研究者
J-GLOBAL ID:200901094635379874   更新日: 2020年10月02日

中村 雅史

ナカムラ マサシ | Nakamura Masashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (2件): ダイヤモンドライクカーボン ,  表面改質
論文 (32件):
  • 中村雅史, 石井努. DLC/AlCrN/AlN複合皮膜によるアルミニウム合金の摩擦摩耗特性の改善. 日本機械学会論文集. 2019. 85. 871
  • 中村雅史, 原口忠男, 内山賢. 窒素含有ダイヤモンドライクカーボン被膜の熱電変換特性の評価. 日本機械学会論文集(B編). 2011. 77. 782. 2028-2036
  • 中村雅史, 原口忠男, 内山賢. DLC皮膜の熱電性能に及ぼす窒素含有の影響. 表面技術. 2010. 61. 12. 823-828
  • 中村雅史, 原口忠男, 内山賢. RFプラズマCVD法により作製したDLC薄膜の熱電性能評価. 表面技術. 2010. 61. 4. 325-329
  • 鈴木秀人, 中村雅史, 曙紘之, 金鷹, 石田誠. テイラーメイド表面改質による危機回避機能の発現(乗り上がり脱線回避車輪の創製). 日本機械学会論文集(A編). 2007. 73. 727. 419-425
もっと見る
講演・口頭発表等 (62件):
  • 硬軟積層構造による DLC 膜の厚膜化に関する研究
    (第28回茨城講演会 2020)
  • TiC/TiO2 混合膜によるチタンの高機能化に関する研究
    (第28回茨城講演会 2020)
  • 高機能TiC/TIO2混合膜の創製
    (表面技術協会 第140回講演大会 2019)
  • DLC/硬度傾斜複合被膜によるA7075アルミニウム合金の耐摩耗性の改善
    (一般社団法人 軽金属学会 第135回秋期大会 2018)
  • Improvement of wear resistance of aluminum alloy by hardness gradient hard coating
    (The 3rd International Conference on Materials Technology and Applications (ICMTA2018) 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1998 茨城大学 生産科学専攻
学位 (2件):
  • Dr.Engineering (Ibaraki University)
  • 博士(工学) (茨城大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04/01 - 茨城大学工学部 機械システム工学科 教授
  • 2011/04/01 - 2020/03/31 茨城大学工学部知能システム工学科 准教授
  • 2006/07/01 - 2011/03/31 茨城大学工学部知能システム工学科 講師
  • 1998/04 - 茨城大学工学部システム工学科 助手
所属学会 (4件):
(社)日本トライボロジー学会 ,  (社)表面技術協会 ,  (社)軽金属学会 ,  (社)日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る