研究者
J-GLOBAL ID:200901069166245492   更新日: 2020年09月09日

大谷 直毅

オオタニ ナオキ | Ohtani Naoki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): ナノ構造物理 ,  電気電子材料工学 ,  電子デバイス、電子機器
研究キーワード (12件): 色素増感太陽電池 ,  ゾルゲル ,  酸化物 ,  化合物半導体 ,  量子井戸 ,  量子ドット ,  有機無機ハイブリッド材料 ,  光デバイス ,  窒化炭素 ,  光触媒 ,  発光ダイオード ,  半導体光物性
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2019 植物から抽出した天然カロテノイド系色素を用いる有機発光ダイオードの高性能化
  • 2013 - 2016 植物から抽出した天然色素を用いる有機発光ダイオードの開発
  • 2009 - 2012 高効率な微小リング共振器を有するマイクロチューブレーザの開発
  • 2010 - 2011 紫外領域で動作する高分子有機ELの開発
  • 2006 - 2009 非可視光領域で動作する新規有機ナノ構造光学材料の開発
全件表示
論文 (160件):
もっと見る
MISC (27件):
  • 大谷 直毅. 無機有機ハイブリッドEL材料を用いた塗布型多層有機EL素子の作製. 月刊ディスプレイ. 2012. 18. 9. 26-30
  • 大谷 直毅. 紫外領域で動作する高分子発光ダイオード. 月刊マテリアルステージ. 2010. 4-5
  • 大谷 直毅. 紫外高分子発光ダイオードの長寿命化と短波長動作. 同志社大学理工学研究所研究所報. 2010. 9. 10
  • 大谷 直毅. 超高密度量子ドット作製技術. 未来材料. 2009. 9. 7. 26-31
  • 大谷 直毅. 大容量光通信システムに用いられる面発光レーザの開発. 同志社工学会報. 2006. 48. 8-13
もっと見る
特許 (13件):
  • 有機ー無機ハイブリッド材料及びその用途ならびに有機ー無機ハイブリッド薄膜の製造方法
  • 分散性窒化炭素の製造方法、これを用いた窒化炭素分散液の製造方法及び発光素子の製造方法
  • 窒化炭素分散液及びこれを用いた窒化炭素膜の成膜方法
  • 有機発光ダイオード
  • 有機発光ダイオードおよびその製造方法
もっと見る
書籍 (1件):
  • 基礎から学ぶ半導体電子デバイス
    森北出版株式会社 2019 ISBN:4627776217
講演・口頭発表等 (68件):
  • Preparation of carbon nitride thin films alginate gel for application to water decomposition by photocatalytic effect
    (The 3rd International Symposium on Recent Progress of Energy and Environmental Photocatalysis 2019)
  • Influence of strong acid on structural and photoluminescence properties of nano-amorphous graphitic carbon nitride dispersed in nitric acid
    (The 9th Asia-Pacific Workshop on Widegap Semiconductors 2019)
  • Fabrication of organic-inorganic hybrid thin films by sol-gel processusing metal-alkoxide
    (The 7th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2019) 2019)
  • Study of isolation method of green fluorescent pigments contained in cherry tomatoes using column chromatography
    (The 7th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2019) 2019)
  • Separation of blue fluorescent pigments contained in Fraxinus lanuginosa f. serrata using reverse-phase column chromatography and investigation of luminescent properties
    (The 7th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2019) 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 工学博士 (北海道大学)
  • 工学修士 (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2011/04 - 現在 同志社大学 理工学部 教授
  • 2005/04 - 2011/03 同志社大学 工学部 助教授
  • 2001/04 - 2005/03 独立行政法人 通信総合研究所 基礎先端部門 光エレクトロニクスグル-プ グループリーダー
  • 2001 - 2005 Communications Research Laboratory, Leader of research group
  • 1994/04 - 2001/03 株式会社ATR研究所 光電波通信研究所 通信デバイス研究室 客員研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2003/04 - 現在 総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 専門委員
  • 2012/07 - 2013/07 18th International Conference on Electron Dynamics in Semiconductors, Optoelectronics and Nanostructures (EDISON) Program committee
受賞 (1件):
  • 2015 - IEDMS2015 Best Paper Award
所属学会 (3件):
応用物理学会 ,  日本ゾルゲル学会 ,  有機EL討論会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る