研究者
J-GLOBAL ID:200901090970123650   更新日: 2020年07月08日

全 炳徳

チョン ビョンドク | Jun Byungdug
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 感性情報学 ,  科学教育
研究キーワード (1件): 写真測量とリモートセンシング
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2001 - ウェーブGIS技術の教育ツール開発
  • 1990 - リモートセンシング技術による陸・水域の環境評価
論文 (32件):
  • 大庭 伸也, 村上 陵, 渡辺 黎也, 全 炳徳. 長崎県南部の学校プールに形成される水生昆虫類相の成立要因. 日本応用動物昆虫学会誌. 2019. 63. 4. 163-173
  • 瀬戸崎 典夫, 全 炳徳. ユーザインタフェース評価による全天球パノラマVR教材の改善と平和教育の実践. 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集. 2017. 4. 1
  • Jun Byungdug, Torao Kenshi, Fu Jieqi, Horiuchi Yoshihiko, Kim Jong-Hwan, Kim Eung-Nam. Field management system for green tea utilizing on-site remote sensing technique. SPATIAL INFORMATION RESEARCH. 2016. 24. 3. 335-345
  • 瀬戸崎 典夫, 吉冨 諒, 岩崎 勤, 全 炳徳. 全天球パノラマVRコンテンツを有する平和教育教材の開発. 日本教育工学会論文誌. 2016. 39. 0. 85-88
  • 李 鎮昊, 全 炳徳. 大韓帝国時代の森林法がもたらした朝鮮の初期測量とその教育等に関する研究(原著論文). 林業経済. 2012. 65. 5. 17-29
もっと見る
MISC (59件):
  • 森竹 恭眞, 立岡 昌文, 全 炳徳. 問いに対して自分の考えをもち、表現する中学校社会科の授業づくり. 長崎大学教育学部教育実践研究紀要. 2019. 18. 393-402
  • 全 炳徳, Miyamoto Yuki. 日米大学問の COIL (GLE) 型授業の実践と課題. 長崎大学教育学部教育実践研究紀要. 2019. 18. 251-260
  • 益田 航平, 全 炳徳. 小学校の平和教育における授業実践とクラスター分析による授業評価. 教育実践総合センター紀要. 2017. 16. 339-348
  • 全 炳徳, 竹﨑 千紗. 鹿児島県の小規模校に在籍する児童の性格特性について~主要5因子性格検査による~. 教育実践総合センター紀要. 2016. 15. 199-208
  • 全 炳徳, 田中 美佑. ICT活用に関する現職教員へのアンケート調査とその結果. 教育実践総合センター紀要. 2016. 15. 209-217
もっと見る
特許 (7件):
書籍 (6件):
  • 核の脅威にどう対処すべきか : 北東アジアの非核化と安全保障
    法律文化社 2018 ISBN:9784589039217
  • 戦争の記憶をどう継承するのか : 広島・長崎・沖縄からの提言
    芙蓉書房出版 2012 ISBN:9784829505526
  • The Yellow River : water and life
    World Scientific 2010 ISBN:9789814280952
  • 水資资综合评价模型 : 及其在黄河流域的应用
    中国水利水电出版社 2005 ISBN:7508428749
  • 地域環境の創造
    大蔵省印刷局 2000 ISBN:4172631088
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • Spatial database of the northern area of yellow river for research of sediment discharge
    (Asian Association on Remote Sensing - 26th Asian Conference on Remote Sensing and 2nd Asian Space Conference, ACRS 2005 2005)
  • An estimation method of rice growth with a chromaticity diagram using by digital camera
    (Asian Association on Remote Sensing - 26th Asian Conference on Remote Sensing and 2nd Asian Space Conference, ACRS 2005 2005)
  • The software "kDM"used by webgis technology for educational parts and its possibility
    (Asian Association on Remote Sensing - 26th Asian Conference on Remote Sensing and 2nd Asian Space Conference, ACRS 2005 2005)
  • A removal method of path radiance using multivariate analysis
    (Asian Association on Remote Sensing - 26th Asian Conference on Remote Sensing and 2nd Asian Space Conference, ACRS 2005 2005)
  • WebGIS上に展開する教育ツール「携帯deマッピング」
    (日本科学教育学会研究会研究報告 2004)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1991 - 1994 長崎大学 海洋生産科学研究科 博士後期課程
  • 1988 - 1990 Kangwon National University Master Course (Surveying Engineering)
  • 1980 - 1987 Kangwon National University Faculty of Engineering (Civil Engineering)
学位 (1件):
  • 博士(工学) (長崎大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 長崎大学 教授
  • 2008/04 - 2020/03 長崎大学 教授
  • 2015/04 - 2019/03 長崎大学 センター長
  • 2017/09 - 2018/03 米国・シカゴ・デポール大学 客員研究員
  • 2015/04 - 2017/03 長崎大学 副センター長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/02 - Korean Society for Geospatial Information Science Excellent Paper Award Questionnaire Survey of ICT Teaching Materials et. al.
所属学会 (3件):
America Society of Photogrammetry and Remote Sensing ,  日本写真測量学会 ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る