研究者
J-GLOBAL ID:200901085532919316   更新日: 2011年01月12日

山本 紳朗

ヤマモト シンロウ | YAMAMOTO Shinro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 作物学・雑草学 ,  畜産学・草地学 ,  環境農学
研究キーワード (3件): 草地学 ,  作物学 ,  環境農学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 牧草の貯蔵多糖代謝
  • 牧草の耐塩性機構
  • 有機農業
  • 剪定枝の堆肥化
  • デンプン粕の飼料化
MISC (41件):
  • 輪換放牧における移牧時刻が牛の行動に与える影響. 日本草地学会誌. 1972. 18. 320-328
  • 晩秋用放牧草地の栄養価と育成牛の発育. 北海道農業試験場研究報告. 1974. 107. 45-62
  • Effect of cutting height on the carbohydrate metabolism in the haplocorm of timothy (Phleum pratense L.). J. Japan. Grassl. Sci. 1978. 24. 1. 142-147
  • The behavior and some properties of sucrose and fructosan hydrolyzxing enzymes associated with the insoluble fraction in the haplocorm of timothy (Phleum pratense L.) after cutting. J. Japan. Grassl. Sci. 1978. 24. 2. 142-147
  • Effect of abscisic acid on the induction of sucrose and fructosan hydrolyzing enzymes in the haplocorm of tomothy (Phlleum pratense L.) after cutting. J. Japan. Grassl. Sci. 1979. 25. 43-48
もっと見る
書籍 (3件):
  • サイレージの生化学 第3章 植物酵素(翻訳)
    デーリィ・ジャパン 1995
  • The role of carbohydrate metabolism in winter survival. In Low Temperature Plant Microbe Interactions Under Snow (eds. N.Iriki et al.)
    Hokkaido National Agricultural Experiment Station 2001 ISBN:4901405039
  • 新版・酪農用語解説
    デーリィ・ジャパン 2008 ISBN:9784924506435
講演・口頭発表等 (1件):
  • Mode of synthesis of long-chain fructan in timothy haplocorm
    (International Fructan Symposium 2008)
Works (2件):
  • 剪定枝の堆肥化
    2000 -
  • デンプン粕の飼料化
    2003 -
学歴 (1件):
  • - 1971 香川大学 農学部 農学科(作物)
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (3件):
  • 1971 - 1979 北海道農業試験場
  • 1979 - 1991 草地試験場
  • 1991 - 帯広畜産大学
委員歴 (1件):
  • 1997 - 現在 日本草地学会 編集委員
受賞 (1件):
  • 1988 - 日本草地学会賞
所属学会 (1件):
日本草地学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る