研究者
J-GLOBAL ID:200901082442585231   更新日: 2020年09月11日

柿沼 克良

カキヌマ カツヨシ | Katsuyoshi Kakinuma
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://fc-nano.yamanashi.ac.jp/http://fc-nano.yamanashi.ac.jp/
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2020 高温化対応PEFC用革新的シナジー触媒の開発
  • 2017 - 2020 担体界面・電子状態制御による高活性燃料電池用先進的電極触媒の開発
  • 2012 - 2016 担体界面制御による高活性燃料電池用先進的電極触媒の開発
論文 (103件):
もっと見る
MISC (7件):
書籍 (6件):
  • Nanostructured Materials for Next-Generation Energy Storage and Conversion
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2018 ISBN:9783662563649
  • ナノ材料解析の実際
    講談社 2016 ISBN:9784061543928
  • セラミックスの事典
    朝倉書店 2009 ISBN:9784254252514
  • High oxide ion conductivity of (Ba1-x-ySrxLay)InO2.5+y/2 members derived from Ba2In2O5 system
    2005
  • Perovskite-based oxide-ion and proton conductors - Structure and electrical properties
    Transworld Research Network 2004 ISBN:8178951452
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • セラミックス担体を用いたPEFC用高耐久・高活性触媒の開発
    (FC-EXPO 2020)
  • PEFCの高温作動に関する現状結果報告会
    (PEFCの高温作動に関する現状結果報告会 2019)
  • 第236回ECSにおける燃料電池関連の発表紹介
    (電気化学会燃料電池研究会第146回セミナー 2019)
  • Highly Durable and Active Electrocatalysts using Ceramic Supports for Polymer Electrolyte Fuel Cells
    (ACEPS-10 2019)
  • Pt・Pt合金担持セラミックス触媒を用いた固体高分子形燃料電池の性能
    (第17回 燃料電池基盤技術研究懇話会 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • Dr of Engineering (東京理科大学)
  • 博士(工学) (東京理科大学)
委員歴 (12件):
  • 2018/10/01 - 2019/09/30 電気化学会 2019年電気化学秋季大会大会実行委員
  • 2019/03/01 - 電気化学会 ”Electrochemistry”編集副幹事長
  • 2018/03/01 - 電気化学会 広報委員会委員長
  • 2013/04 - 2015/04 電気化学会 大会学術企画委員
  • 2010/03 - 2012/03 電気化学会 Electrochemistry 編集幹事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/05/23 - 公益社団法人 自動車技術会 優秀講演発表賞 酸化物担体を用いた固体高分子形燃料電池用高耐久性電極触媒の開発と評価
  • 2005/04/02 - 電気化学会 電気化学会・進歩賞「佐野賞」 新しい高イオン伝導性酸化物の創製とその燃料電池への応用
  • 1998/12/05 - 日本MRS学会 第10回日本MRS学術シンポジウム研究奨励賞 Pr1-xYxBa2Cu3Oy系酸化物の光学吸収スペクトル測定と電子構造解析
所属学会 (6件):
日本化学会 ,  電気化学会 ,  固体イオニクス学会 ,  日本セラミックス協会 ,  The Electrochemical Society ,  International Society of Electrochemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る