研究者
J-GLOBAL ID:200901062461843763   更新日: 2024年02月27日

庄司 良

ショウジ リョウ | Shoji Ryo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.tokyo-ct.ac.jp/~c/shoji/
研究分野 (4件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷、リスク評価管理 ,  化学物質影響 ,  環境影響評価
研究キーワード (6件): 生態毒性試験 ,  金属のバイオアベイラビリティ ,  構造活性相関 ,  バイオアッセイによる水環境の人体影響評価 ,  Quantitative structure activity relationship ,  Bioassay for human risk evaluation
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2010 - 2012 技術者倫理教育における美徳育成論等の新動向調査および技術者倫理教材の建設的批判
  • 2006 - 2008 生物結合モデルに基づく土壌環境中の重金属の植物に対する有害性予測
  • 2006 - 2008 工業高専および企業における人材育成と技術者倫理教育の現状と課題
  • 2002 - 降雨による局地的生態系への影響評価
  • 2001 - 構造活性相関による環境汚染物質の有害性予測
全件表示
論文 (127件):
  • 庄司良. 生物結合モデルに基づく土壌環境中の重金属の陸生植物に対する有害性予測. 日本環境毒性学会誌. 2023. 26. S1-S12
  • Yasukazu Kobayashi, Koharu Yamamoto, Ryo Shoji. A CaH2-Assisted Reduction Method to Prepare Nanoscale Zero-Valent Iron (nZVI) from Fe2O3 for Water Remediation Application. Minerals. 2023. 13. 11. 1385
  • Shota Yokoyama, Yasukazu Kobayashi, Ryo Shoji. Catalytic Hydrogenation of Methyl Orange and Acid Orange 7 using NaBH4 over Core-shell Multicomponent Alloys. Journal of Water and Environment Technology. 2023. 21. 5. 249-257
  • Yasukazu Kobayashi, Heng Yi Teah, Shota Yokoyama, Ryo Shoji, Nobuko Hanada. Environmentally Friendly Molten Salt Synthesis of High-entropy AlCoCrFeNi Alloy Powder with High Catalytic Hydrogenation Activity. International Journal of Hydrogen Energy, in press. 2023
  • 向川 拓臣, 遠藤 蒼太, 大塚 遼之介, 杉浦 昂樹, 熊澤 匠真, 吉元 照貴, 中村 源一郎, 永吉 真知子, 松岡 敏, 新田 武父, et al. 『はざまる工房』を拠点とした新たな形の公開講座開講. 東京工業高等専門学校研究報告書. 2023. 54. 46-53
もっと見る
MISC (8件):
  • 庄司良. ちょっと箸休め 野良仕事にはげむ. 分離技術. 2023. 53. 3. 187
  • 庄司良. 研究室紹介(東京工業高等専門学校物質工学科庄司研究室). 化学工学. 2022. 86. 9. 452-452
  • 庄司良. エネルギー管理士試験の勉強方法,分離技術に関連する過去問の紹介と解説. 分離技術. 2021. 51. 6. 402-404
  • 庄司良. 環境研究者からの有機農業への期待と決意. 土と健康. 2021. 49. 7. 62-63
  • 庄司良. 高圧ガス製造保安責任者の勉強法. 分離技術. 2021. 51. 4. 252-253
もっと見る
特許 (6件):
書籍 (5件):
  • 化学系学生のための化学工学
    培風館 2020
  • 基礎からわかる環境化学
    森北出版 2018
  • 植物工場生産システムと流通技術の最前線
    株式会社双文社印刷 2013
  • Bioassay and Bio-informatics for Environmental Assessment and Medicinal Sciences edited by Hideo Utsumi, Katsuhiko Nakamuro
    Kougaku-Tosho, Publishers, Ltd. 2011
  • Waste Management Research Trends
    Nova Science Publishers, Inc. 2008 ISBN:9781604562347
講演・口頭発表等 (181件):
  • リボフラビンに対するトリプトファンの光分解抑制効果
    (第29回高専シンポジウム in Nagaoka 2024)
  • 海洋深層水と粒状活性炭を用いた微細藻類によるバイオマス生産の可能性の検証
    (第15回大学コンソーシアム八王子学生発表会 2023)
  • メチレンブルー還元反応による土壌中微量セレンの定量
    (13th CSJ化学フェスタ (2023), P7-013 2023)
  • Intensive carrier design & Innovative research project - a new curriculum of the advanced course of the National Institute of Technology, Tokyo College-
    (16th International Symposium on Advances in Technology Education for Engineering Education After Corona 2023)
  • 化学薬品の漏えい検知試験紙の開発
    (日本保全学会 第19回学術講演会 2023)
もっと見る
Works (8件):
  • 卵カク膜の有効利用に関する研究
    2003 -
  • 活性水の生体影響評価
    2000 - 2001
  • Evaluation of Biological Activity of Activated Water
    2000 - 2001
  • 総括的な有害性総合指標の検討
    1999 - 2001
  • Joint Research on Overall Toxicity Index of Water Environment
    1999 - 2001
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2000 東京大学 工学系研究科 化学システム工学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • 技術士(環境)
経歴 (3件):
  • 2000/07 - 現在 東京工業高等専門学校 物質工学科
  • 2005/03 - 2006/03 University of Delaware
  • 2000/04 - 2000/06 東京大学生産技術研究所
委員歴 (4件):
  • 2020/10 - 現在 分離技術会 分離技術編集委員会
  • 2019/06 - 現在 環境省 環境リスク評価委員会生態リスク評価分科会委員
  • 2016 - 現在 化学工学会未来人材育成委員会
  • 2009 - 2011 化学工学会 編集委員
受賞 (3件):
  • 2021/04 - 東京工業高等専門学校 東京工業高等専門学校教職員表彰
  • 2018/04 - 東京工業高等専門学校教職員表彰
  • 2001 - 生物工学会論文賞
所属学会 (4件):
廃棄物学会 ,  国際水環境学会(International Association of Water Quality) ,  化学工学会 ,  日本水環境学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る