研究者
J-GLOBAL ID:200901098437131617   更新日: 2021年10月22日

芦苅 基行

アシカリ モトユキ | Ashikari Motoyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://motoashikari-lab.com/
研究分野 (1件): その他
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2025 土相・水相・気相の三相をまたぐ不規則な環境変動に対するレジリエンス機構
  • 2020 - 2025 不均一環境変動に対する植物のレジリエンスを支える多層的情報統御の分子機構
  • 2018 - 2023 ミャンマーにおけるイネゲノム育種システム強化
  • 2020 - 2022 野生遺伝資源を活用したイネ科新奇食糧資源の開拓
  • 2017 - 2022 幹細胞増殖を制御する植物ホルモンの機能解
全件表示
論文 (126件):
もっと見る
書籍 (38件):
  • イネ収量関連遺伝子の同定と利用 -ケニアでの試み-
    アグリバイオ 2020年7月号 2020
  • 洪水に適応する浮イネの急速な節間伸長機構、植物の生長調節
    植物の生長調節 2020
  • Achieving sustainable cultivation of rice (Advances in molecular breeding techniques for rice.)
    Burleigh Dodds Science Publishing 2017
  • Community recommendations on terminology and procedures used in flooding and low oxygen stress research.
    New Phytologist 214(4) 2017
  • ホルモンと作物-イネの芒はどうして喪失したか?~植物ホルモンの関係~
    生物の化学 遺伝 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (79件):
  • How do rice plants adapt to deepwater?
    (Phd Symposium 2010)
  • How do rice plants adapt to deepwater?
    (The 10th International Conference on Plant Anaerobiosis)
  • Rice adapted to deepwater using plant hormones
    (20th International Conference on Plant Growth Substances 2010)
  • 浮イネ遺伝子Snorkel以外の新規の浮イネ性制御遺伝子の遺伝学的解析
    (第51回日本植物生理学会年会)
  • 浮イネ関連遺伝子SNORKELと下流因子に関する解析
    (第51回日本植物生理学会年会)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1993 - 1999 九州大学 遺伝子資源工学専攻
学位 (1件):
  • 農学博士 (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2007/08 - 現在 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 教授
  • 2007/04 - 2007/07 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 准教授
  • 2003/04 - 2007/03 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 助教授
  • 2000/06 - 2003/03 名古屋大学 生物分子応答研究センター 助手
  • 1999/04 - 2000/05 農業生物資源研究所 博士研究員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2019/04 - 文部科学省 平成31年度 文部科学大臣表彰・科学技術賞
  • 2015/05 - 木原記念横浜生命科学振興財団 木原記念財団学術賞
  • 2012/02 - American Association for the Advancement of Science American Association for the Advancement of Science Fellow
  • 2007/03 - 日本学術振興会 日本学術振興会賞
  • 2006/11 - 財団法人農学会 日本農学進歩賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本植物学会 ,  植物生理学会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る