研究者
J-GLOBAL ID:201001061467338631   更新日: 2020年03月28日

今井 正司

イマイ ショウジ | Imai Shoji
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.shojiimai.com
研究キーワード (5件): 注意訓練 ,  マインドフルネス ,  メタ認知療法 ,  注意 ,  神経教育学
論文 (6件):
  • Relationships between cortically mediated attentional dysfunction and social anxiety, self-focused attention, and external attention bias. Perceptual and Motor Skills. 2019. 126. 6. 1101-1116
  • 富田望, 今井正司, 熊野宏昭. 臨床応用を学ぶ:メタ認知療法. 臨床心理学. 2018. 18. 1. 36-39
  • 今井正司. 第3世代認知行動療法を再考する:適用の実際と可能性およびその限界|メタ認知療法の立場から. 認知療法研究. 2018. 11. 2
  • 今井正司. 注意制御とメタ認知. 精神科. 2018. 34. 2. 127-131
  • 今井正司, 富田望, 熊野宏昭. 注意の心理学:マインドフルネスと注意の制御. Clinical Neuroscience. 2017. 35. 8. 934-937
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 言語聴覚士国家試験作成委員会 試験問題作成委員(臨床心理学)
  • 2016/04 - 現在 日本認知・行動療法学会 編集委員
  • 2015/04 - 現在 日本認知療法・認知行動療法学会 常任編集委員
  • 2008/04 - 現在 埼玉県所沢市特別支援教育専門家チーム委員会 学識専門委員
受賞 (5件):
  • 2017 - 日本不安症学会 日本不安症学会優秀演題賞 抜毛行動に対する注意訓練法の有効性に関する予備的検討
  • 2015 - 日本健康心理学会 日本健康心理学会優秀ポスター賞 達成動機と否定的感情およびマインドフルネス機能との関連
  • 2015 - 日本認知療法学会 日本認知療法学会最優秀論文賞 中学生における注意制御機能、ディタッチト・マインドフルネス、反芻、メタ認知的信念が抑うつに及ぼす影響
  • 2012 - 公益財団法人発達科学研究教育センター 発達科学研究教育奨励賞【学術研究の部】 神経心理学的機能の向上が発達障害に特有な認知行動的課題の改善に及ぼす影響
  • 2012 - 日本不安症学会 不安障害学会若手優秀演題賞 注意制御の向上が強迫観念に対する認知行動療法の増強効果に及ぼす影響
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る