 多言語音声知覚における脳内リズムと意味理解
  • 2016 - 2019 学習環境における視聴覚ノイズの探索と神経生理学的エビデンスの提案
  • 2012 - 2016 m系列変調法の高度化
  • 2011 - 2013 実時間コミュニケーションのリズム解析
  • 2010 - 2011 人間と機械のリズムの調和に関する基礎研究
全件表示
論文 (48件):
  • Hikaru Eguchi, Kazuo Ueda, Gerard B. Remijn, Yoshitaka Nakajima, Hiroshige Takeichi. The common limitations in auditory temporal processing for Mandarin Chinese and Japanese. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Kazuo Ueda, Hiroshige Takeichi, Kohei Wakamiya. Auditory grouping is necessary to understand interrupted mosaic speech stimuli. The Journal of the Acoustical Society of America. 2022. 152. 2. 970-980
  • Yuka Egashira, Yoshimi Kaga, Atsuko Gunji, Yosuke Kita, Motohiro Kimura, Naruhito Hironaga, Hiroshige Takeichi, Sayuri Hayashi, Yuu Kaneko, Hidetoshi Takahashi, et al. Detection of deviance in Japanese kanji compound words. Frontiers in Human Neuroscience. 2022. 16. in print
  • Kazuo Ueda, Riina Kawakami, Hiroshige Takeichi. Erratum: Checkerboard speech vs interrupted speech: Effects of spectrotemporal segmentation on intelligibility [JASA Express Lett. 1(7), 075204 (2021)]. JASA Express Letters. 2021. 1. 8. 085204-085204
  • Kazuo Ueda, Riina Kawakami, Hiroshige Takeichi. Checkerboard speech vs interrupted speech: Effects of spectrotemporal segmentation on intelligibility. JASA Express Letters. 2021. 1. 7. 075204-075204
もっと見る
MISC (62件):
特許 (3件):
書籍 (3件):
  • ブレインコミュニケーション : 脳と社会の通信手段
    電子情報通信学会 2011 ISBN:9784885522536
  • 知覚と運動
    東京大学出版会 1995 ISBN:9784130151016
  • 知覚の機序
    培風館 1993 ISBN:4563057940
講演・口頭発表等 (71件):
  • 市松音声と断続音声の知覚
    (第1回目の音声コミュニケーション研究会 2021)
  • 市松音声の知覚:聴覚体制化における断続音声との違い
    (日本音響学会 2021年 秋季研究発表会 2021)
  • 局部時間反転キメラ音声の了解度に影響を及ぼす周波数帯:実験および誤答分析
    (日本音響学会 2021年 秋季研究発表会 2021)
  • 市松音声と断続音声の知覚:周波数・時間領域における知覚体制化
    (日本心理学会第85回大会 2021)
  • 脳波(生理信号)解析:小児への応用
    (第48回臨床神経生理学会学術大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1986 - 1992 東京大学大学院 心理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2014/07 - 現在 理化学研究所 専任技師
  • 2007/04 - 2014/06 理化学研究所 専任研究員
  • 2000/04 - 2007/03 理化学研究所 先任研究員
  • 1993/04 - 2000/03 理化学研究所 研究員
  • 1992/04 - 1993/03 東京大学 教養学部 助手
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2008/05 - 2009/05 電子情報通信学会 通信ソサエティ研専運営会議委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る