研究者
J-GLOBAL ID:200901067201235702   更新日: 2020年05月12日

竹内 康

Takeuchi Yasushi
論文 (68件):
  • JOMOTO,Masakazu, TAKEUCHI, Yasushi, AOKI,Masashige. Examination on road surfacelower cavity investigation method using portable FWD and GPR. Proceedings of 8th Japan-China Workshop on Pavement Technologies. 2018. 8. 1-12
  • 青木政樹, 竹内康, 城本政一, 川名太. 遊具からの落下に対する安全性を考慮した歩行者系舗装の表層材厚さの設計法の提案. 土木学会論文集E1(舗装工学). 2017. 73. 3. I_45-I_51
  • 川名 太, 渡邉 真一, 竹内 康, 松井 邦人. 最大たわみを用いた動的逆解析 の舗装構造評価への適用性検討. 土木学会論文集E1(舗装工学). 2017. 73. 3. I_19-I_26
  • KOJI WATANABE, FUTOSHI KAWANA, YASUSHI TAKEUCHI. Development of a Device for Measuring the Load Bearing Capacity of a Farm Road. International Journal of Environmental and Rural Development. 2017. 8. 1. 49-55
  • 青木雅樹, 竹内康, 城本政一, 川名太. 衝撃吸収性を考慮した歩行者系舗装の構造設計方法の適用性に関する実験的検証. 土木学会論文集E1(舗装工学). 2016. 72. 3. I_187-I_193
もっと見る
MISC (13件):
  • 佐藤研一, 木幡行宏, 平川大貴. 舗装と交通荷重に関する地盤工学-路床・路盤の材料・力学特性-. 地盤工学会誌. 2008. 56. 12
  • 吉田信之, 八谷好高, 関根悦夫. 舗装と交通荷重に関する地盤工学-舗装と交通荷重における地盤工学概論-. 地盤工学会誌. 2008. 56. 10
  • 竹内 康. 舗装考:少子化時代の大学教育を考える. 舗装. 2006. 41. 3
  • 高速道路調査会. 平成15年度 舗装の路面管理基準に関する検討 報告書. 財団法人 高速道路調査会. 2004
  • 小梁川雅, 西沢辰男, 遠藤桂. 粒状路盤材料の繰返し塑性解析に関する一検討. 舗装. 2004. 39. 3
もっと見る
書籍 (19件):
  • 舗装点検要領に基づく舗装マネジメント指針
    (公社)日本道路協会 2018 ISBN:9784889503364
  • インターロッキングブロック舗装設計施工要領
    (一社)インターロッキングブロック舗装技術協会 2017
  • 舗装工学ライブラリー11 歩行者系舗装入門
    (公社)土木学会 2014 ISBN:9784810608564
  • 新版 地域環境科学概論
    理工図書 2014 ISBN:9784844608257
  • 舗装工学ライブラリー10 路面テクスチャとすべり
    (公社)土木学会 2013 ISBN:9784810606775
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • 水田を対象としたクリンカアッシュによる窒素除去機能の評価
    (日本水環境学会年会講演集 2010)
  • コンクリート舗装の目地およびひび割れ部における動的挙動
    (第64回土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) 2009)
  • 小型FWDを用いた歩道舗装の硬さ評価に関する研究
    (第64回土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) 2009)
  • コンクリート舗装の目地部およびひび割れ部における静的挙動に関する検討
    (第64回土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) 2009)
  • 普通コンクリート舗装の鉄網に関する一検討
    (第64回土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) 2009)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る