研究者
J-GLOBAL ID:201101041794628232   更新日: 2020年08月29日

新谷 隆彦

シンタニ タカヒコ | SHINTANI Takahiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://home.hol.is.uec.ac.jp/shintani/http://home.hol.is.uec.ac.jp/shintani/
研究分野 (2件): 知能情報学 ,  データベース
研究キーワード (11件): ライフログマイニング ,  ライフログ ,  Data Analysis ,  Distributed Parallel Processing ,  Data Engineering ,  Data mining ,  データ分析 ,  データ活用 ,  並列分散処理 ,  データマイニング ,  データ工学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2018 大規模データからの多種の時間概念が混在するシーケンシャルパターン高速抽出技術
論文 (24件):
  • Takahiko Shintani, Tadashi Ohmori, Hideyuki Fujita. Comparison Method of Long-term Daily Life Considering the Manner of Spending a Day. Proceedings of the 11th International Joint Conference on Knowledge Discovery, Knowledge Engineering and Knowledge Management(IC3K 2019). 2019. Vol.1. KDIR. 347-354
  • Takahiko Shintani, Tadashi Ohmori, Hideyuki Fujita. Method for Comparing Long-term Daily Life using Long-duration Episodes. Proceedings of the Workshops of the EDBT/ICDT 2019 Joint Conference. 2019. 2322
  • 建島広翔, 新谷隆彦, 大森匡, 藤田秀之. スキップ探索を用いた不確実データからの頻出パターンの抽出. 日本データベース学会和文論文誌. 2016. 14. 6
  • Takahiko Shintani, Tadashi Ohmori, Hideyuki Fujita. Skip Search Approach for Mining Probabilistic Frequent Itemsets from Uncertain Data. KDIR: PROCEEDINGS OF THE 8TH INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON KNOWLEDGE DISCOVERY, KNOWLEDGE ENGINEERING AND KNOWLEDGE MANAGEMENT - VOL. 1. 2016. Vol.1. KDIR. 174-180
  • 廣瀬繁雄, 大森匡, 新谷隆彦. Map/Reduce におけるバケット再グループ化 を用いたハイブリッドハッシュ結合アルゴリズム. 日本データベース学会論文誌. 2013. 12. 1. 61-66
もっと見る
MISC (1件):
  • 新谷隆彦. ライフログ活用を支える技術. 日本知能情報ファジィ学会. 2014. 26. 2. 51-56
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Large-Scale Parallel Data Mining
    Springer 2000
講演・口頭発表等 (28件):
  • Method for Comparing Long-term Daily Life using Long-duration Episodes
    (3rd International Workshop on Data Analytics solutions for Real-LIfe APplications 2019)
  • 細分化エピソードを用いた生活比較手法に関する一考察
    (第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム 2019)
  • Experimental Demonstration by Life Log Analysis
    (2019 International Symposium on Secure Data Sharing and Distribution Platform for Integrated Big Data Utilization 2019)
  • 頻出長時間エピソードを用いた生活比較に関する一考察
    (第17回情報科学技術フォーラム 2018)
  • リストバンド型センサで取得した運動量のレベル化による異なる期間の生活比較手法の検討
    (第13回日本感性工学会春季大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 1999 東京大学 情報工学専攻
  • - 1989 東京都立三鷹高等学校
学位 (3件):
  • 工学士 (東京都立科学技術大学)
  • 修士(工学) (東京大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2000/04/03 - 2010/12/31 (株)日立製作所 研究員、主任研究員
  • 1999/04/01 - 2000/03/31 東京大学生産技術研究所 博士研究員
  • 1999/04/01 - 2000/03/31 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 1998/04/01 - 1999/03/31 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
委員歴 (6件):
  • 2015/04/01 - 2019/03/31 情報処理学会会誌編集委員会 SWG委員
  • 2019/03 - 電子情報通信学会和文論文誌D編集委員会 編集委員
  • 2017/04/01 - 情報処理学会データベースシステム研究運営委員会 幹事
  • 2016/06/01 - 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会 専門委員
  • 2014/06/01 - 2016/05/31 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会 幹事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2015/03/04 - 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015)優秀プレゼンテーション賞(指導学生) スキップ探索を用いた不確実データからの頻出パターンの抽出
  • 2014/03/04 - 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014)優秀プレゼンテーション賞(指導学生) マルチ最小サポートを用いて継続時間と時間間隔を考慮した時系列パターンマイニングアルゴリズム
  • 1997/03/13 - 情報処理学会 情報処理学会第53回全国大会大会奨励賞
所属学会 (3件):
(社)情報処理学会 ,  日本データベース学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る