研究者
J-GLOBAL ID:200901071160619565   更新日: 2020年10月20日

木村 尚紀

キムラ ヒサノリ | Kimura Hisanori
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): http://www.bosai.go.jp/http://www.bosai.go.jp/e/
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (2件): 即時震源解析手法の高度化 ,  関東および周辺の地殻構造・地殻活動
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2023 地震・津波予測技術の戦略的高度化研究
  • 2011 - 2016 基盤的な高精度地震火山観測研究
  • 2006 - 2011 地震観測データを利用した地殻活動の評価及び予測に関する研究
論文 (19件):
MISC (15件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • Construction of short-term slow slip event catalog detected automatically from tilt and strain data within the Nankai subduction zone, Japan
    (Joint Sci. Assembly of IAG-IASPEI 2017, J06-P-02 2017)
  • Quality control of tilt and strain data for automated detection of slow slip events within the Nankai subduction zone, Japan
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2017, SSS04-P27 2017)
  • A rapid calculation system for tsunami propagation in Japan by using the AQUA-MT/CMT solutions
    (AGU 2017 Fall meeting, NH23A-0202 2017)
  • Plate boundary property of the Philippine Sea plate revealed from later phase analysis beneath southwestern Ibaraki and northwestern Chiba prefectures, central Japan
    (Joint Sci. Assembly of IAG-IASPEI 2017, J08-P-09 2017)
  • The small Boso slow slip event in 2000 detected by small repeating earthquakes
    (Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl., T11C-1840 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 1996/04 - 現在 防災科学技術研究所
受賞 (3件):
  • 2011/03 - Tectonophysics, Elsevier Top50最多被引用論文賞 Tectonophysics 2006/01-2011/02 Repeating earthquake activities associated with the Philippine Sea plate subduction in the Kanto district, central Japan: A new plate configuration revealed by interplate aseismic slips Tectonophysics, Volume 417, Issue 1-2 (2006), Pages 101-118
  • 2008/03 - 日本地震学会 2007年度論文賞 高精度即時震源パラメータ解析システム(AQUA)の開発
  • 2007/04 - 防災科学技術研究所 理事長表彰
所属学会 (5件):
SEG ,  アメリカ地球物理学会 ,  地球電磁気・地球惑星圏学会 ,  物理探査学会 ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る