研究者
J-GLOBAL ID:200901065341668290   更新日: 2020年01月09日

宮崎 恵子

MIYAZAKI Keiko
所属機関・部署:
職名: シミュレータ研究グループ長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 国際連携センター  シミュレータ研究グループ長
研究分野 (1件): 船舶海洋工学
研究キーワード (4件): 安全性評価 ,  ヒューマンファクター ,  操船シミュレータ ,  バリアフリー
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2013 - 2015 離島の交通支援のためのシームレス小型船システムの開発
論文 (15件):
  • 宮崎 恵子他. Study on compact barrier-free lavatories for small passenger ships. Proceedings of 15th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled Persons(TRANSED 2018). 2018
  • 宮崎 恵子. スマートフォンアプリを用いた小型船舶向け航行支援システム. 自動車技術. 2018. 72. 3
  • 宮崎 恵子他. Effectiveness and feasibility of active ventilation of a totally enclosed lifeboat. Transactions of Navigation. 2017. 2. 2. 35-42
  • 宮崎 恵子. 海上交通における安全対策. 日本信頼性学会機関誌「信頼性」. 2017. 39. 4. 173-178
  • 宮崎 恵子. シームレス小型船システムの研究-離島航路のための海陸乗換え不要の新交通システム-. 海上技術安全研究所報告. 2017. 16. 4
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 小型高速旅客船の省エネ運航に関する調査について
    (鉄道建設・運輸施設整備支援機構 SES技術セミナー 2014)
  • シームレス小型船システムの研究-離島航路のための海陸連携交通システムの開発-
    (国土交通省交通運輸技術フォーラム 2016)
  • Overview of research and development of autonomous ships
    (Geo-spatial and space technology consortium for innovative social services 2017)
  • ISO standards for life-saving appliances relating to Polar Code
    (ISO/TC 8/SC 1/WG 1 Panama meeting 2018 2018)
  • 日本主導によるISO規格の制定について
    ((一財)日本船舶技術研究協会 第12回舶用品標準化推進協議会/標準化セミナー 2019)
学歴 (1件):
  • - 1987 横浜国立大学 工学部 船舶海洋工学科
学位 (1件):
  • 工学博士
委員歴 (3件):
  • 2014/09 - 2020/09 日本学術会議 連携会員
  • 2016 - 日本機械学会 広報情報理事
  • 2010 - 日本機械学会 交通・物流部門部門長
受賞 (2件):
  • 1987 - 日本造船学会奨学褒賞受賞
  • 1994 - 日本航海学会奨励賞受賞
所属学会 (3件):
日本航海学会 ,  日本船舶海洋工学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る