研究者
J-GLOBAL ID:200901090915146373   更新日: 2020年06月04日

唐渡 広志

カラト コウジ | Karato Koji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www3.u-toyama.ac.jp/kkarato/
研究分野 (1件): 経済統計
研究キーワード (3件): 応用計量経済学 ,  不動産市場分析 ,  規制と都市構造
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2010 都市集積のメカニズムと容積率規制
  • 2008 - 2010 企業・家計の多様性に着目した都市内部構造の動態変化に関する研究
  • 2005 - 2007 不動産評価の時空間経済学的分析
  • 2002 - 2004 オフィスビル容積率緩和の一般均衡経済効果の測定
  • 不動産価格分析
論文 (7件):
  • Siu Kei Wong, K. W. Chau, K. Karato, C. Shimizu. Separating the Age Effect from a Repeat Sales Index: Land and Structure Decomposition. The Journal of Real Estate Finance and Economics. 2018. 57. 3. 351-366
  • Koji Karato, Hisaki Yamaga. Decomposition Analysis of the Household Migration. University of Toyama, Working Paper. 2017. 307. 1-10
  • Movshuk, O, K. Karato. Why is the life cycle of happiness unusual in Japan?. The Journal of Econo-metric Study of North-east Asia. 2015. 10. 1. 25-32
  • 唐渡 広志. Nonlinearity of housing price structure. International Journal of Housing Markets and Analysis. 2014. 7. 4. 459-488
  • 唐渡 広志. Estimation of Redevelopment Probability using Panel Data. Journal of Property Investment & Finance. 2010. 28. 4. 285-300
もっと見る
MISC (47件):
  • 唐渡広志, 山鹿久木. 移動世帯の特徴と移動先での社会環境の変化. 季刊住宅土地経済. 2018. 110. 10-21-21
  • 佐藤 英人, 清水 千弘, 唐渡 広志. 最寄駅徒歩圏居住に向けた中古集合住宅の役割-2000年代の東京大都市圏を事例として-. 人文地理. 2018. 70. 4. 477-497
  • 唐渡広志. 「環境等の便益評価」ヘドニック・アプローチを利用した不動産価格指数の推定方法とその問題点. 都市住宅学. 2016. 92. 17-20
  • 唐渡 広志. ヘドニック・アプローチを利用した不動産価格指数の推定方法とその問題点. 都市住宅学. 2016. 2016. 92. 17-20
  • 佐藤英人, 清水千弘, 唐渡広志. 東京大都市圏における集合住宅取得者の住居移動-新築と中古の比較を通じて-. 日本地理学会発表要旨集. 2015. 2015. 87. 261
もっと見る
書籍 (6件):
  • コンパクトシティを考える
    株式会社プログレス 2018 ISBN:9784905366812
  • 不動産政策研究 各論II 不動産経済分析
    東洋経済新報社 2018 ISBN:4492961437
  • 都市の老い -人口の高齢化と住宅の老朽化の交錯
    勁草書房 2018 ISBN:9784326504428
  • 超金融緩和期における不動産市場の行方
    東洋経済新報社 2014 ISBN:4492396101
  • 44の例題で学ぶ計量経済学 : econometrics
    オーム社 2013 ISBN:9784274069314
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 減少社会の中で都市撤退の作法はあるか
    (都市住宅学会大会(名古屋)第26 回学術講演会メインシンポジウム 2018)
  • 高齢社会における不動産開発-都市居住を中心に-
    (日本不動産学会秋季全国大会(学術講演会)シンポジウム 2014)
学歴 (1件):
  • - 2003 大阪大学大学院 経済学研究科 日本経済・経営専攻
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (大阪大学)
所属学会 (5件):
都市住宅学会 ,  資産評価政策学会 ,  日本不動産学会 ,  応用地域学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る