研究者
J-GLOBAL ID:200901092469449807   更新日: 2020年09月01日

生城 真一

イクシロ シンイチ | Ikushiro Shin'ichi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.pu-toyama.ac.jp/BR/sakaki/
研究分野 (2件): 機能生物化学 ,  食品科学
研究キーワード (9件): ポリフェノール ,  機能性食品 ,  抱合化 ,  UDP-グルクロン酸転移酵素 ,  異物代謝 ,  functional food ,  glucuronidation ,  UDP-glucuronosyltransferase ,  Xnobiotics
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2019 - 2022 遺伝子改変ラットを用いたビタミンD作用の解明とビタミンD誘導体の医薬品応用
  • 2018 - 2021 食品中機能性成分における抱合・脱抱合過程を介した機能発現機構の解明
  • 2017 - 2020 多成分分析によるプレミアム蜂蜜の品質保証と偽装防止
  • 2017 - 2019 遺伝子改変ラットを用いたビタミンDの代謝および作用メカニズムの解明
  • 2016 - 2019 ゲノム編集法 により作製した遺伝子改変ラットを用いたビタミンD誘導体評価系の構築
全件表示
論文 (101件):
  • Hiroaki Edamatsu, Masataka Yagawa, Shinichi Ikushiro, Toshiyuki Sakaki, Yoshiaki Nakagawa, Hisashi Miyagawa, Miki Akamatsu. Identification and in silico prediction of metabolites of tebufenozide derivatives by major human cytochrome P450 isoforms. Bioorganic & medicinal chemistry. 2020. 28. 9. 115429-115429
  • Yuu Miyauchi, Ayumi Kurita, Ryohei Yamashita, Tomoyuki Takamatsu, Shin'ichi Ikushiro, Peter I Mackenzie, Yoshitaka Tanaka, Yuji Ishii. Hetero-oligomer formation of mouse UDP-glucuronosyltransferase (UGT) 2b1 and 1a1 results in the gain of glucuronidation activity towards morphine, an activity which is absent in homo-oligomers of either UGT. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 525. 2. 348-353
  • Miyu Nishikawa, Kaori Yasuda, Masashi Takamatsu, Keisuke Abe, Kairi Okamoto, Kyohei Horibe, Hiroki Mano, Kimie Nakagawa, Naoko Tsugawa, Yoshihisa Hirota, et al. Generation of novel genetically modified rats to reveal the molecular mechanisms of vitamin D actions. Scientific reports. 2020. 10. 1. 5677-5677
  • Yuuka Masuyama, Miyu Nishikawa, Kaori Yasuda, Toshiyuki Sakaki, Shinichi Ikushiro. Whole-cell dependent biosynthesis of N- and S-oxides using human flavin containing monooxygenases expressing budding yeast. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2020
  • Yasuhiro Uno, Shotaro Uehara, Takashi Inoue, Shu Kawamura, Norie Murayama, Miyu Nishikawa, Shinichi Ikushiro, Erika Sasaki, Hiroshi Yamazaki. Molecular characterization of functional UDP-glucuronosyltransferases 1A and 2B in common marmosets. Biochemical pharmacology. 2020. 172. 113748-113748
もっと見る
MISC (171件):
  • 安田佳織, 岡本海利, 西川美宇, 真野寛生, 川越文裕, 中川公恵, 津川尚子, 岡野登志夫, 橘高敦史, 生城真一, et al. 生体内におけるCYP24A1およびCYP3A依存性ビタミンD代謝解析. ビタミン. 2019. 93. 4. 184-184
  • 真野寛生, 生城真一, 高野真史, 橘高敦史, 榊利之. VDRリガンドに応答して発光量が劇的に上昇する分割型ルシフェラーゼバイオセンサーの開発. ビタミン. 2019. 93. 4. 225
  • 西川美宇, 安田佳織, 真野寛生, 高野真史, 橘高敦史, 生城真一, 榊利之. 変異型VDR導入ラットを用いた25(OH)ビタミンD3およびビタミンD誘導体の骨形成作用評価. ビタミン. 2019. 93. 4. 184
  • 西川美宇, 阿部圭祐, 安田佳織, 真野寛生, 生城真一, 高野真史, 橘高敦史, 榊利之. 変異型VDR導入ラットを用いた新規ビタミンD誘導体の評価. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2019. 139th. 3. ROMBUNNO.22PO-pm170-132
  • 阿部圭祐, 西川美宇, 安田佳織, 高松将士, 堀部恭平, 真野寛生, 中川公恵, 津川尚子, 岡野登志夫, 生城真一, et al. 変異型VDR導入くる病モデルラットにおける25-ヒドロキシビタミンD3の骨形成作用. 日本生化学会大会(Web). 2018. 91st. ROMBUNNO.2T12a-09(3P-139) (WEB ONLY)-09(3P
もっと見る
特許 (13件):
書籍 (1件):
  • Cytochrome P-450 : Cytochrome P-450-linked electron transport system in monooxygenase reaction
    Koudansha Scientific Press 1993
学歴 (4件):
  • - 1992 広島大学 生体機能科学
  • - 1992 広島大学
  • - 1987 広島大学 環境科学
  • - 1987 広島大学
学位 (1件):
  • 博士(学術) (広島大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 富山県立大学 教授
  • 2007/04 - 2017/03 富山県立大学 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 富山県立大学 助教授
  • 2004/04 - 2005/03 兵庫県立大学 助手
  • 1992/04 - 2004/03 姫路工業大学 助手
委員歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 日本フードファクター学会 理事
  • 2016/04 - 2018/03 日本農芸化学会 日本農芸化学会中部支部幹事
  • 2016/04 - 2018/03 日本薬物動態学会 日本薬物動態学会代議員
  • 2013/04 - 2018/03 日本ビタミン学会 日本ビタミン学会代議員
  • 2015/04 - 2017/03 日本生化学会 日本生化学会北陸支部幹事
全件表示
所属学会 (8件):
日本フードファクター学会 ,  日本毒性学会 ,  国際薬物動態学会 ,  日本農芸化学会 ,  ビタミン学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本生化学会 ,  International Society for the Study of Xenobiotics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る