研究者
J-GLOBAL ID:200901083321353607   更新日: 2013年12月04日

岸 道郎

キシ ミチオ | KISHI Michio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://homepage3.nifty.com/mjkishi/http://homepage3.nifty.com/mjkishi/
研究分野 (3件): 環境動態解析 ,  気象・海洋物理・陸水学 ,  水産学一般
研究キーワード (3件): 環境モデル ,  海洋物理 ,  水圏環境
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 海洋生態系モデルを用いた海洋生物資源と物質循環の研究
MISC (46件):
  • 「生態系とシミュレーション」<楠田哲也、岩佐庸編pp172>. 朝倉書店. 2002
  • 水産学シリーズ150<古谷研・岸道郎・黒倉寿・柳哲雄編>. 恒星社厚生閣. 2006
  • Kawamiya,M.,Kishi,M.J.,Ahmed,M.D.K. and Sugimoto,T.: "Causes and consequences of spring phytoplankton blooms in Otsuchi Bay, Japan" ,Cont. Shelf Res.,16:1688-1695(1996)*. 1996
  • Kawamiya, M., Kishi, M. J., Yamanaka, Y. and Suginohara, N. : "Obtaining Reasonable Results in Different Oceanic Regimes with the Same Ecological-Physical Coupled Model", J. Oceanogr., 53 : 397-402 (1997)*. 1997
  • Kawamiya,M. and Kishi,M.J.: "Ecosystem-physical modeling for warm-core ring 93A", in Ecosystem Dynamics of the Kuroshio-Oyashio Transition Region. (Proceedings of the international marine science symposium held on 25-28 August at Mutsu City and Hakoda・・・. 1998
もっと見る
Works (7件):
  • 「北太平洋の生態系モデル」,国際生態モデリング学会日本支部講演会
    2000 -
  • 日本気象学会北海道支部気象講演会講演 「気候が変わると海の生物はどうなる?ー北太平洋の生物資源予測」
    2001 -
  • 招待講演「北太平洋の生態系モデル」
    2001 -
  • 『GLOBEC open science meeting 』
    2002 -
  • IUGG(国際地球物理学地質学連合)アウトリーチ講演
    2004 -
もっと見る
学位 (2件):
  • 農学博士 (東京大学)
  • 理学修士 (東京大学)
委員歴 (7件):
  • 水産海洋学会 常任幹事(1993-96
  • 日本海洋学会 幹事(1995-1997
  • IGBP-GLOBEC国際委員会 Focus3WG-cochair (2002-2005)
  • 国際生態モデリング学会 (ISEM)副会長(1995-1998)
  • 2004 - 日本海洋学会 評議員,教育問題研究部会代表世話人
全件表示
受賞 (3件):
  • 2007 - 日本海洋学会賞
  • 2006/03 - 水産海洋学会 宇田賞 海洋生態系の数値モデル研究
  • 1998/03 - 海洋理工学会 海洋理工学会論文賞 A Numerical experiment to estimate biological effects of the absorption of CO2
所属学会 (12件):
同評議員(1994-) ,  日本海洋学会(評議員) ,  北太平洋海洋科学機構 ,  同幹事(1993-) ,  水産海洋学会 ,  日本海洋学会 ,  IGBP-GLOBEC国際委員会 ,  同監事(1997-98) ,  ) ,  海洋理工学会 ,  水産海洋学会(幹事) ,  国際生態モデリング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る