研究者
J-GLOBAL ID:200901087745472237   更新日: 2020年09月18日

大田 昌樹

オオタ マサキ | Ota Masaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e210dfaedbe375cbb4c99559f7cff4c7.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e210dfaedbe375cbb4c99559f7cff4c7.html
研究分野 (3件): 環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  移動現象、単位操作 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (8件): ハイドレート ,  藻類バイオマス ,  機能性食品開発 ,  超臨界流体技術開発 ,  天然物 ,  エネルギー ,  CO2固定 ,  化学工学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 2022 天然食材のペースト化と向流接触超臨界抽出によるファイトケミカル成分の高度分離
  • 2017 - 2020 エントロピー型溶解度パラメータに基づく高圧物性の体系化と予測シミュレーション開発
  • 2015 - 2017 藻類バイオマス由来油脂類生産を活性化させる新規ユニットオペレーションの開発
  • 2013 - 2016 超臨界CO2利用技術の高効率化へ向けた多成分系吸着挙動予測手法の開発
  • 2013 - 2016 藻類バイオマス自然エネルギー化に向けた株情報の数値集積化と必須単位操作の課題克服
全件表示
論文 (99件):
もっと見る
MISC (52件):
特許 (7件):
  • ローヤルゼリーの抗認知症活性の増強剤
  • バイオマス発電システム
  • 微細藻類の培養方法および培養装置
  • 微細藻類成分量測定方法および装置ならびにプログラム
  • 微細藻類濃度決定方法および装置
もっと見る
講演・口頭発表等 (257件):
  • Green Solvent Selection for Replacing Halogenated Solvents in Processing of Organic Solar Cells
    (6th International Solvothermal and Hydrothermal Association Conference (ISHA2018) 2018)
  • 超臨界流体を用いた食品成分抽出の応用事例
    (食品成分抽出・分析セミナー 2018)
  • 高温高圧グルコース水溶液に対する密度・粘度の測定および相関法の検討
    (化学工学会第83年会 2018)
  • 高圧気液平衡に基づくホップエキスの向流接触型連続抽出のモデル化
    (化学工学会第83年会 2018)
  • 水生バイオマスを対象とした湿式連続抽出技術の開発
    (第13回バイオマス科学会議 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 並/向流高圧連続抽出/気液平衡比測定システム
    2013 -
学歴 (3件):
  • - 2007 東北大学 化学工学
  • - 2002 東北大学
  • - 1998 埼玉県立浦和高等学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 東北大学大学院環境科学研究科 先端環境創成学専攻 環境創成計画学講座 環境分子化学分野 准教授
  • 2007/04 - 2019/03 東北大学大学院工学研究科 附属超臨界溶媒工学研究センター 助教
  • 2010/03 - 2010/12 ドイツ/カールスルーエ大学 客員研究員 日本学術振興会優秀若手研究者海外派遣事業
  • 2006/04 - 2007/03 東北大学大学院工学研究科附属超臨界溶媒研究センター 日本学術振興会特別研究員(DC2) 日本学術振興会特別研究員(DC2)
委員歴 (22件):
  • 2011/07 - 現在 宮城県藻類産業フォーラム 実行委員
  • 2011/07 - 現在 宮城県藻類産業フォーラム 実行委員
  • 2007/04 - 現在 持続工学研究会 実行委員
  • 2007/04 - 現在 SCF-TT研究会(超臨界流体ミニワークショップ) 実行委員
  • 2007/04 - 現在 持続工学研究会 実行委員
全件表示
受賞 (17件):
  • 2018/04 - 文部科学省 平成30年度若手科学者賞
  • 2018/03 - 一般財団法人向科学技術振興財団 一般財団法人向科学技術振興財団研究助成
  • 2017/10/23 - 日本学術振興会 日本学術振興会平成29年度審査委員の表彰
  • 2017/10/22 - 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団研究助成 安心かつ安全な食品製造のための新たな抽出技術の開発
  • 2017/02 - 公益財団法人発酵研究所 公益財団法人発酵研究所一般研究助成 藻類のミルキング培養法による省エネ型バイオ燃料生産プロセスの開発
全件表示
所属学会 (7件):
仙台日独協会 ,  分離技術会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本エネルギー学会 ,  マリンバイオテクノロジー学会 ,  AIChE ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る