{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902254426798089   整理番号:09A0344679

ニガウリ(Momordica charantia L.)‘あばし’の花芽の性表現に及ぼす硝酸銀とエスレル処理の影響

The Effects of Silver Nitrate and Ethrel on the Flower Sex Expression in Balsam Pear (Momordica charantia L.) ‘Abashi’
著者 (3件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 269-277  発行年: 2009年03月25日
JST資料番号: L0964A  ISSN: 0388-8517  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ニガウリ(Momordica charantia L.)の花芽の性分化をエチレンの観点から検証するため,雌性花の発現特性の異なる‘あばし’および‘長福’(秋作のみ)の2品種を供試し,硝酸銀およびエスレル処理を行った。‘長福’は硝酸銀処理により,20節前後までの親蔓に両性花が誘起された。また高濃度,反復処理ほど両性花の分化率は向上し,硝酸銀による植物体内のエチレンの作用阻害が認められた。‘あばし’は,処理による雌性花の分化への影響は春作では認められなかったが,秋作では高濃度処理により雌花が増加し,反復処理によりその効果は顕著となった。エスレル処理により‘あばし’の雌花の分化節位は,低濃度処理で低下する傾向にあった。雌花の分化率は,親蔓では低濃度反復処理で,子蔓では低濃度1回処理で若干増加したが,15節付近以上は低かった。以上より,硝酸銀に対する感受性は供試した品種や季節により異なること,また花芽の性分化へのエスレル処理の影響は他のウリ科果菜に比べて小さく,ニガウリのエチレン感受性は低いことが示唆された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生殖  ,  野菜  ,  植物成長調整剤 
引用文献 (23件):
もっと見る

前のページに戻る