研究者
J-GLOBAL ID:200901062570901587   更新日: 2024年06月05日

永森 收志

ナガモリ シュウシ | Nagamori Shushi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  医化学 ,  機能生物化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (5件): トランスポーター ,  栄養素 ,  アミノ酸 ,  プロテオミクス ,  膜タンパク質
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2021 - 2025 敗血症性多臓器不全における性差を切り口とした分子基盤の開発
  • 2021 - 2024 新規リビトールリン酸修飾の分子基盤の解明と筋ジストロフィー治療法開発への展開
  • 2021 - 2024 階層的アプローチによる膜輸送体の隠されている生理的基質の解明
  • 2019 - 2024 糖アルコールリン酸修飾のバイオロジー
  • 2019 - 2023 ヒトiPS細胞を用いた新世代統合的評価法による薬物誘発性不整脈の病態解析
全件表示
論文 (95件):
  • Pattama Wiriyasermkul, Satomi Moriyama, Masataka Suzuki, Pornparn Kongpracha, Nodoka Nakamae, Saki Takeshita, Yoko Tanaka, Akina Matsuda, Masaki Miyasaka, Kenji Hamase, et al. A Multi-hierarchical Approach Reveals d-serine as a Hidden Substrate of Sodium-coupled Monocarboxylate Transporters. eLife. 2024. 12
  • Yoshihiko M. Sakaguchi, Pattama Wiriyasermkul, Masaya Matsubayashi, Masaki Miyasaka, Nau Sakaguchi, Yoshiki Sahara, Minoru Takasato, Kaoru Kinugawa, Kazuma Sugie, Masahiro Eriguchi, et al. Identification of three distinct cell populations for urate excretion in human kidneys. The Journal of Physiological Sciences. 2024. 74. 1
  • Zitong Shi, Kazuko Kaneda-Nakashima, Ryuichi Ohgaki, Minhui Xu, Hiroki Okanishi, Hitoshi Endou, Shushi Nagamori, Yoshikatsu Kanai. Inhibition of Cancer-type Amino Acid Transporter LAT1 Suppresses B16-f10 Melanoma Metastasis in Mouse Models. Scientific Reports. 2023. 13. 1. 13943-13943
  • Takuto Fujii, Shushi Nagamori, Pattama Wiriyasermkul, Shizhou Zheng, Asaka Yago, Takahiro Shimizu, Yoshiaki Tabuchi, Tomoyuki Okumura, Tsutomu Fujii, Hiroshi Takeshima, et al. Parkinson's Disease-associated ATP13A2/PARK9 Functions as a Lysosomal H+,K+-ATPase. Nature Communications. 2023. 14. 1. 2174-2174
  • Yongchan Lee, Pattama Wiriyasermkul, Pornparn Kongpracha, Satomi Moriyama, Deryck J. Mills, Werner Kühlbrandt, Shushi Nagamori. Ca2+-mediated higher-order assembly of heterodimers in amino acid transport system b0,+ biogenesis and cystinuria. Nature Communications. 2022. 13. 1. 2708-2708
もっと見る
MISC (94件):
  • 藤井 拓人, 清水 貴浩, 加藤 瑞希, 永森 收志, 小泉 桂一, 奥村 知之, 藤井 努, 竹島 浩, 酒井 秀紀. がん細胞内小胞のNa+、K+-ATPase α3-isoformの局在変化が関与するアノイキス回避機構. 日本生理学雑誌. 2022. 84. 1. 4-4
  • 政木 隆博, 目崎 喜弘, 河野 緑, 川口 憲治, 宮坂 政紀, 越智 小枝, Pornparn Kongpracha, Pattama Wiriyasermkul, 永森 收志, 松浦 知和. 肝炎ウイルスによる癌抑制性マイクロRNAの機能阻害とその分子機構の解析. 日本臨床検査医学会誌. 2021. 69. 補冊. 100-100
  • 永森 收志, Pornparn Kongpracha, Pattama Wiriyasermkul, 目崎 喜弘, 越智 小枝, 政木 隆博, 相崎 英樹, 松浦 知和. 膜プロテオミクス基盤技術確立のための三次元培養ヒト肝細胞を用いた網羅的解析. 日本臨床検査医学会誌. 2021. 69. 補冊. 205-205
  • 政木 隆博, 目崎 喜弘, 永森 收志, 鐘ヶ江 裕美, 松浦 知和. レチノイドとB型肝炎ウイルス感染症. ビタミン. 2021. 95. 5-6. 300-301
  • 大垣 隆一, 全 麗麗, 奥田 傑, 岡西 広樹, 永森 收志, 遠藤 仁, 金井 好克. 腫瘍間質の血管内皮細胞に高発現するアミノ酸トランスポーターLAT1は細胞増殖の促進と血管新生促進因子VEGF-AによるmTORC1活性化の制御を介して腫瘍血管新生に寄与する. 日本薬理学会年会要旨集. 2021. 94. 3-O-F5-3
もっと見る
特許 (6件):
学歴 (1件):
  • 1996 - 2001 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻
経歴 (11件):
  • 2023/06 - 現在 東京慈恵会医科大学 SI医学応用研究センター
  • 2023/06 - 現在 東京慈恵会医科大学 臨床検査医学講座 教授
  • 2022/04 - 2023/05 東京慈恵会医科大学 SI医学応用研究センター センター長代行
  • 2020/10 - 2023/05 東京慈恵会医科大学 臨床検査医学講座 准教授
  • 2017/10 - 2020/09 奈良県立医科大学 生体分子不均衡制御学共同研究講座 教授
全件表示
受賞 (5件):
  • 2015 - 日本アミノ酸学会 科学・技術賞
  • 2015 - 日本尿路結石症学会 奨励賞
  • 2015 - 大阪大学 大阪大学総長奨励賞
  • 2014 - 大阪大学 大阪大学総長奨励賞
  • 2001 - 日本生化学会 JB論文賞
所属学会 (9件):
日本プロテオーム学会 ,  日本生理学会 ,  日本癌学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本アミノ酸学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬理学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  D-アミノ酸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る