研究者
J-GLOBAL ID:200901067282382917   更新日: 2020年09月01日

権田 幸祐

ゴンダ コウスケ | Gonda Kohsuke
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f90e3d4003fc0b2d6beb42050f11ef18.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f90e3d4003fc0b2d6beb42050f11ef18.html
研究分野 (4件): 量子ビーム科学 ,  放射線科学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  ナノバイオサイエンス
研究キーワード (11件): 薬効 ,  治療 ,  診断 ,  ナノ粒子 ,  蛍光 ,  X線 ,  動脈硬化症 ,  がん ,  イメージング ,  放射線学 ,  ナノ医療
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2019 リンパ節がん微小転移の高精度診断法の開発
  • 2013 - 2018 ナノバイオ材料を用いた高分解能イメージングによるがん生物学の主要分子機序の解明
  • 2016 - 2018 がんの検出と治療の効果を同時に併せ持つナノ粒子造影剤の開発
  • 2011 - 2016 がんリンパ行性転移の分子機構解明に基づく新治療法創発
  • 2012 - 2015 エピジェネティック異常の超高精度蛍光イメージングによるがん悪性度診断法開発
全件表示
論文 (78件):
  • Kohsuke Gonda, Hiroshi Negishi, Mayumi Takano-Kasuya, Narufumi Kitamura, Naoko Furusawa, Yasushi Nakano, Yoh Hamada, Masayuki Tokunaga, Hideo Higuchi, Hiroshi Tada, et al. Heterogeneous Drug Efficacy of an Antibody-Drug Conjugate Visualized Using Simultaneous Imaging of Its Delivery and Intracellular Damage in Living Tumor Tissues. Translational Oncology. 2020. 13. 6. 100764-100764
  • Tomu Suzuki, Shinji Kajimoto, Narufumi Kitamura, Mayumi Takano-Kasuya, Naoko Furusawa, Yasushi Nakano, Hiroshi Fukumura, Kohsuke Gonda, Takakazu Nakabayashi. A millisecond structured illumination microscope for super-resolution live cell imaging. Applied Physics Express. 2020. 13. 4. 045002 (4 page)
  • Guo Z, Tada H, Kitamura N, Hamada Y, Miyashita M, Harada-Shoji N, Sato A, Hamanaka Y, Tsuboi K, Harada N, et al. Automated Quantification of Extranuclear ERα using Phosphor-integrated Dots for Predicting Endocrine Therapy Resistance in HR+/HER2- Breast Cancer. Cancers. 2019. 11. 4
  • Yoshitaka Koseki, Yoshikazu Ikuta, Liman Cong, Mayumi Takano-Kasuya, Hiroshi Tada, Mika Watanabe, Kohsuke Gonda, Takanori Ishida, Noriaki Ohuchi, Keita Tanita, et al. Influence of hydrolysis susceptibility and hydrophobicity of Sn-38 nano-prodrugs on their anticancer activity. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2019. 92. 8. 1305-1313
  • Electron microscopy observations of the Au nanorods and Au nanorod/SiO2 nanocapsules. Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy. 2019. 66. 210-214
もっと見る
MISC (72件):
  • 権田幸祐, 中野寧, 多田寛, 石田孝宣. 超高輝度蛍光ナノ粒子を用いたイメージングによるがん抗体医薬の薬効予測診断. 化学工業. 2019. 5月号. 42-47
  • Narufumi Kitamura, Hiroshi Tada, Kohsuke Gonda. Quantification of protein heterodimers by using fluorescent nanoparticles for breast cancer diagnosis. CANCER SCIENCE. 2018. 109. 521-521
  • 北村 成史, 多田 寛, 権田 幸祐. 乳がん診断技術への応用を指向した蛍光ナノ粒子によるタンパク質ヘテロダイマーの定量(Quantification of protein heterodimers by using fluorescent nanoparticles for breast cancer diagnosis). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 557-557
  • 権田幸祐. 蛍光ナノ粒子を用いたがん組織の高感度定量イメージング. がん分子標的治療. 2018. 16. 3. 59-64
  • 権田幸祐, 古澤直子, 中野寧, 小林芳男. 【in vivoイメージングとセラノスティクスの新展開】 がん病態の定量的ナノバイオイメージング. Drug Delivery System. 2018. 33. 3. 179-189
もっと見る
特許 (58件):
書籍 (6件):
  • Sol-Gel Science and Technology
    Springer International Publishing 2016
  • マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例
    技術情報協 2014
  • 1分子生物学
    化学同人 2014
  • 先端バイオマテリアルハンドブック
    NTS出版 2012
  • 乳癌 テーラーメード治療の理論と実践
    金原出版 2009
もっと見る
経歴 (5件):
  • 2013 - 現在 東北大学 大学院医学系研究科 教授
  • 2012 - 2013 東北大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 2009 - 2012 東北大学 大学院医学系研究科 講師
  • 2005 - 2009 東北大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2005 - 2008 東北大学 先進医工学研究機構 助教
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 ナノ学会 理事
  • 2011/04 - 現在 日本ナノメディシン交流協会 理事
受賞 (2件):
  • 2018/06 - 日本写真学会 技術賞 蛍光ナノ粒子を用いた高感度タンパク質定量in vitro/in vivoイメージング技術
  • 2010/03 - コニカミノルタ画像科学振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞 In vivo ナノイメージング法を用いた抗がん剤の開発
所属学会 (4件):
日本バイオマテリアル学会 ,  日本生物物理学会 ,  ナノ学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る