研究者
J-GLOBAL ID:200901076682663949   更新日: 2021年10月18日

船造 俊孝

フナヅクリ トシタカ | Funazukuri Toshitaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00016933.html
研究分野 (2件): 移動現象、単位操作 ,  環境材料、リサイクル技術
研究キーワード (10件): ケミカルリサイクル、ポリマー ,  拡散、超臨界流体 ,  ポリマー ,  ケミカルリサイクル ,  超臨界流体 ,  拡散 ,  polymer ,  chemical recycling ,  Supercritical ,  Diffusion
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2004 - ポリエステル類のケミカルリサイクル
  • 2004 - Chemical recycling of polyesters
  • 1997 - 高圧流体を用いた資源化技術
  • 1997 - 高圧下における化学反応と物質移動
  • 1983 - 拡散係数の測定
全件表示
論文 (14件):
  • A. J, X. Lai, A. N. Basha, L. S. Tan, T. Tsuji, T. Hoshina, T. Funazukuri, R. Bharath. Evaluation of Henry constant for gas / gas mixture in pure and solvent mixture using simple functional mixing rule. Materials Science and Engineering. 2021. 1051. 012086
  • J. Sakabe, Y. Kimura, J. Endo, T. Funazukuri. Debromination of tetrabromobisphenol A in aqueous amine solutions under hydrothermal conditions. Journal of Water Process Engineering. 2020. 38. 101553
  • C. Y. Kong, K. Sugiura, S. Natsume, J. Sakabe, T. Funazukuri, K. Miyake, I. Okajima, S. Badhulika, T. Sako. Measurements and correlation of diffusion coefficients of ibuprofen in both liquid and supercritical fluids. The Journal of Supercritical Fluids. 2020. 159. 104776
  • C. Y. Kong, K. Sugiura, T. Funazukuri, K. Miyake, I. Okajima, S. Badhulika, T. Sako, Takeshi. The retention factors and partial molar volumes of ibuprofen at infinite dilution in supercritical carbon dioxide at T= (308.15, 313.15, 323.15, 333.15, 343.15 and 353.15) K. Journal of Molecular Liquids. 2019. 296. 111849
  • H. Matsuda, K. Tochigi, K. Kurihara, T. Funazukuri, V. K. Rattan. Estimation of kinematic viscosities at high pressures for binary mixtures CO2 + solvent using modified Eyring-Wilson and McAllister models. Molecular Physics. 2019. 117. 23-24. 3913-3921
もっと見る
MISC (285件):
特許 (2件):
書籍 (21件):
  • 超臨界流体を用いる合成と加工
    シーエムシー出版 2017
  • 物性推算とその応用(最近の化学工学65)
    化学工学会 2016
  • 化学工学物性測定マニュアル
    分離技術会 2015
  • Recycling Materials Based on Environmentally Friendly Techniques
    InTech 2015
  • Recycling Materials Based on Environmentally Friendly Techniques
    InTech 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (607件):
  • 高圧CO2+Methanol混合流体中でのPhenolの無限希釈拡散係数の測定
    (第50回化工秋季大会 2018)
  • 3成分水溶液系動粘度の修正Eyring-活量係数式による推算
    (第50回化工秋季大会 2018)
  • 熱水条件下での希薄アルカリ水溶液を用いたろ紙の加水分解におよぼす反応条件の影響
    (第50回化工秋季大会 2018)
  • Poly(butylene terephthalate)の熱水解重合での生成物収率に対する添加アミン種の影響
    (第50回化工秋季大会 2018)
  • アミン添加熱水を用いた4-Fluoronitrobenzeneの脱フッ素化におよぼす反応条件の影響
    (第50回化工秋季大会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1983 University of Waterloo Chemical Engineering
学位 (2件):
  • Ph.D. (ウォータールー大学大学院)
  • Doctor of Philosophy (University of Waterloo, Graduate School)
経歴 (4件):
  • 2000/04 - 中央大学理工学部教授
  • 2000/04 - ~ 中央大学理工学部教授
  • 1997/04 - 2000/03 中央大学理工学部助教授
  • 1983/04 - 1997/03 横浜国立大学工学部助手
委員歴 (4件):
  • 2013 - 化学工学会 Journal of Chemical Engineering of Japan 英文論文誌編集委員
  • 2009 - アメリカ化学工学会 超臨界流体部会部会長
  • 2009 - American Institute of Chemical Engineers Chairman of Division of Supercritical Fluids
  • 1999 - プラスチック化学リサイクル研究会 幹事
受賞 (2件):
  • 2010/03 - 化学工学会 化学工学会研究賞 超臨界流体中における拡散係数の測定と相関
  • 2010 - Research Award
所属学会 (11件):
化学工学会 ,  日本木材学会 ,  廃棄物資源循環学会 ,  日本高圧力学会 ,  分離技術会 ,  環境科学会 ,  アメリカ化学工学会 ,  プラスチック化学リサイクル研究会 ,  アメリカ化学会 ,  アメリカ化学工学会 ,  アメリカ化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る