研究者
J-GLOBAL ID:200901093349083147   更新日: 2021年03月30日

鈴木 博善

スズキ ヒロヨシ | Suzuki Hiroyoshi
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.naoe.eng.osaka-u.ac.jp/naoe/naoe3/naoe3.html
研究分野 (1件): 流体工学
研究キーワード (4件): 流体工学 ,  船舶工学 ,  Fluid Mechanics ,  Ship Engineering
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2023 計測融合解析によるドリルビット挙動把握と機械学習による掘削状態識別への展開
  • 2019 - 2022 沿岸災害に起因する堤外地の大規模産業災害リスク低減のための総合的アプローチ
  • 2019 - 2022 非定常マグナス効果によるドリルパイプのダイナミクスに関する研究
  • 2003 - 胸鰭運動装置を用いた生物模倣型水中ロボット周り流れの数値計算
  • 2003 - 低速運動性能に優れた水中移動体の性能推定法と試作模型による検証
全件表示
論文 (78件):
  • Numerical Modeling of Cable-Winch System for ROV Launching and Recovering Processes Based on the Finite Element Approach. 2020. 1287-1293
  • Thant Zin Htun, Hiroyoshi Suzuki, Daniel García-Vallejo. Dynamic modeling of a radially multilayered tether cable for a remotely-operated underwater vehicle (ROV) based on the absolute nodal coordinate formulation (ANCF). Mechanism and Machine Theory. 2020. 153
  • Tomoya Inoue, Hiroyoshi Suzuki, Tokihiro Katsui, Keita Tsuchiya, Yusuke Notani. EXPERIMENTAL AND NUMERICAL STUDY OF MOTION OF ROTATING DRILL PIPE OWING TO MAGNUS EFFECT. Proceedings of the ASME 2019 38th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering. 2019
  • Thant Zin Htun, Hiroyoshi Suzuki, Asako Kuwano, Hiroto Tomobe, Tomoya Inoue. Numerical Motion Analysis of ROV coupled with Tether Applying 24-DOFs Absolute Nodal Coordinate Formulation. Proceedings of the Twenty-ninth (2019) International Ocean and Polar Engineering Conference. 2019. 1553-1560
  • 鈴木博善, 高木洋平. 石油タンク等の構造物に及ぼす津波流体力の評価. 安全工学. 2019
もっと見る
MISC (64件):
  • 鈴木博善, 高田幸広, 奥田耀介, 渡邊佳孝, 大田 豊. オープンフレーム型水中探査機に働く流体力の 簡易推定法に関する研究. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2018. 432-438
  • 鈴木博善, 土屋慶太, 井上朝哉, 勝井辰博, 千賀英敬, 永石雄飛, 野谷勇介. ドリルパイプの水中挙動に関する実験的・数値的研究. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2018
  • 福田聡太, 永石雄飛, 勝井辰博, 井上朝哉, 鈴木博善. ドリルパイプ模型のStick-Slip 現象の 計測と数値解析. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2017
  • 鈴木博善, 桑野麻子, 友辺裕人, 井上朝哉. ANCFによるテザーケーブルの水中挙動解析とこれを用いたROVの運動解析. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2017. 25. 519-524
  • 鈴木博善, 井上朝哉, Thaw Tar, 千賀英敬. 潮流中に設置された回転状態にあるドリルパイプの 水中挙動の数値計算. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2016
もっと見る
特許 (5件):
  • 津波抑制方法および装置
  • 津波抑制方法および装置
  • フレキシブルパイプを用いた津波被害低減装置
  • Unmanned drifting substance monitoring buoy, drifting substance monitoring system, and drifting substance monitoring method
  • 無人浮流物質監視用ブイ、無人浮流物質監視システム及び無人浮流物質監視方法
書籍 (2件):
  • Applications to Marine Disaster Prevention -Spilled Oil and Gas Tracking Buoy System-
    Splinger 2017 ISBN:9784431559894
  • Bio-mechanisms of swimming and flying : fluid dynamics, biomimetic robots, and sports science
    2008 ISBN:9784431733799
学歴 (4件):
  • - 1993 大阪大学 造船学専攻
  • - 1992 大阪大学 造船学専攻
  • - 1991 大阪大学
  • - 1990 大阪大学 造船学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (大阪大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (10件):
  • 2007/04 - 現在 大阪大学准教授
  • 2007/04/01 - 現在 大阪大学 工学研究科 地球総合工学専攻 准教授
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 大阪大学 工学研究科 地球総合工学専攻 助教授
  • 2006/04 - 2007/03 大阪大学助教授
  • 1998/04/01 - 2006/03/31 大阪大学 工学研究科 地球総合工学専攻 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/06 - 現在 International Society of Society of Offshore and Polar Engineers Chair of Underwater comittee
  • 日本船舶海洋工学会関西支部 研究担当運営委員
  • 日本船舶海洋工学会 講演会企画委員会
  • 日本船舶海洋工学会 関西支部研究運営委員会幹事
受賞 (3件):
  • 2006/05 - International Society of Offshore and Polar Engineers ISOPE2006 Best Paper Award
  • 1997/01 - 関西造船協会 関西造船協会賞
  • 1990/03 - 日本造船学会 日本造船学会奨学褒賞
所属学会 (3件):
日本機械学会 ,  日本船舶海洋工学会 ,  The International Society of Offsore and Polar Engineers
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る