{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201102292220319904   整理番号:11A0784683

NEMUROとNEMURO.FISHモデルのレビューとそれらの海洋生態系研究への活用

A review of the NEMURO and NEMURO.FISH models and their application to marine ecosystem investigations
著者 (6件):
資料名:
巻: 67  号:ページ: 3-16  発行年: 2011年02月
JST資料番号: G0159B  ISSN: 0916-8370  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
海洋生態系研究のためのモデル群の領域海洋学の理解のための北太平洋生態系モデル(NEMURO)の進化について概説する。北太平洋全体への適用はモデルをロバストし,1D,2D,3Dの栄養塩,炭素循環,生物地球化学的循環成分と生態系の低次栄養段階(植物プランクトンと動物プランクトン)の状況を同じように再現できるようにすることで表現した。サンマとニシンを含めたNEMUROは高次栄養段階も含めるように拡張されていて,単体でも,NEMUROと結合しても運用できる。結合しない場合,個々の魚の成長や重量はNEMUROによってシミュレートされたプランクトン密度によって計算されるが,魚による消費やプランクトンの死亡率にはフィードバックされない。結合した場合,存在する魚の索餌,成長や重量は計算され,捕食による除去は死亡率の項として表れる。NEMUROとその仲間のモデルは発展を続けており,低次栄養段階での微生物ループや鉄制限や,高次栄養段階でのライフサイクル全体,多種で多世代のシミュレーションを包括している。我々の今後の展望は徹底したモデリングによって地球環境の変化への海洋生態系の応答の研究に役立てることである。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生態系 
引用文献 (66件):
もっと見る

前のページに戻る