研究者
J-GLOBAL ID:201001043747826994   更新日: 2021年10月28日

山田 吉英

ヤマダ ヨシヒデ | YAMADA Yoshihide
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 科学教育
研究キーワード (2件): 理科教育 ,  science education
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2018 Tutorialsの日本の大学カリキュラムへの適用と修正
  • 2016 - Tutorialsの日本の大学カリキュラムへの適用と修正
  • 2011 - 2012 誤概念の観点による教科書分析と教材開発
  • 2011 - 誤概念の観点による教科書分析と教材開発
論文 (6件):
  • 石井 恭子;山田 吉英. Physics by Inquiryの理念と日本の物理教育への示唆. 物理教育. 2015. 63. 4. 263-268
  • Yoshihide Yamada. Developing Physics Education Research-Based Curriculum for Japanese University Students. Proceedings of the 12th Asia Pacific Physics Conference (APPC12). 2014. 017025-1-017025-4
  • Kyoko Ishii, Yoshihide Yamada. Teacher Training Program with Active Learning Based on Physics by Inquiry. Proceedings of The World Conference on Physics Education 2012. 2014. 1075-1084
  • 石井 恭子, 山田 吉英, 淺原 雅浩, 大山 利夫, 栗原 一嘉, 中田 隆二, 前田 桝夫, 山本 博文. 教科教育と教科専門の協働による授業『理科実験観察法』の実践と評価. 福井大学教育実践研究. 2012. 2011. 36. 67-76
  • 石井 恭子, 山田 吉英. 小学校教員養成課程における「理科実験観察法(物理)」授業づくりの試み. 福井大学教育実践研究. 2011. 35. 31-42
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (2件):
  • 教科力シリーズ 小学校理科
    玉川大学出版部 2016 ISBN:4472405032
  • 物理基礎実験(2011年改訂増補版)
    福井大学工学部物理工学科 2011
講演・口頭発表等 (37件):
  • 浮力の関与するつり合い現象に関する学習者の推論傾向-教員養成大学生の力学問題調査から見えてきたもの-
    (日本理科教育学会北陸支部大会 2020)
  • 断片知識論(p-prims論)の活用に関する研究 (3)
    (日本物理学会 2020年秋季大会 2020)
  • 断片知識論(p-prims 論)の活用に関する研究(2)
    (日本物理学会 第75回年次大会(2020年) 2020)
  • 断片知識論(p-prims 論)の活用に関する研究
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
  • p-prims を用いた仮説実験授業記録の分析
    (日本物理学会 第74 回年次大会 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • 地域・学校拠点を活用する自己啓発型CST養成・支援システムの構築
    2012 - 2013
  • 誤概念の観点による教科書分析と教材開発, 若手研究(B)
    2012 -
委員歴 (1件):
  • 2005 - 日本物理学会 一般会員
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る