研究者
J-GLOBAL ID:200901086014218726   更新日: 2020年11月09日

石田 斉

イシダ ヒトシ | Ishida Hitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 北里大学  理学部 化学科   科学技術振興機構さきがけ研究「光エネルギーと物質変換」研究員
ホームページURL (2件): http://www.kitasato-u.ac.jp/sci/resea/kagaku/HP_kikou/ishida-HP/indexB.htmlhttp://www.kitasato-u.ac.jp/sci/resea/kagaku/HP_kikou/ishida-HP/indexB.html
研究分野 (4件): エネルギー化学 ,  生体化学 ,  機能物性化学 ,  無機・錯体化学
研究キーワード (9件): 機能性分子 ,  電子移動 ,  発光性材料 ,  ルテニウム錯体 ,  非天然アミノ酸 ,  ペプチド ,  人工蛋白質 ,  CO2還元触媒 ,  人工光合成
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 2018 Editorial Board of The Scientific World Journal
  • 2015 - 2015 IChO47国際化学オリンピック 準備問題翻訳 担当
  • 2011 - 2012 The Second Asian Chemical Biology Conference (ACBC2012) Organizing Committee Member (Secretary) July 4-6, 2012, Southern Beach Hotel & Resort OKINAWA, Itoman, Okinawa, JAPAN
  • 2002 - 2003 財団法人地球環境産業技術研究機構 技術評価分科会委員
論文 (26件):
もっと見る
MISC (77件):
  • 石田 斉. 金属錯体触媒によるCO2還元反応:一酸化炭素/ギ酸生成選択性に関する最近の議論. 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究 領域略称「人工光合成」ニュースレター. 2016. 3. 10
  • 石田 斉. シンポジウムの報告「Third International Symposium on the Photofunctional Chemistry of Complex Systems(ISPCCS2015) (第3回 複合系の光機能化学国際会議)」. 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究 領域略称「人工光合成」ニュースレター. 2016. 3. 10
  • 石田 斉. 金属錯体の発光測定における最近の動向. 錯体化学会誌. 2015. 64. 14-24
  • 石田 斉, 神谷将也, 松浦功祐, 吉田 真, 北村恭平, 倉持悠輔. 光化学的CO2還元触媒活性をアミノ酸側鎖で制御する. 2015
  • 石田 斉. ルテニウム錯体とペプチドで創る光機能性分子:人工光合成へのアプローチ」. 2014
もっと見る
特許 (10件):
  • 金属錯体の製造方法 特許願(出願番号:特願平10-219629、出願日:平成10年7月18日)
  • 有機発光性化合物
  • 高効率な青色発光性物質
  • 5-ヒドロキシメチル-2-フルフラールの製造方法 特許願(出願番号:特願平9-90361、出願日:平成9年3月24日)
  • セルロース可溶化方法 特許願(出願番号:特願2000-275442、出願日:平成12年9月11日)
もっと見る
書籍 (24件):
  • 光と生命の事典
    朝倉書店 2016 ISBN:9784254171617
  • 金属錯体触媒によるCO2還元反応:一酸化炭素/ギ酸生成選択性に関する最近の議論
    2016
  • 人工光合成: 光エネルギーによる物質変換の化学
    三共出版 2015 ISBN:9784782707104
  • 金属錯体の発光測定における最近の動向
    2015
  • 生体模倣技術と新材料・新製品開発への応用
    技術情報協会 2014 ISBN:9784861045363
もっと見る
講演・口頭発表等 (173件):
  • The molecular CO2 Reduction Catalysis Applicable to Nanomaterials for Artificial Photosynthesis
    (International Congress on Advanced Materials Sciences and Engineering 2019 2019)
  • The molecular CO2 Reduction Catalysis Applicable to Nanomaterials for Artificial Photosynthesis (Invited)
    (International Congress on Advanced Materials Sciences and Engineering 2019 (AMSE-2019) 2019)
  • Photocatalytic CO2 Reduction by Ruthenium Bipyridyl Complexes toward Artificial Photosynthesis
    (The 10th Asian Photochemistry Conference (APC) 2018)
  • Photocatalytic CO2 Reduction by Ruthenium Bipyridyl Complexes toward Artificial Photosynthesis (Invited)
    (The 10th Asian Photochemistry Conference (APC) 2018)
  • Toward Artificial Photosynthesis: Photocatalytic CO2 Reduction by Ruthenium Complexes
    (Baltic Conference Series (BCS) 2018)
もっと見る
Works (15件):
  • 平成26年度第2回材料・製造フォーラム「光分子工学」分科会、「ルテニウム錯体とペプチドで創る光機能性分子:人工光合成へのアプローチ」
    石田 斉 2014 - 2014
  • “Ruthenium-Peptide Conjugates: from 'Peptide Origami' to Artificial Photosynthesis”, Conference at École Polytechnique Fédérale de Lausanne (EPFL)
    Hitoshi ISHIDA 2014 - 2014
  • 複合系の光機能研究会ニュースレター Vol. 2, No. 1, シンポジウム等報告「XXIV. International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry (ICCBIC) と田附先生の足跡」
    石田 斉 2014 -
  • Seminar by Dr. Hitoshi Ishida, "Ruthenium-Peptide Conjugates: from 'Peptide Origami' to Artificial Photosynthesis"
    Hitoshi ISHIDA 2014 - 2014
  • 奈良女子大学理学部化学科 講演会 「機能性金属ペプチド錯体の創製を目指して: 人工光合成への応用」
    石田 斉 2013 - 2013
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 大阪大学 応用化学
  • - 1984 大阪大学 応用化学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (大阪大学)
委員歴 (14件):
  • 2012/04/01 - 複合系の光機能研究会 会長
  • 2010/04 - 2012/03 複合系の光機能研究会 副会長
  • 2011/03 - 日本化学会 フロンティア生命化学研究会 理事(事務局)
  • 2008/03 - 2011/02 日本化学会 フロンティア生命化学研究会 理事(事務局)
  • 2008/04 - 2010/03 複合系の光機能研究会 副会長
全件表示
受賞 (8件):
  • 2007/10 - 積水化学 2007年度 積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成 奨励賞 ペプチド折り紙: 光機能性人工タンパク質の創製
  • 1996 - 日本化学会第71秋季年会(1996)シンポジウム賞
  • 1996 - 日本化学会 日本化学会 第71秋季年会(1996)シンポジウム賞
  • 1995/03/01 - (財)内藤記念科学振興財団 研究助成 非天然アミノ酸を含む人工イオンチャネルの分子設計と合成
  • 1995/03 - 内藤記念科学振興財団 内藤記念科学振興財団 研究助成
全件表示
所属学会 (6件):
日本ペプチド学会 ,  日本化学会 フロンティア生命化学研究会 ,  複合系の光機能研究会 ,  光化学協会 ,  錯体化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る