研究者
J-GLOBAL ID:200901081951017815   更新日: 2019年11月22日

桑原 不二朗

クワハラ フジオ | KUWAHARA Fujio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 熱工学
研究キーワード (3件): 多孔質 ,  数値解析 ,  可視化
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 多孔質体理論に基づく,土砂災害発生モデルの提案
  • 2013 - 2016 多孔質体概念に基づく都市気象予測モデルの構築と新しい防災都市計画
  • 2010 - 地球観測画像を利用した局地気象予測における多孔質概念の導入
  • 2009 - 地球観測画像を利用した局地気象予測における多孔質概念の導入
  • 2008 - 地球観測画像を利用した局地気象予測における多孔質概念の導入
全件表示
論文 (37件):
  • X. Bai, Y. Sano, F. Kuwahara, A. Nakayama. Three-dimensional numerical simulation of ionic mechanical dispersion in an electrodialyzer with net-like spacers. The 16th International Heat Transfer Conference. 2018. Paper No. IHTC16-21758
  • [責任著者]Zhang Wenhao [共著者]桑原 不二朗,中山 顕. ナノ流体で満たされた発泡金属充填流路における機械的分散に関する検討. 化学工学論文集. 2017. (43). (2). (95)-(102)
  • [責任著者]桑原 不二朗 [共著者]板津 典彦. 局地的都市気象予測のための多孔質都市気象乱流モデルの導出. 日本機械学会論文集B編. 2013. (79). (801). (1051)-(1061)
  • [責任著者]Youtaro Fumoto [共著者]Fujio Kuwahara. The effective pore diameter of a three-dimensional numerical model for estimating heat and fluid flow characteristics in metal foams. The Open Transport Phenomina Journal. 2013. (5). (num). (1)-(6)
  • [責任著者]桑原不二朗 [共著者]武石直樹. 多孔質体都市モデルによる局地気象現象の新しい数値予測. 日本機械学会論文集B編. 2011. 2011-JBR-0404
もっと見る
MISC (2件):
  • Chunyang Wang, Mogtda Mobedi, Fujio KUWAHARA, Akira Nakayama. A numerical study on acceleration of melting process under forced convection by using high thermal conductive porous media. Heat Transfer Engineering. 2019
  • X. Bai, F. Kuwahara, M. Mobedi, A. Nakayama. Forced convective heat transfer in a channel filled with a functionally graded metal foam matrix. ASME Trans. Journal of Heat Transfer. 2018. 140. 1115
書籍 (8件):
  • Transport Phenomena in Porous Media, A unified treatment of Darcy-Forchheimer boundary layer flows
    Pergamon Press 1998
  • Recent research development in chemical engineering, Convective flow and heat transfer in porous media
    1999
  • Handbook of Porous Media, Numerical modeling of convective heat transfer in porous media using microscopic structures
    Marcel Dekker 2000
  • 熱流体力学-基礎から数値シミュレーションまで
    2002
  • 熱流体力学
    共立出版 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • 多孔質体内乱流に関する考察 (第2報 多孔質体内乱流のLES)
    (日本伝熱学会第41回日本伝熱シンポジウム 2004)
  • 多孔質熱分散の輸送方程式の導出とモデリング
    (第42回日本伝熱シンポジウム 2005)
  • 浅い複雑流路内三次元流れの二次元数値解析法(噴流の発振の数値解析)
    (第42回日本伝熱シンポジウム 2005)
  • 多孔質理論に基づくコンポスト発酵層のモデリング
    (第43回日本伝熱シンポジウム 2006)
  • 多孔質体内乱流における熱分散と界面熱伝達率の測定
    (第43回日本伝熱シンポジウム 2006)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 静岡大学 工学部 機械工学科
  • - 1999 静岡大学 工学研究科 機械工学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (静岡大学)
受賞 (3件):
  • 2015/09 - 日本学術振興会審査委員表彰
  • 2009/11 - 日本機械学会熱工学部門 部門一般表彰 講演論文表彰 (課題名:第7回K-J 熱流体国際会議“A Mass Transfer Model for Flow Architecture of the Lung (Why do we have a bronchial tree with 23 levels of bifurcation?)")
  • 1987/03 - 日本機械学会畠山賞 (課題名:工学部機械工学科での学業成績)
所属学会 (5件):
日本伝熱学会1990 ,  日本機械学会 ,  日本気象学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会東海支部
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る