研究者
J-GLOBAL ID:200901097654893855   更新日: 2022年06月30日

河野 日出夫

コウノ ヒデオ | Kohno Hideo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ナノ材料科学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2017 - 2020 機能性の発現を目指したカーボンナノチューブ形状制御技術の開発および機能性の実証
  • 2013 - 2016 気体分子と相互作用するナノギャップ電極の原子スケール動的解析
  • 2007 - 2012 金属ナノ触媒粒子による気体反応メカニズムの原子・電子構造的解析
  • 2007 - 2009 透過電子顕微鏡内近接場分光法による半導体ナノ構造体の光学特性の評価
  • 2006 - 2009 自己整合3次元構造化とマルチフェロイックデバイス
全件表示
論文 (93件):
  • Nao Yamamoto, Hideo Kohno. Morphological Stability of Carbon Nanotetrahedra Isolated from Carbon Nanotetrahedron/Ribbon Structures. Journal of the Physical Society of Japan. 2021. 90. 11. 115001-115001
  • Masahiro Ishida, Takumi Tsuno, Hideo Kohno. Periodically structured stretchable bundles of carbon nanofibers. Japanese Journal of Applied Physics. 2021. 60. 7. 075002-075002
  • Masaki Okada, Daiya Sasaki, Hideo Kohno. In situ scanning electron microscopy observations of filler material transport in branched carbon microtubes by Joule heating. Microscopy. 2020. 69. 5. 291-297
  • Kosuke Ichigi, Hideo Kohno. Filler material transport in and through a carbon nanotetrahedron/ribbon structure. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. 10. 108001-108001
  • Takayuki Kataoka, Takumi Noguchi, Hideo Kohno. Similarity analysis of stacking sequences in a SiC nanowire pair grown from the same catalyst nanoparticle using Levenshtein distance. Microscopy. 2020. 69. 4. 234-239
もっと見る
MISC (10件):
  • 吉田 秀人, 桑内 康文, 表 宏樹, 河野 日出夫, 春田 正毅, 竹田 精治. 24aCC-6 反応ガス中における白金ナノ粒子触媒の表面構造(24aCC 表面界面構造,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2012. 67. 1. 932-932
  • 内山 徹也, 吉田 秀人, 河野 日出夫, 竹田 精治. 21aTG-7 カーボンナノチューブ生成における合金触媒の電子顕微鏡観察(ナノチューブ・ナノワイヤー,表面界面構造,領域9,表面・界面,結晶成長). 日本物理学会講演概要集. 2007. 62. 1. 920-920
  • 吉田 秀人, 内山 徹也, 河野 日出夫, 松本 良平, 竹田 精治. 24aYK-3 有機ガスの電子エネルギー損失分光(24aYK X線・粒子線(電子線),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)). 日本物理学会講演概要集. 2006. 61. 2. 787-787
  • 河野 日出夫, 竹田 精治. 26pYH-7 シリコンナノチェインの高電圧印加電気伝導(26pYH ナノチューブ・ナノワイヤ,領域9(表面・界面,結晶成長)). 日本物理学会講演概要集. 2006. 61. 2. 775-775
  • 河野 日出夫, 吉田 秀人. 29pPSB-59 自己アフィンSiCナノワイヤの自己形成(29pPSB 領域11ポスターセッション,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)). 日本物理学会講演概要集. 2006. 61. 1. 321-321
もっと見る
特許 (2件):
学位 (2件):
  • 修士(理学) (大阪大学)
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2014 - 現在 高知工科大学 環境理工学群 教授
  • 2007 - 2014 大阪大学 大学院理学研究科 准教授
  • 2003 - 2007 大阪大学大学院理学研究科助教授
  • 1996 - 2003 大阪大学大学院理学研究科助手
  • 1995 - 1996 大阪大学理学部助手
所属学会 (3件):
日本顕微鏡学会 ,  応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る