研究者
J-GLOBAL ID:201101009746254427   更新日: 2019年06月20日

杉山清佳

Sayaka Sugiyama
所属機関・部署:
職名: 准教授(PI)
ホームページURL (2件): https://www.med.niigata-u.ac.jp/contents/activity/research/shinryou/shinkei.htmlhttp://www.niigata-u.ac.jp/tenure_track/researcher/sugiyama_sayaka.html
研究分野 (1件): 神経科学一般
研究キーワード (9件): 包括脳ネットワーク ,  視覚野 ,  homeoprotein ,  GABA ,  Otx2 ,  臨界期 ,  Parvalbumin ,  可塑性 ,  眼優位性
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2010 - 2011 臨界期を制御するホメオ蛋白質の新しい役割
  • 2011 - 2014 経験が脳の発達を促すメカニズム
  • 2014 - 2016 アクチン再構築による臨界期制御メカニズムの解析
  • 2014 - 2017 ホメオ蛋白質による臨界期の分子メカニズムの解析
  • 2017 - 2019 視覚経験による個性的回路の創出機構
全件表示
論文 (15件):
  • Igarashi M, Takeuchi K, Sugiyama S. Roles of CSGalNAcT1, a key enzyme in regulation of CS synthesis, in neuronal regeneration and plasticity. Neurochemistry international. 2018. 119. 77-83
  • Sakai A, Sugiyama S. Experience-dependent transcriptional regulation in juvenile brain development. Development, growth & differentiation. 2018. 60. 8. 473-482
  • Hou X, Yoshioka N, Tsukano H, Sakai A, Miyata S, Watanabe Y, Yanagawa Y, Sakimura K, Takeuchi K, Kitagawa H, Hensch TK, Shibuki K, Igarashi M, Sugiyama S. Chondroitin Sulfate Is Required for Onset and Offset of Critical Period Plasticity in Visual Cortex. Scientific reports. 2017. 7. 1. 12646
  • Sakai A, Nakato R, Ling Y, Hou X, Hara N, Iijima T, Yanagawa Y, Kuwano R, Okuda S, Shirahige K, Sugiyama S. Genome-Wide Target Analyses of Otx2 Homeoprotein in Postnatal Cortex. Frontiers in neuroscience. 2017. 11. 307
  • Nakahara K, Adachi K, Kawasaki K, Matsuo T, Sawahata H, Majima K, Takeda M, Sugiyama S, Nakata R, Iijima A, Tanigawa H, Suzuki T, Kamitani Y, Hasegawa I. Associative-memory representations emerge as shared spatial patterns of theta activity spanning the primate temporal cortex. Nature communications. 2016. 7. 11827
もっと見る
MISC (10件):
  • 杉山清佳、侯旭濱. 弱視の臨界期に関する最近の知見. 眼科. 2019. 61. 1
  • 飯島 友也, 杉山 清佳. ドーパミン作動性細胞に発現するOtx2の恐怖記憶における役割. 新潟医学会雑誌. 2018. 132. 2. 49-59
  • 酒井 晶子, 杉山 清佳. 臨界期の機構 : 子どもの脳の柔軟性を紐解く (特集 大脳皮質 : 成り立ちから機能へ). 生体の科学. 2017. 68. 1. 54-58
  • 杉山清佳. 臨界期. 脳科学辞典 DOI:10.14931/bsd.6426. 2015
  • 杉山 清佳. 【弱視研究の最先端】 弱視の臨界期メカニズム ホメオ蛋白質と糖鎖の新しい役割. 神経眼科. 2012. 29. 4. 396-403
もっと見る
書籍 (2件):
  • Electroporation and Sonoporation in Developmental Bilogy
    Springer 2009 ISBN:4431094261
  • 分子脳科学: 分子から脳機能と心に迫る (DOJIN BIOSCIENCE)
    化学同人 2015 ISBN:4759815198
講演・口頭発表等 (16件):
  • Interaction of Otx2 and glycosaminoglycan regulates cortical plasticity for binocular vision.
    (The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2012)
  • Otx2 binding to sugar chains regulates plasticity in mouse visual cortex.
    (NIG workshop: Circuit construction in the mammalian cerebral cortex 2012)
  • 臨界期におけるホメオ蛋白質の新しい役割
    (東北大学脳センターシンポジューム 2013)
  • 臨界期の分子メカニズム-モデル動物からの知見-
    (第69回日本弱視斜視学会総会 2013)
  • 臨界期の時期を制御する分子たち
    (第18回視覚科学フォーラム 特別企画シンポジウム 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 1999 - 2002 東北大学加齢研 分子神経研究分野 JSPS特別研究員
  • 2002 - 2005 独立行政法人理化学研究所 神経回路発達研究チーム 基礎科学特別研究員
  • 2006 - 2009 ハーバード大学小児病院 JSPS特別研究員・海外特別研究員
  • 2009/10 - 2014/03 新潟大学 医歯学系 神経発達研究室 テニュアトラック准教授(PI)
  • 2005 - 独立行政法人理化学研究所 神経回路発達研究チーム 研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2013/06 - 現在 日本神経科学学会 ダイバーシティ対応委員
  • 2015 - 2016 日本神経科学学会 電子ジャーナル検討委員
受賞 (2件):
  • 2018/07 - 資生堂 女性研究者サイエンスグラント賞
  • 2013/11 - ソロプチミスト日本財団 第一回女性研究者賞
所属学会 (2件):
Society for Neuroscience ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る