特許
J-GLOBAL ID:200903002250715348

加熱調理器

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (5件): 小栗 昌平 ,  本多 弘徳 ,  市川 利光 ,  高松 猛 ,  濱田 百合子
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2003-393971
公開番号(公開出願番号):特開2005-155998
出願日: 2003年11月25日
公開日(公表日): 2005年06月16日
要約:
【課題】 高温状態となる加熱調理器本体の前面に触れることを意識して注意する必要なく、給水タンクの着脱等の操作が行い得る安全性の高い加熱調理器を提供する。【解決手段】 被加熱物を収容する加熱室23を有した加熱調理器本体と、加熱室23の被加熱物取り出し口を開閉する開閉扉25を備えた加熱調理器100であって、加熱調理器本体に対して着脱自在に装着される給水タンク57と、給水タンク57から供給される水を加熱して被加熱物が載置される加熱室23内に蒸気を供給する蒸気発生手段51と、加熱室23内を加熱して高温雰囲気とするための加熱手段37,41と、加熱調理器本体の前面の少なくとも給水タンク57が挿入される差し込み口69の周囲に配設され、加熱料理器本体からの伝熱を抑制する断熱性パネル73とを具備した【選択図】 図1
請求項1:
被加熱物を収容する加熱室を有した加熱調理器本体と、前記加熱室の被加熱物取り出し口を開閉する開閉扉を備えた加熱調理器であって、 前記加熱調理器本体に対して着脱自在に装着される給水タンクと、 該給水タンクから供給される水を加熱して被加熱物が載置される加熱室内に蒸気を供給する蒸気発生手段と、 前記加熱室内を加熱して高温雰囲気とするための加熱手段と、 前記加熱調理器本体の前面の少なくとも前記給水タンクが挿入される差し込み口の周囲に配設され、加熱料理器本体からの伝熱を抑制する断熱性パネルとを具備したことを特徴とする加熱調理器。
IPC (2件):
F24C7/02 ,  F24C1/00
FI (4件):
F24C7/02 H ,  F24C7/02 501Z ,  F24C7/02 541B ,  F24C1/00 330Z
Fターム (6件):
3L086AA02 ,  3L086AA07 ,  3L086BA10 ,  3L086BE01 ,  3L086BE20 ,  3L086DA04
引用特許:
出願人引用 (4件)
  • ビルトイン電子レンジ
    公報種別:公表公報   出願番号:特願2001-546216   出願人:エルジーエレクトロニクスインコーポレイテッド
  • マイクロ波加熱装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平8-232655   出願人:松下電器産業株式会社
  • 加熱調理器
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平5-170189   出願人:三菱電機ホーム機器株式会社, 三菱電機株式会社
全件表示
審査官引用 (3件)
  • マイクロ波加熱装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平8-232655   出願人:松下電器産業株式会社
  • 加熱調理器
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平5-170189   出願人:三菱電機ホーム機器株式会社, 三菱電機株式会社
  • 電子レンジ
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平9-139582   出願人:シャープ株式会社

前のページに戻る