研究者
J-GLOBAL ID:200901063243669456   更新日: 2021年09月29日

甲斐田 幸佐

カイダ コウスケ | Kaida Kosuke
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=K22590720
研究分野 (2件): 実験心理学 ,  認知科学
研究キーワード (2件): 行動科学 ,  実験心理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2017 「学びの「楽しさ」は睡眠中の記憶定着を促進するか
  • 2013 - 2016 レム断眠が感情記憶に及ぼす効果検証
  • 2012 - 2014 睡眠中の潜在記憶学習の可能性
  • 2011 - 2012 睡眠不足が情動記憶の偏向および脳活動に及ぼす効果検証
  • 2004 - 2006 労働者の覚醒水準を高める睡眠健康対策とその効果判定に関する研究
論文 (44件):
もっと見る
MISC (26件):
特許 (8件):
書籍 (8件):
  • 睡眠学
    朝倉書店 2020
  • 改訂 新生理心理学 第II巻
    北大路書房 2017
  • The world book of hope
    Lannoo Publishers 2016
  • 自動車技術ハンドブック
    日本自動車技術会 2016
  • 睡眠マネジメント
    株式会社エヌ・ティー・エス 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (71件):
  • Sleep and Aging
    (Tsukuba conference on Healthy aging in place, Web meeting organized by National Institute for Advanced Industrial Science and Technology (Tsukuba, Japan). 2021)
  • Influence of sleepiness on sustainable energy choice nudges: Loss framing and social norms.
    (International Association of People-Environment Studies 2020)
  • The sleep belief-practice index for the discrepancies between beliefs and practices on “good” sleep.
    (8th Congress of the World Federatoin of Sleep Research Societies 2019)
  • 記憶の変容量を計測するための「記憶変容課題」の開発と妥当性の検討
    (第83回日本心理学会 2019)
  • Optimistic orientation facilitates pro-environmental behavior: A longitudinal study on quality of life and everyday behavior.
    (International Conference on Environmental Psychology 2019)
もっと見る
Works (5件):
  • 自動車技術ハンドブック
    甲斐田 幸佐
  • 福祉技術ハンドブック
    甲斐田 幸佐
  • 睡眠学(朝倉書店)
    甲斐田 幸佐
  • 「改訂版新生理心理学」(北大路書房)18章
    甲斐田 幸佐
  • 「睡眠心理学」(北大路書房)17章,20章
    甲斐田 幸佐
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 広島大学 環境計画科学専攻
  • 1995 - 1999 島根大学 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (広島大学)
経歴 (5件):
  • 2010/04 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域人間情報インタラクション研究部門 主任研究員
  • 2011/09 - 2011/12 リューベック大学(ドイツ) 客員研究員
  • 2007/04 - 2010/03 トヨタ自動車株式会社 主任
  • 2004/04 - 2007/03 独立行政法人労働安全衛生総合研究所 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2005/05 - 2006/10 カロリンスカ研究所・ストックホルム大学ストレス研究所(スウェーデン) 客員研究員
受賞 (4件):
  • 2014/06 - 日本睡眠学会 日本睡眠学会睡眠研究奨励賞
  • 2011/06 - 日本睡眠学会優秀ポスター賞
  • 2003/09 - World Congress of Chronobiology Travel grant
  • 2002 - 日本生理心理学会優秀論文賞 自己覚醒法による短時間仮眠効果後の睡眠慣性抑制効果
所属学会 (4件):
日本睡眠学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本生理心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る