研究者
J-GLOBAL ID:200901079806682040   更新日: 2020年08月31日

西原 宏史

ニシハラ ヒロフミ | Nishihara Hirofumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.ibaraki.ac.jp/http://www.ibaraki.ac.jp/
研究分野 (2件): 応用生物化学 ,  応用微生物学
研究キーワード (1件): 水素酸化細菌、水素酸化酵素、ヒドロゲナーゼ、水素、燃料電池触媒、バイオプロセスによる有用物質生産、バイオ産業技術
論文 (53件):
  • Shomura, Y, Taketa, M, Nakashima, H, Tai, H, Nakagawa, H, Ikeda, Y, Ishii, M, Igarashi, Y, Nishihara, H, Yoon, K. S, et al. Structural basis of the redox switches in the NAD-reducing soluble [NiFe]-hydrogenase. Science. 2017. 357. 928-932
  • Sotaro Fujii, Hiroya Oki, Kazuki Kawahara, Daisuke Yamane, Masaru Yamanaka, Takahiro Maruno, Yuji Kobayashi, Misa Masanari, Satoshi Wakai, Hirofumi Nishihara, et al. Structural and functional insights into thermally stable cytochrome c' from a thermophile. PROTEIN SCIENCE. 2017. 26. 4. 737-748
  • Nguyen, H. T, Hirano, S, Arai, H, Nishihara, H, Ishii, M. Transcriptome profiles of central carbon metabolism under autotrophic, heterotrophic, and mixotrophic conditions in Hydrogenophilus thermoluteolus TH-1. J. Jpn. Soc. Extremophiles. 2017. 16. 2. 27-36
  • Keisei So, Rui Hamamoto, Ryosuke Takeuchi, Yuki Kitazumi, Osamu Shirai, Ryohei Endo, Hirofumi Nishihara, Yoshiki Higuchi, Kenji Kano. Bioelectrochemical analysis of thermodynamics of the catalytic cycle and kinetics of the oxidative inactivation of oxygen-tolerant [NiFe]-hydrogenase. JOURNAL OF ELECTROANALYTICAL CHEMISTRY. 2016. 766. 152-161
  • Noor Dina Muhd Noor, Koji Nishikawa, Hirofumi Nishihara, Ki-Seok Yoon, Seiji Ogo, Yoshiki Higuchi. Improved purification, crystallization and crystallographic study of Hyd-2-type [NiFe]-hydrogenase from Citrobacter sp S-77. ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY COMMUNICATIONS. 2016. 72. 53-58
もっと見る
MISC (4件):
  • 西原宏史. 低炭素社会をめざした好気的水素ガス代謝能の産業利用. バイオサイエンスとインダストリー. 2010. 68. 6. 390-393
  • 西原宏史. 好気性水素酸化細菌の生態および進化系統と利用の可能性. 日本微生物生態学会誌. 2001. 16巻2号. 32-39
  • 西原宏史. ヒドロゲナーゼ研究の最近の動向. バイオ技術によるエネルギー・炭素資源の環境調和型リサイクルシステム, (財)バイオインダストリー協会. 1998. 28-38
  • 西原宏史. 光合成細菌・硫黄酸化細菌・水素酸化細菌の近縁な関係 -RuBiscoと16S rRNAの解析から-. 日本生物工学会誌. 1996. 74. 6. 477
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 「微生物機能を活用した革新的生産技術の最前線 -ミニマムゲノムファクトリーとシステムバイオロジー-」(編集 清水昌ら)、ヒドロゲナーゼ反応のエネルギー供給系への応用
    シーエムシー出版 2007
  • Genus III Hydrogenovibrio Nishihara, Igarashi and Kodama 1991b, 132VP
    Bergey's Manual of Systematic Bacteriology (2nd edn.), The Williams & Wilkins Co., Baltimore 2005
  • Biomass production from carbon dioxide by a marine hydrogen-oxidizing bacterium Hydrogenovibrio marinus
    Biochemical engineering for 2001(Proceedings of Asia-Pacific Biochemical Engineering Conference 1992), Springer-Verlag, Tokyo 1992
  • Biomass production from carbon dioxide by a marine hydrogen-oxidizing bacterium, Hydrogenovibrio marinus
    Microbial utilization of renewable resources(NRCT, NUS, DOST-JSPS Joint Seminor on Biotechnology) 1992
講演・口頭発表等 (84件):
  • 水素酸化細菌の培養特性と独立栄養代謝活性の解析
    (日本農芸化学会2016年度大会 2016)
  • Hydrogenovibrio marinus由来膜結合型ヒドロゲナーゼのRalstonia eutrophaにおける発現
    (第67回日本生物工学会大会 2015)
  • 非白金水素エネルギー変換系につなげるヒドロゲナーゼの電気化学的アプローチ
    (日本農芸化学会2014年度大会 2014)
  • 好気性水素細菌由来の酸素耐性型ヒドロゲナーゼ
    (第8回茨城大学遺伝子実験施設公開シンポジウム“バイオ技術による次世代エネルギー研究最前線” 2014)
  • 水素細菌のヒドロゲナーゼ研究の新展開
    (第65回日本生物工学会大会シンポジウム“無機化合物の微生物変換研究の最前線” 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2012/10 - 東京農工大学教授大学院連合農学研究科(兼職)
  • 2012/10 - 茨城大学教授農学部
  • 2007/04 - 2012/09 茨城大学准教授農学部(職名変更)
  • 2007/04 - 東京農工大学准教授大学院連合農学研究科(兼職・職名変更)
  • 2002/04 - 2007/03 東京農工大学助教授大学院連合農学研究科(兼職)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2016/07/01 - 2017/11/30 日本生物工学会 第69回日本生物工学会大会実行委員、プログラム編成委員
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 日本生物工学会 代議員
受賞 (1件):
  • 2014/11/15 - 日本化学会及び欧文誌編集委員会 BCSJ賞(日本化学会・欧文誌編集委員会) 日本化学会欧文誌(Bulletin of the Chemical Society of Japan)に掲載の論文 Kinetic analysis of inactivation and enzyme reaction of oxygen-tolerant [NiFe]-hydrogenase at direct electron transfer-type bioanode. Bull. Chem. Soc. Jpn., 87 (11): 1177-1185 (2014)
所属学会 (4件):
日本農芸化学会 ,  日本生物工学会 ,  環境バイオテクノロジー学会 ,  日本蛋白質科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る