研究者
J-GLOBAL ID:201101023160638849   更新日: 2020年12月15日

兼村 厚範

Kanemura Atsunori
所属機関・部署:
職名: 招聘研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 知能情報学
論文 (48件):
MISC (10件):
  • Koyamada,S, Kikuchi,Y, Kanemura,A, Ishii,S. ICML Workshop on Learning to Generate Natural Language (LGNL 2017). Neural sequence model training via α-divergence minimization. 2017
  • 石堂 なつみ, 小川 剛史, 森本 智志, 兼村 厚範, 丸山 雅紀, 川鍋 一晃, 石井 信, 猿渡 洋, 中村 哲, 鹿野 清宏. 聴覚注意を用いたブレインマシンインタフェースに関する基礎検討 (応用音響). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2013. 113. 134. 51-56
  • Makoto Fukushima, Okito Yamashita, Atsunori Kanemura, Shin Ishii, Mitsuo Kawato, Masa-aki Sato. Localizing focal current sources from MEG data based on state-space approach. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E290-E290
  • 福田航, 前田新一, 兼村厚範, 石井信. 混合事前分布を用いたベイズX線CT. 電子情報通信学会技術研究報告. 2010. 109. 461(NC2009 87-175). 267-272
  • Atsunori Kanemura, Masa-aki Sato. Maximum a posteriori tomographic image reconstruction with a dense image patch prior. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2010. 68. E216-E216
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(情報学) (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る