研究者
J-GLOBAL ID:201101006354794513   更新日: 2020年09月11日

加藤 正晴

Kato Masaharu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://akachan.doshisha.ac.jp/staff/kato
研究分野 (3件): 子ども学、保育学 ,  実験心理学 ,  認知科学
研究キーワード (11件): 自閉症スペクトラム ,  発達障害 ,  Auditory and Visual Perception ,  Development ,  空間知覚 ,  時間知覚 ,  速読 ,  熟達化 ,  顔認知 ,  発達 ,  視線計測
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2020 リズム障害としての自閉症スペクトラム仮説
  • 2012 - 2017 当事者研究による発達障害原理の内部観測理論構築とその治療的意義
  • 2012 - 2014 顔認知における視線パタンの役割とその発達
  • 2010 - 2012 乳幼児期における認知・感情・行動発達の機能的解明
  • 2008 - 2009 視線計測を用いた乳児の顔認知とその時間構造の解明
全件表示
論文 (26件):
MISC (9件):
  • Hiroshi Fukuyama, Shin-ichiro Kumagaya, Kosuke Asada, Satsuki Ayaya, Masaharu Kato. Autonomic versus perceptual accounts for tactile hypersensitivity in autism spectrum disorder (vol 7, 8259, 2017). SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
  • 加藤正晴, 浅田晃佑, 綾屋紗月, 熊谷晋一郎. 自閉症スペクトラム者の顔認知-視線パタンの非典型性-. 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集. 2016. 16th. 67
  • 加藤正晴, 加藤正晴, 廣瀬治人, 北川智利, 高野裕治, 高野裕治, 高野裕治, 木村聡貴, 木村聡貴, 柏野牧夫, et al. ペア歩行時の歩調同期は引き込み現象である. 電子情報通信学会技術研究報告. 2015. 115. 36(HIP2015 1-40). 177-180
  • 北川智利, 加藤正晴, 柏野牧夫. 自己運動によって向上する聴覚と体性感覚間の時間順序判断(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨). 基礎心理学研究. 2009. 27. 2
  • 加藤正晴, 植松尚, 柏野牧夫, 平原達也. 頭部回転運動の種類が音像定位の精度に及ぼす影響. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 2001. 2001. 505-506
もっと見る
特許 (7件):
書籍 (5件):
  • 今なぜ発達行動学なのか
    診断と治療社 2013
  • 赤ちゃん学を学ぶ人のために
    2012
  • 発達科学入門2
    東京大学出版会 2012
  • 図で理解する発達-新しい発達心理学への招待
    福村出版 2010
  • 感覚間相互作用の発達的側面(項目執筆)新編感覚知覚心理学ハンドブックPart2
    誠信書房 2007
講演・口頭発表等 (93件):
  • 顔じゃないのに顔と思ってしまう~パレイドリアからさぐる顔認知の発達~
    (文科省共同利用・共同研究機関・拠点連携シンポジウム「異分野融合によるヒトの社会性の理解を目指して」 2020)
  • 集団優位性認知の初期発達
    (日本発達心理学会 2020)
  • The development of scan pattern using eyeーtracking technology
    (BPS-JSDP Joint Workshop at Japan Society of Developmental Psychology 2020)
  • 幼児における姿勢制御と空間認知の関連
    (日本心理学会 2019)
  • 子どもの睡眠と視聴覚情報の同期性の知覚と視聴覚統合の関係
    (日本心理学会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術)
経歴 (7件):
  • 2015 - 現在 同志社大学 赤ちゃん学研究センター 准教授
  • 2012 - 2015 日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所 リサーチスペシャリスト
  • 2009 - 2012 同志社大学 心理学部 准教授
  • 2008 - 2009 同志社大学 文学部心理学科 准教授
  • 2008 - 東京女子医科大学 助教・医学部
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020 - 現在 日本赤ちゃん学会 理事
  • 2019 - 現在 日本発達神経科学会 評議員
  • 2018 - 現在 木津川市子ども・子育て会議 委員
  • 2017 - 現在 日本赤ちゃん学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2007/05 - Neural Correlate Society a Finalists of Best Illusion of the Year Contest Drifting Background Illusion
所属学会 (5件):
日本音響学会 ,  日本発達神経科科学会 ,  日本認知科学会 ,  日本赤ちゃん学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る