研究者
J-GLOBAL ID:200901067282382917   更新日: 2022年07月04日

権田 幸祐

ゴンダ コウスケ | Gonda Kohsuke
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f90e3d4003fc0b2d6beb42050f11ef18.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f90e3d4003fc0b2d6beb42050f11ef18.html
研究分野 (3件): 放射線科学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  ナノバイオサイエンス
研究キーワード (12件): がん ,  動脈硬化症 ,  診断 ,  治療 ,  薬効 ,  蛍光 ,  X線 ,  放射光 ,  ナノ粒子 ,  イメージング ,  ナノ医療 ,  放射線科学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2022 腫瘍血管特異的な放射線治療による新たながん兵糧攻め療法の開発
  • 2021 - 2022 薬剤による腫瘍血管の病態変化を可視化する技術開発
  • 2020 - 2021 薬剤による腫瘍血管の病態変化を可視化する技術開発
  • 2016 - 2019 リンパ節がん微小転移の高精度診断法の開発
  • 2013 - 2018 ナノバイオ材料を用いた高分解能イメージングによるがん生物学の主要分子機序の解明
全件表示
論文 (79件):
  • Yukina Kobayashi, Michi Nagatsuka, Keisuke Akino, Noriko Yamauchi, Kouichi Nakashima, Tomoya Inose, Chihiro Nishidate, Keisuke Sato, Kohsuke Gonda, Yoshio Kobayashi. Development of methods for fabricating nanoparticles composed of magnetite, gold, and silica toward diagnostic imaging. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2022. 643. 128773-128773
  • Mayu Tayama, Tomoya Inose, Noriko Yamauchi, Kouichi Nakashima, Masayuki Tokunaga, Chihiro Kato, Kohsuke Gonda, Yoshio Kobayashi. Fabrication and fluorescence imaging properties of indocyanine green-loaded poly(lactic-co-glycolic acid) nanoparticles. Colloid and Polymer Science. 2021. 299. 8. 1271-1283
  • M. Tayama, T. Inose, N. Yamauchi, K. Nakashima, M. Tokunaga, C. Kato, K. Gonda, Y. Kobayashi. Fabrication of gold-immobilized quantum dots/silica core-shell nanoparticles and their multimodal imaging properties. Particulate Science and Technology. 2021. 1-9
  • Norikazu Une, Mayumi Takano-Kasuya, Narufumi Kitamura, Mineto Ohta, Tomoya Inose, Chihiro Kato, Ryuichi Nishimura, Hiroshi Tada, Shigehito Miyagi, Takanori Ishida, et al. The anti-angiogenic agent lenvatinib induces tumor vessel normalization and enhances radiosensitivity in hepatocellular tumors. Medical oncology (Northwood, London, England). 2021. 38. 6. 60-60
  • Tomoya Inose, Narufumi Kitamura, Mayumi Takano-Kasuya, Masayuki Tokunaga, Norikazu Une, Chihiro Kato, Mayu Tayama, Yukina Kobayashi, Noriko Yamauchi, Daisuke Nagao, et al. Development of X-ray contrast agents using single nanometer-sized gold nanoparticles and lactoferrin complex and their application in vascular imaging. Colloids and surfaces. B, Biointerfaces. 2021. 203. 111732-111732
もっと見る
MISC (35件):
もっと見る
特許 (58件):
書籍 (7件):
  • Functionalized nanomaterials II (1st Edition)
    Engineering & Technology, Physical Sciences 2021
  • Handbook of Sol-Gel Science and Technology
    Springer International Publishing 2016
  • マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例
    技術情報協 2014
  • 1分子生物学
    化学同人 2014
  • 先端バイオマテリアルハンドブック
    NTS出版 2012
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2013 - 現在 東北大学 大学院医学系研究科 教授
  • 2012 - 2013 東北大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 2009 - 2012 東北大学 大学院医学系研究科 講師
  • 2005 - 2009 東北大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2005 - 2008 東北大学 先進医工学研究機構 助教
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 ナノ学会 理事、ナノバイオ・メディシン部会・部会長
  • 2011/04 - 現在 日本ナノメディシン交流協会 理事
受賞 (2件):
  • 2018/06 - 日本写真学会 技術賞 蛍光ナノ粒子を用いた高感度タンパク質定量in vitro/in vivoイメージング技術
  • 2010/03 - コニカミノルタ画像科学振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞 In vivo ナノイメージング法を用いた抗がん剤の開発
所属学会 (4件):
日本バイオマテリアル学会 ,  日本生物物理学会 ,  ナノ学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る