研究者
J-GLOBAL ID:200901075076247844   更新日: 2020年08月30日

寺坂 宏一

テラサカ コウイチ | Koichi Terasaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.applc.keio.ac.jp/~terasaka/http://www.applc.keio.ac.jp/~terasaka/index-en.html
研究分野 (1件): 移動現象、単位操作
研究キーワード (2件): 気泡・液滴分散工学 ,  ファインバブルサイエンス
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2012 - 2313 宇部興産の新規研究へのマイクロバブル応用技術
  • 2017 - 2020 ファインバブルサイエンス構築にむけた革新的物性計測技術の国際研究開発
  • 2014 - 2017 ファインバブルの機能性解明と産業基盤技術の構築
  • 2014 - 2015 気泡塔を利用したスマートグリット装置の開発
  • 2014 - 2014 第2回マルチスケール多相プロセス工学国際シンポジウム
全件表示
論文 (100件):
  • Ohde D, Thomas B, Matthes S, Percin Z, Engelmann C, Bubenheim P, Terasaka K, Schlüter M, Liese A. Fine Bubble-based CO2 Capture Mediated by Triethanolamine Coupled to Whole Cell Biotransformation. Chemie-Ingenieur-Technik. 2019. 91. 12. 1822-1826
  • Kanai Y, Terasaka K, Fujioka S. Synthesis, kinetic study, and reaction mechanism of Li4SiO4 with CO2 in a slurry bubble column reactor. Chemical Engineering Communications. 2019. 207. 5. 598-611
  • Tanaka S, Kastens S, Fujioka S, Schlüter M, Terasaka K. Mass transfer from freely rising microbubbles in aqueous solutions of surfactant or salt. Chemical Engineering Journal. 2019. 387
  • 金井由悟, 寺坂 宏一, 藤岡 沙都子, 福永 健一郎. Absorption of carbon dioxide at high temperature with molten alkali carbonate using bubble column reactor. Journal of Chemical Engineering of Japan. 2019. 52. 1. 31-40
  • 寺坂 宏一. ファインバブルテクノロジーの発展と展望. 粉体技術. 2018. 10. 11. 44-48
もっと見る
MISC (3件):
  • 寺坂 宏一. 次代を拓く!産業イノベーションセミナーを開催. 神戸商工だより. 2015. 725. 13-13
  • 寺坂 宏一. ファインバブル技術の最前線. 日本エネルギー学会誌. 2014. 93. 11. 1022-1024
  • 寺坂 宏一. ファインバブル技術のトレンドと課題. 化学工学. 2014. 78. 9. 580-584
特許 (15件):
もっと見る
書籍 (17件):
  • ファインバブル入門
    日刊工業新聞社 2016
  • 気泡・分散系現象の基礎と応用
    三恵社 2016
  • 流体移動解析
    朝倉書店 2011 ISBN:9784254256017
  • マイクロバブル・ナノバブルの最新技術II
    シーエムシー出版 2010 ISBN:9784781302447
  • 「マイクロ・ナノバブルとソノプロセス」 -いろいろ使える「微細泡」の驚異の作用-
    (株)ティー・アイ・シィー 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (315件):
  • 2D14 Effect of storage temperature on the colloidal stability of ultrafine bubbles in pure water
    (OKINAWA COLLOIDS 2019 2019)
  • Ultrafine Bubble Stability During Aquaculture Nutrient Distribution
    (Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles 2019)
  • An Introduction to Fine Bubble Applications
    (Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles 2019)
  • Ultrafine bubble formation by spray injection from pressurized container
    (Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles 2019)
  • Separation, dilution and concentration of ultrafine bubbles in water
    (Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles 2019)
もっと見る
Works (209件):
  • 超微細な泡(ファインバブル)が暮らしと企業を変える
    寺坂宏一 2016 - 現在
  • 「小さな泡、脚光 浮かばず消えず、不思議な力」
    寺坂 宏一 2016 - 現在
  • 大学の勉強ってこんなにおもしろい!極小の泡×日常生活 泡の力でより良い暮らしをつくり出す
    寺坂 宏一 2015 - 現在
  • 次代を拓く!産業イノベーションセミナーを開催
    寺坂 宏一 2015 - 現在
  • NHK高知放送「四国羅針盤」
    寺坂宏一 2015 - 現在
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1991 - 慶應義塾 理工学研究科 応用化学専攻
  • 1986 - 慶應義塾 工学研究科 応用化学専攻
  • 1984 - 慶應義塾 工学部 応用化学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (慶應義塾)
  • 工学博士 (慶應義塾)
経歴 (42件):
  • 2018/04/01 - 現在 慶應義塾大学 理工学研究科委員
  • 2017/02 - 現在 ドイツ研究振興協会 メルカトル・フェロー
  • 2016/09/01 - 現在 ハンブルク工科大学 客員研究員
  • 2015/04/01 - 現在 ファインバブル学会連合 評議員
  • 2015/04/01 - 現在 ファインバブル学会連合 理事長
全件表示
委員歴 (100件):
  • 2017/04/01 - 現在 ファインバブル産業会 認証委員会委員長
  • 2017/04/01 - 現在 ファインバブル産業会 認証委員会委員長
  • 2015/05/20 - 現在 ファインバブル産業会 認証委員会委員
  • 2012/07/23 - 現在 ファインバブル産業会 理事
  • 2012/04/01 - 現在 ファインバブル産業会 標準化委員会委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020/05/10 - John Wiley & Sons Pte Ltd TOP DOWNLOADED PAPER 2018-2019 in Chemie Ingenieur Technik Fine Bubble-based CO2 Capture Mediated by Triethanolamine Coupled to Whole Cell Biotransformation
  • 2015/08/24 - 日本食品工学会 日本食品工学会優秀ポスター発表賞 CFDシミュレーションを用いた乳化用スタティックミキサーの開発
  • 2015/08 - 日本食品工学会 日本食品工学会第16回年次大会優秀ポスター発表賞 CFDシミュレーションを用いた乳化用スタティックミキサーの開発
  • 2014/10/05 - Elsevior Chemical Engineering Science, Award of Top Cited Papers for 2011 & 2012
  • 2014/03/18 - 化学工学会 化学工学会研究賞 實吉雅郎記念賞
全件表示
所属学会 (12件):
化学工学会 ,  日本混相流学会 ,  分離技術会 ,  日本食品工学会 ,  化学工学会粒子流体プロセス部会熱流体分科会 ,  日本混相流学会研究企画委員会研究分科会 ,  化学工学会 ,  化学工学会 ,  日本混相流学会混相流技術リエゾン専門委員会 ,  日本ソノケミストリー学会 ,  化学工学会リエゾン委員会 学情報リエゾンチーム ,  ファインバブル学会連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る