研究者
J-GLOBAL ID:200901094129247315   更新日: 2019年04月03日

竹下 伸一

タケシタ シンイチ | Takeshita Shinichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 日本水土総合研究所  客員研究員
ホームページURL (1件): http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/takeshita/
研究キーワード (2件): 農業気象学 ,  農業水文学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2017 - 現在 顕熱フラックスの乱れに影響する傾斜地水田群の風および日射特性に関する研究
  • 2016 - 現在 世界農業遺産地域の山腹用水路に関する研究
  • 2015 - 現在 傾斜地水田群の日射および熱収支特性に関する研究
  • 2013 - 2016 傾斜地水田ほ場の熱・水特性と水稲品質に関する研究
  • 2009 - 2016 掛流し灌漑による水稲の高温登熟障害軽減策の開発・検討
全件表示
論文 (35件):
  • 竹下 伸一, 大山 春香, 愛宕 夏帆. 外気との熱交換を考慮した水温測定型簡易日射計の測定精度. 農業農村工学会論文集. 2017. 85. 2. II_91-II_96
  • Shinichi Takeshita, Haruka Oyama, Natsuho Atago. Evaluation of solar radiation on terraced paddy fields surrounded by mountains. CIGR AgENG NJF 2016. 2016
  • 竹下伸一, 日吉健二, 稲垣仁根, 秋吉康弘. 畑地灌漑用施設を活用したマイクロ水力発電と小水力エネルギーを利用した灌漑装置についての研究. 畑地農業. 2014. 667. 17-24
  • 竹下伸一, 柳原志代, 稲垣仁根. 川南湿原の蒸発計蒸発量分布特性の解析. 農業農村工学会論文集. 2013. 81. 4. 87-93
  • 竹下伸一, 池上勝, 平川嘉一郎, 土田利一. 山田錦」における高温障害抑制のための掛流し灌漑試験. 農業農村工学会誌. 2013. 81. 4. 281-284
もっと見る
MISC (5件):
  • 竹下伸一. 夜間かけ流しによる酒米・山田錦の高温障害対策. 技術と普及. 2014. 51. 2. 64-66
  • 竹下伸一, 日吉健二, 稲垣仁根, 秋吉康弘. 畑地灌漑用施設を活用したマイクロ水力発電と小水力エネルギーを利用した灌漑装置についての研究. 畑地農業. 2013. 655. 19-24
  • 竹下伸一. 桜並木の下で. 農業土木学会誌. 2007. 75. 5. 424-426
  • 竹下伸一. 巡る水の中で思うこと. フォトメッセージマガジン 日向時間. 2006. 秋. 20-21
  • 竹下伸一. 農への回帰. 水文・水資源学会誌. 2004. 175. 5. 579-579
特許 (1件):
  • 画像処理による稜線・尾根線の判定方法とその装置
書籍 (10件):
  • 世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域に関する研究報告書
    宮崎大学GIAHS研究グループ 2018
  • 基礎から学ぶ水理学
    理工図書 2017 ISBN:9784844608615
  • 世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域に関する研究報告書
    宮崎大学GIAHS研究グループ 2017
  • わかりやすい水理学
    理工図書株式会社 2013 ISBN:9784844608097
  • 酒谷の坂元棚田及び農山村景観文化的景観保存計画
    日南市 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (86件):
  • 全天写真を用いた坂元棚田における天空率の分布特性について
    (日本農業気象学会2018年全国大会 2018)
  • Analysis of water resource changes in future climate on semi-mountainous catchment
    (第25回日本雨水資源化システム学会大会 2017)
  • 宮崎県世界農業遺産認定地域における山腹用水路の地形的特徴
    (平成29年度農業農村工学会大会講演会 2017)
  • Takachihogo-shiibayama Mountainous Agriculture and Forestry System- A Cradle of Japanese Mythology Nurturing Forests and Traditional Culture -
    (The 4th Conference of East Asia Research Association for Agricultural Heritage Systems 2017)
  • Groundwater study using conceptual model and geographic information systems(GIS) in Kabul Basin, Afghanistan
    (平成28年度九州沖縄支部大会 2016)
もっと見る
Works (1件):
  • 生物環境物理学ことはじめ 書評
    2017 -
学歴 (2件):
  • - 2004 京都大学 農学研究科 地域環境科学専攻
  • - 1998 愛媛大学 農学部 生物資源学科
学位 (3件):
  • 博士(農学) (京都大学)
  • 修士(農学) (愛媛大学)
  • 学士(農学) (愛媛大学)
経歴 (4件):
  • 2010/01/01 - 現在 宮崎大学 准教授
  • 2006/11/27 - 現在 日本水土総合研究所 客員研究員
  • 2007/04/01 - 2009/12/31 宮崎大学 助教
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 宮崎大学 助手
委員歴 (59件):
  • 2016/10 - 現在 農業農村工学会 論文集企画・編集委員会
  • 2016/10 - 現在 農業農村工学会 研究委員会
  • 2016/10 - 現在 農業農村工学会 プログラム編成小委員会
  • 2009/11/23 - 現在 水文・水資源学会 レフリー
  • 2009/07/01 - 現在 農業農村工学会 農村計画研究部会幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2013/11/06 - 農業農村工学会九州沖縄支部 第94回農業農村工学会九州沖縄支部講演会ポスター賞
  • 2013/09/04 - 農業農村工学会 平成25年度農業農村工学会優秀ポスター賞
  • 2012/07/11 - Japan National Member Organization of CIGR Japan National Member Organization Outstanding Contribution Award
  • 2009/10/31 - 農業農村工学会九州支部 平成21年度農業農村工学会九州支部講演会ポスター賞
  • 2008/10/31 - 農業農村工学会九州支部 平成20年度農業農村工学会九州支部講演会ポスター賞
全件表示
所属学会 (6件):
農業農村工学会 ,  水文・水資源学会 ,  日本気象学会 ,  日本農業気象学会 ,  日本雨水資源化システム学会 ,  棚田学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る