{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902235769253172   整理番号:08A1222485

超電導バルク磁石を用いたエマルションの磁気分離のための基礎的研究

Fundamental Study of Magnetic Separation of Emulsion using a Superconducting Bulk Magnet
著者 (6件):
資料名:
巻: 43  号: 11  ページ: 476-481  発行年: 2008年11月25日
JST資料番号: S0846A  ISSN: 0389-2441  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
磁気分離法を利用した乳化油の分離について検討した。磁気分離法による水処理は,磁石の磁気力を利用して流体中に存在する強磁性物質を分離・除去する方法である。磁気シーディング,即ち分離対象となる物質に強磁性を付与し,超電導磁石を用いた連続的な処理システムが構築できれば,従来手法に比べて種々の利点がある。排水中における乳化油の磁気分離システム構築用の基礎的評価を行うことを目的に,乳化油のモデル系としてシクロヘキサンの乳化液を調整し,磁気分離による処理可能性について検討した。高分子添加型磁気シーディング法によってエマルジョン模擬排水中の有機物の良好な除去率が得られた。有限要素法による理論的なモデル解析とモデル実験を通じて,磁性ブロックを形成した処理水を超電導バルク磁石使用の磁気分離膜を装置に流すことによって,磁性ブロックが磁石に高効率に補足されることが示された。この結果から,超電導バルク磁石を用いた磁気分離による乳化油の処理が可能であることが示された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
各種物理的手法 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
引用文献 (12件):
もっと見る

前のページに戻る