研究者
J-GLOBAL ID:200901063584389729   更新日: 2021年01月14日

神崎 浩

カンザキ ヒロシ | Kanzaki Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/profile/nougaku01_2.htmlhttp://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/profile/nougaku01_2.html
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  応用生物化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (6件): 応用微生物学 ,  天然物化学 ,  酵素化学 ,  Applied Microbiology ,  Natural Products Chemistry ,  Enzyme Chemistry
論文 (12件):
  • Tomorn Nunkaew, Duangporn Kantachote, Sumate Chaiprapat, Teruhiko Nitoda, Hiroshi Kanzaki. Use of wood vinegar to enhance 5-aminolevulinic acid production by selected Rhodopseudomonas palustris in rubber sheet wastewater for agricultural use. Saudi Journal of Biological Sciences. 2018. 25. 4. 642-650
  • Supaporn Chumpol, Duangporn Kantachote, Teruhiko Nitoda, Hiroshi Kanzaki. Administration of purple nonsulfur bacteria as single cell protein by mixing with shrimp feed to enhance growth, immune response and survival in white shrimp (Litopenaeus vannamei) cultivation. Aquaculture. 2018. 489. 85-95
  • Natthapat Sohsomboon, Hiroshi Kanzaki, Teruhiko Nitoda. Unique antimicrobial spectrum of ophiobolin K produced by Aspergillus ustus. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry. 2018. 82. 3. 422-424
  • Supaporn Chumpol, Duangporn Kantachote, Pattamarat Rattanachuay, Varaporn Vuddhakul, Teruhiko Nitoda, Hiroshi Kanzaki. In vitro and in vivo selection of probiotic purple nonsulphur bacteria with an ability to inhibit shrimp pathogens: acute hepatopancreatic necrosis disease-causing Vibrio parahaemolyticus and other vibrios. AQUACULTURE RESEARCH. 2017. 48. 6. 3182-3197
  • Supaporn Chumpol, Duangporn Kantachote, Teruhiko Nitoda, Hiroshi Kanzaki. The roles of probiotic purple nonsulfur bacteria to control water quality and prevent acute hepatopancreatic necrosis disease (AHPND) for enhancement growth with higher survival in white shrimp (Litopenaeus vannamei) during cultivation. AQUACULTURE. 2017. 473. 327-336
もっと見る
MISC (105件):
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (93件):
  • Pochoina属糸状菌が生産する新規β-N-glucosaminidase阻害剤の阻害活性
    (日本農芸化学会2007年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第19回講演会) 2007)
  • 昆虫β-N-glucosaminidase特異的阻害剤HU-1の構成異常糖の合成と阻害活性評価
    (日本農芸化学会2007年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第19回講演会) 2007)
  • 微生物変換によるオリーブ二次代謝産物の高機能化
    (日本農芸化学会中四国支部第18回講演会 2007)
  • 微生物変換によるオリーブ成分の高機能化
    (2007)
  • Verticillium sp. F40株が生産する新規 β-N-acetylglucosaminidase阻害剤
    (日本農芸化学会2007年度大会 2007)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1986 京都大学 農芸化学
  • - 1986 京都大学
  • - 1981 京都大学 農芸化学科
  • - 1981 京都大学
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2018 - 現在 - 岡山大学環境生命科学研究科 教授
  • 2018 - 現在 - Professor,Graduate School of Environmental and life Science,Okayama University
  • 2017 - 2018 岡山大学岡山大学 理事・副学長
  • 2017 - 2018 Executive Director and Vice President,Okayama University,Okayama University
  • 2012 - 2017 岡山大学環境生命科学研究科 教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019 - 現在 日本農芸化学会 監事
  • 2012 - 現在 おかやまバイオアクティブ研究会 会長
  • 2013 - 日本農芸化学会 広報委員会委員
受賞 (1件):
  • 2000 - 日本生物工学会斎藤賞
所属学会 (6件):
おかやまバイオアクティブ研究会 ,  日本農薬学会 ,  日本放線菌学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る