研究者
J-GLOBAL ID:200901081479727439   更新日: 2021年04月01日

中西 寛

ナカニシ ヒロシ | Nakanishi Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 東京大学  生産技術研究所   リサーチフェロー
  • 大阪大学  ナノサイエンスデザイン教育研究センター(基礎工学研究科、工学研究科)   招へい教授
ホームページURL (1件): https://www.akashi.ac.jp/nakanishi/
研究分野 (8件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  磁性、超伝導、強相関系 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ構造物理 ,  ナノ構造化学 ,  薄膜、表面界面物性 ,  数理物理、物性基礎
研究キーワード (9件): 物性物理学 ,  計算機マテリアルデザイン ,  物理学 ,  計算物質科学 ,  物性理論 ,  表面物理 ,  Computational Physics ,  Surface Physics ,  Theoretical Physics
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2017 - 2023 原子分解能その場観察解析に基づく触媒機能の原理解明と革新的触媒創製
  • 2015 - 2020 元素間融合を基軸とする物質開発と応用展開
  • 2016 - 2019 分子性架橋デバイスのデザインに関する理論的研究
  • 2015 - 2017 量子ダイナミクス理論に基づく革新的省エネルギー水素社会実現の研究開発
  • 2015 - 2016 ナノイオニクス効果の発現機構解明と高酸素イオン伝導材料の知的設計
全件表示
論文 (199件):
  • Susan Menez Aspera, Ryan Lacdao Arevalo, Bhume Chantaramolee, Hiroshi Nakanishi, Hideaki Kasai. PdRuIr Ternary alloy as an Effective NO Reduction Catalyst: Insights from First Principles Calculation. Physical Chemistry Chemical Physics. 2021
  • Junko Matsuda, Tomokazu Yamamoto, Shinji Takahashi, Hiroshi Nakanishi, Kazunari Sasaki, Syo Matsumura. In Situ TEM Investigation of Structural Changes in Ni Nanoparticle Catalysts under Gas Atmospheres: Implications for Catalyst Degradation. ACS Applied Nano Materials. 2021
  • Ryo Kishida, Shosuke Ito, Manickam Sugumaran, Ryan Lacdao Arevalo, Hiroshi Nakanishi, Hideaki Kasai. Density Functional Theory-Based Calculation Shed New Light on the Bizarre Addition of Cysteine Thiol to Dopaquinone. 2021. 22. 3. 1373-1373
  • Koji Shimizu, Wilson Agerico Diño, Hiroshi Nakanishi, Hideaki Kasai, Kotaro Takeyasu, Katsuyuki Fukutani, Ayako Yajima. Dynamical Quantum Filtering via Enhanced Scattering of para-H2 on the Orientationally Anisotropic Potential of SrTiO3(001). Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Daiya Kobayashi, Hirokazu Kobayashi, Dongshuang Wu, Shinya Okazoe, Kohei Kusada, Tomokazu Yamamoto, Takaaki Toriyama, Syo Matsumura, Shogo Kawaguchi, Yoshiki Kubota, et al. Significant Enhancement of Hydrogen Evolution Reaction Activity by Negatively Charged Pt through Light Doping of W. Journal of the American Chemical Society. 2020. 142. 41. 17250-17254
もっと見る
MISC (479件):
特許 (38件):
書籍 (5件):
  • 触媒の劣化対策、長寿命化
    技術情報協会 2020
  • Physics of Surface, Interface and Cluster Catalysis
    Bristol, UK, IOP Publishing 2016
  • 高効率貯蔵技術、水素社会構築を目指して
    エヌ・ティー・エス 2014 ISBN:9784864690829
  • 日本表面科学会創立25周年記念 日本表面科学会編 「新訂版・表面科学の基礎と応用」(編集代表:岩澤康裕)
    エヌ・ティー・エス 2004
  • Springer Series in Solid-State Sciences, Vol. 121/,138-146 "Elementary Processes in Excitations and Reactions on Solid Surfaces"
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 1996
講演・口頭発表等 (36件):
  • PdRuIr Ternary Alloy as an Effective NO Reduction Catalyst: Insights from first-principles calculation
    (2021)
  • Ab Initio Analysis on the Capability of PdRuIr Ternary Alloy as an NO Reduction Catalyst
    (日本物理学会第76回年次大会(2021年) 2021)
  • Direct Formaldehyde Dissociation on (111) and (0001) Surfaces
    (日本物理学会第76回年次大会(2021年) 2021)
  • Role of water dissociation kinetics on Ni-catalyzed atomic carbon conversion in a steam reforming environment: Which path to take?
    (Samahang Pisika ng Pilipinas National Convention 2020)
  • First principles based investigations of CO, O, and CO2 adsorption and CO2 dissociation on two-dimensional Cu clusters supported on Cu(111) surface
    (日本物理学会 2020年秋季大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1986 - 1991 大阪大学大学院 応用物理学専攻
  • 1982 - 1986 大阪大学 応用物理学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (11件):
  • 2017/07 - 現在 東京大学 生産技術研究所 リサーチフェロー
  • 2016/04 - 現在 国立高等専門学校機構明石工業高等専門学校 専攻科 教授
  • 2020/10 - 2022/03 国立大学法人大阪大学 ナノサイエンスデザイン教育研究センター(基礎工学研究科、工学研究科) 招へい教授
  • 2016/06 - 2018/02 大阪大学 大学院工学研究科 招へい教授
  • 2007/04 - 2016/03 大阪大学 大学院工学研究科 助教
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2017/05 - 2018/03 新産業創造研究機構 TLOひょうご運営協議会委員
  • 2017/04 - 2018/03 明石市産業振興財団 評議員
  • 2015/01 - 2017/03 日本真空学会 関西支部 役員 会計監事
  • 2013/01 - 2014/12 日本真空学会 関西支部 役員 庶務幹事
  • 2004/05 - 2005/04 日本物理学会 領域9世話人 (現:領域運営委員)
受賞 (1件):
  • 2003 - 日本真空協会 第28回熊谷記念真空科学論文賞
所属学会 (4件):
日本中間子科学会 ,  応用物理学会 ,  日本表面真空学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る