研究者
J-GLOBAL ID:200901087749568654   更新日: 2021年01月05日

才津 浩智

サイツ ヒロトモ | Saitsu Hirotomo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.hama-med.ac.jp/education/fac-med/dept/biochemistry/index.html
研究分野 (3件): 胎児医学、小児成育学 ,  病態医化学 ,  医化学
研究キーワード (7件): ゲノム編集 ,  ゲノム解析 ,  分子遺伝学 ,  先天異常学 ,  development ,  birth defect ,  human genetics
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2023 マルチオミックス解析にて大脳型発症予測法を開発し副腎白質ジストロフィーを克服する
  • 2020 - 2023 多面的アプローチによる小児脳神経疾患の遺伝要因と分子病態の解明
  • 2020 - 2022 尿細胞より直接誘導した神経前駆細胞を用いる脳神経疾患のマルチオミクス解析
  • 2019 - 2022 ヒト手術標本を用いたてんかん原性ネットワークのイメージング解析と制御
  • 2017 - 2020 ゲノム編集技術を用いた希少難治性神経発達障害の原因遺伝子変異ノックインマウスモデルの確立およびその解析による病態解明と新規治療薬探索
全件表示
論文 (335件):
  • Hitoshi Kashiki, Heng Li, Sachiko Miyamoto, Hiroe Ueno, Yoshinori Tsurusaki, Chizuru Ikeda, Hirofumi Kurata, Takumi Okada, Tomoyuki Shimazu, Hoseki Imamura, et al. POLR1C variants dysregulate splicing and cause hypomyelinating leukodystrophy. Neurology. Genetics. 2020. 6. 6. e524
  • Michal M Andelman-Gur, Hirotomo Saitsu, Naomichi Matsumoto, Ronen Spiegel, Keren Yosovich, Dorit Lev, Tally Lerman-Sagie, Lubov Blumkin. Myoclonic tremor status as a presenting symptom of adenylosuccinate lyase deficiency. European journal of medical genetics. 2020. 63. 12. 104061-104061
  • Satoshi Akamine, Sayaka Okuzono, Hiroyuki Yamamoto, Daiki Setoyama, Noriaki Sagata, Masahiro Ohgidani, Takahiro A Kato, Tohru Ishitani, Hiroki Kato, Keiji Masuda, et al. GNAO1 organizes the cytoskeletal remodeling and firing of developing neurons. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020. 34. 12. 16601-16621
  • Rie Anzai, Megumi Tsuji, Sumimasa Yamashita, Yoshinao Wada, Nobuhiko Okamoto, Hirotomo Saitsu, Naomichi Matsumoto, Tomohide Goto. Congenital disorders of glycosylation type IIb with MOGS mutations cause early infantile epileptic encephalopathy, dysmorphic features, and hepatic dysfunction. Brain & development. 2020
  • Takuya Hiraide, Shinobu Fukumura, Akiyo Yamamoto, Mitsuko Nakashima, Hirotomo Saitsu. Familial periodic paralysis associated with a rare KCNJ5 variant that supposed to have incomplete penetrance. Brain & development. 2020
もっと見る
MISC (76件):
もっと見る
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (11件):
  • 疾患・病態検査・診断法の開発
    技術情報協会 2017
  • 神経内科 第83巻第2号
    科学評論社 2015
  • てんかんの遺伝学的診断(医学のあゆみ)
    医歯薬出版 2015
  • 次世代シークエンス解析スタンダード(実験医学別冊)
    羊土社 2014
  • ゲノム医学・生命科学研究 総集編(実験医学増刊)
    羊土社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • 発達期脳神経疾患の遺伝要因と分子病態の解明
    (第110回東海臨床遺伝・代謝懇話会 2019)
  • 発達期脳神経疾患の分子病態の解明
    (第24回日本小児神経学会東北地方会 2018)
  • 遺伝子診断技術
    (第28回遺伝医学セミナー 2018)
  • 網羅的遺伝子解析による遺伝性疾患の診断
    (第58回日本臨床化学会年次学術集会 2018)
  • 難治性疾患の全エクソーム解析
    (Endocrinology Debate and Global Exchange in Japan 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 京都大学
  • 1992 - 1998 九州大学
  • - 1998 九州大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2016/01 - 現在 浜松医科大学 医学部医学科医化学講座 教授
  • 2010/04 - 2015/12 横浜市立大学 医学部医学科 遺伝学 准教授
  • 2006/07 - 2010/03 横浜市立大学 医学部医学科 遺伝学 助教
  • 2005/04 - 2006/06 京都大学大学院医学研究科 先端融合医学研究機構 助手(特任)
委員歴 (10件):
  • 2020/04 - 現在 日本先天異常学会 Congenital Anomalies, Associate Editor
  • 2020/03 - 現在 日本人類遺伝学会 Journal of Human Genetics, Associate Editor
  • 2020/03 - 現在 日本人類遺伝学会 将来構想委員会委員長
  • 2020/03 - 現在 日本先天異常学会 将来計画委員会委員長
  • 2019/09 - 現在 日本先天異常学会 理事
全件表示
受賞 (5件):
  • 2012/05 - 横浜市立大学医学会賞
  • 2012/04 - 科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞
  • 2010/10 - 日本人類遺伝学会奨励賞
  • 2007/07 - 先天異常学会奨励賞
  • 2007 - Young investigator awards of The Japanese Teratology Society
所属学会 (7件):
日本遺伝子診療学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  アメリカ人類遺伝学会 ,  日本先天異常学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本産婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る