研究者
J-GLOBAL ID:200901075276166717   更新日: 2020年08月27日

佐野 訓明

サノ クニアキ | Sano Kuniaki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://nbgp.med.okayama-u.ac.jp/http://nbgp.med.okayama-u.ac.jp/
研究分野 (4件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (2件): 神経科学一般 ,  Neuro Science in General
MISC (37件):
特許 (4件):
  • 負の超らせんDNA結合ドメイン
  • 負の超らせんDNA結合ドメイン
  • 負の超らせんDNA結合ドメイン
  • 負の超らせんDNA結合ドメイン
書籍 (3件):
  • Catalase gene mutant mice; Acatalasemic and hypocatalasemic mice. In “Advances in Medicine and Biology”
    NOVA Science publishers 2013
  • 細胞核のダイナミクス
    シュプリンガー・フェアラーク東京,東京 2004
  • 廣川タンパク質化学 第4巻 酵素 4.5イソメラーゼ・リガーゼ
    廣川書店 2003
講演・口頭発表等 (76件):
  • 神経細胞終末分化過程でのDNAトポイソメラーゼIIβによるグローバルなクロマチン構造変換を介した遺伝子発現制御機構
    (第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会 2016)
  • DNAトポイソメラーゼIIαのC末端領域による酵素反応制御機構の解析
    (BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) 2015)
  • DNAトポイソメラーゼIIβは遺伝子間領域に作用し遠隔ゲノム部位間の相互作用を媒介する
    (BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) 2015)
  • Structural modeling of negatively-supercoiled DNA recognition peptide complexed with crossover DNA
    (BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) 2015)
  • hnRNPU/SAF-A/SP120とDNAトポイソメラーゼIIβ複合体による神経細胞核のグローバルなクロマチン構造変換
    (BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) 2015)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1997 岡山大学 生体調節科学専攻
  • - 1997 岡山大学
  • - 1994 岡山大学 製薬化学専攻
  • - 1994 岡山大学
  • - 1992 岡山大学 薬学科
全件表示
学位 (3件):
  • Bachelor of Pharmacy (岡山大学)
  • 博士(薬学) (岡山大学)
  • 薬学修士 (岡山大学)
経歴 (2件):
  • 2004 - - 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教
  • 2004 - - Assistant Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University
受賞 (1件):
  • 2009 - 岡山医学会賞(新見賞)
所属学会 (9件):
日本生化学会 ,  日本神経科学会 ,  日本分子生物学会 ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY ,  THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY ,  THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る