研究者
J-GLOBAL ID:200901085340736714   更新日: 2020年07月12日

松下 一信

マツシタ カズノブ | Matsushita Kazunobu
所属機関・部署:
職名: 教授(特命)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 山口大学  中高温微生物研究センター   センター長
ホームページURL (2件): http://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/users/kazunobu/p.htmlhttp://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/users/kazunobu/p.html
研究分野 (1件): 応用微生物学
研究キーワード (1件): 応用微生物学・応用生物化学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2011 - 2020 戦略的創造研究推進事業先端的低炭素化技術開発(ALCA) 低炭素化に資する発酵微生物の ゲノム育種およびゲノム工学的「耐熱化」
  • 2010 - 2013 国際共同研究の推進: 熱帯性環境微生物による省エネ高温発酵技術
  • 2006 - 2011 「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」(一般型):耐熱性発酵微生物の「耐熱性」分子機構の解明と発酵産業への利用
  • 2003 - 2008 学振・拠点大学事業「微生物の生物化学的研究分野」耐熱性微生物資源の開発と利用
  • 2006 - 2007 文部科学省タンパク3000プロジェクト「タンパク質の個別的解析プログラム(発生・分化とDNAの複製・修復)」
全件表示
論文 (126件):
  • Nantapong N, Murata R, Trakulnaleamsai S, Kataoka N, Yakushi T, Matsushita K. The effect of reactive oxygen species (ROS) and ROS-scavenging enzymes, superoxide dismutase and catalase, on the thermotolerant ability of Corynebacterium glutamicum. Applied microbiology and biotechnology. 2019. 103. 13. 5355-5366
  • Phisurang Konjanda, Toshiharu Yakushi, Kazunobu Matsushita, Gunjana Theeragool. Enhanced growth and ethanol oxidation by overexpressed caiA gene encoding acyl-CoA dehydrogenase in komagataeibacter medellinensis NBRC 3288. Chiang Mai Journal of Science. 2019. 46. 196-206
  • Kataoka N, Vangnai AS, Pongtharangkul T, Yakushi T, Wada M, Yokota A, Matsushita K. Engineering of Corynebacterium glutamicum as a prototrophic pyruvate-producing strain: Characterization of a ramA-deficient mutant and its application for metabolic engineering. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2018. 1-9
  • Gunjana Theeragool, Gunjana Theeragool, Nittaya Pitiwittayakul, Nittaya Pitiwittayakul, Minenosuke Matsutani, Kazunobu Matsushita, Kazunobu Matsushita, Kazunobu Matsushita. Disruption of the groEL gene revealed a physiological role for chaperonin in the thermotolerant acetic acid bacterium, acetobacter pasteurianus SKU1108. Chiang Mai Journal of Science. 2018. 45. 1623-1633
  • Kallayanee Naloka, Pattaraporn Yukphan, Kazunobu Matsushita, Kazunobu Matsushita, Kazunobu Matsushita, Gunjana Theeragool, Gunjana Theeragool. Molecular taxonomy and characterization of thermotolerant komagataeibacter species for bacterial nanocellulose production at high temperatures. Chiang Mai Journal of Science. 2018. 45. 1610-1622
もっと見る
MISC (143件):
  • 福成聖也, 松谷峰之介, 薬師寿治, 薬師寿治, 薬師寿治, 片岡尚也, 片岡尚也, 片岡尚也, THEERAGOOL Gunjana, 松下一信, 松下一信, 松下一信. 酢酸菌の膜結合型アルデヒド脱水素酵素の分子種と発現:酢酸発酵との関連. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.3A10p03 (WEB ONLY)
  • 松下一信, 松下一信, 末吉里帆, 古川藍子, 辰野真木, SOEMPHOL Wichai, 松谷峰之介, 松本奈実, 片岡尚也, 片岡尚也, 藥師寿治, 藥師寿治. 酢酸菌のNa+(K+)/H+アンチポーター(NhaK2)はAcetobacter pasteurianusの耐熱性に寄与する. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.3A10p02 (WEB ONLY)
  • 小林ゆかり, 石川森夫, 鈴木敏弘, 松谷峰之介, 新村梨恵, 矢吹岳, 海野祥子, 志波優, 松下一信, 貝沼(岡本)章子. ゲノム情報に基づいたAcetobacter属酢酸菌群の系統分類に関する一考察. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.2A01a12 (WEB ONLY)
  • 松本奈実, 服部浩美, 松谷峰之介, 外山博英, 片岡尚也, 片岡尚也, 藥師寿治, 藥師寿治, 松下一信, 松下一信. Gluconobacter frateurii CHM43耐熱化育種株における一遺伝子変異に基づく代謝変動を介した耐熱化機構. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.3A10p01 (WEB ONLY)
  • 松本奈実, 服部浩美, 松谷峰之介, 外山博英, 片岡尚也, 片岡尚也, 藥師寿治, 藥師寿治, 松下一信, 松下一信. Gluconobacter frateurii CHM43株のトレハロース合成経路を介した代謝制御. 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web). 2018. 51st. 43 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (33件):
書籍 (22件):
  • Acetic Acid Bacteria: Ecology and Physiology
    Springer Japan 2016
  • Corynebacterium glutamicum
    Springer-Verlag 2013
  • 食物と健康の科学シリーズ「酢の機能と科学」
    朝倉書店 2012
  • ビタミン総合辞典
    朝倉書店 2010
  • 地域資源活用食品加工総覧
    (社)農山漁村文化協会 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (120件):
  • ミトコンドリア分裂リング合成遺伝子MDR1の同定と機能の解析
    (日本植物学会大会研究発表記録 2018)
  • 酢酸菌Acetobacter pasteurianus SKU1108の高温適応化株TH-3の常温および高温下における発現解析
    (日本ゲノム微生物学会年会要旨集 2018)
  • ゲノム情報に基づいたAcetobacter属酢酸菌群の系統分類に関する一考察
    (日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018)
  • 酢酸菌のNa<sup>+</sup>(K<sup>+</sup>)/H<sup>+</sup>アンチポーター(NhaK2)はAcetobacter pasteurianusの耐熱性に寄与する
    (日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018)
  • Gluconobacter frateurii CHM43耐熱化育種株における一遺伝子変異に基づく代謝変動を介した耐熱化機構
    (日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • Molecular mechanism and Structure of Ubiquinone Oxido-reduction in Bacterial Respiratory Chain
  • Structure and Function of Quinoprotein Dehydrogenases
  • PQQを補欠分子族とするキノプロテイン脱水素酵素の構造と桟能に関する研究
学歴 (2件):
  • - 1976 名古屋大学 農学研究科 農芸化学
  • - 1971 山口大学 農学部 農芸化学
学位 (1件):
  • 農学博士 (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2013/04 - 現在 山口大学 教授(特命)
  • 1996/04 - 2013/03 鳥取大学大学院連合農学研究科 大学院担当教授
  • 1995/05 - 2013/03 山口大学 教授
  • 1990/10 - 1995/04 山口大学 助教授
  • 1976/04 - 1990/09 山口大学 助手
受賞 (4件):
  • 2015/02 - 日本農芸化学会 日本農芸化学会フェロー
  • 2014/11 - 中国新聞 第71回中国文化賞
  • 2012/09 - 日本農芸化学会 第4回日本農芸化学会中四国支部功労賞
  • 1986 - 農芸化学奨励賞
所属学会 (5件):
日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  酢酸菌研究会 ,  日本生化学会評議員 ,  日本生体エネルギー研究会・幹事
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る